『喜望峰の風に乗せて』レイチェル・ワイズが本作への想いを語る特別映像公開

『喜望峰の風に乗せて』レイチェル・ワイズが本作への想いを語る特別映像公開

オスカー女優、レイチェル・ワイズの真摯な愛
コリン・ファースと共演「夫婦の絆を描いた作品」
特別映像公開

海の上で奮闘する男と、彼を待つ家族。世界一周の夢に熱狂する人々を描く衝撃の実話。

1968 年、イギリス。たったひとりで海に出て一度も港に寄らず、世界一周を果たすという過酷なヨットレースが開催される。華々しい経歴のセーラーたちが参加する中、ビジネスマンのドナルド・クローハースト(コリン・ファース)が名乗りを上げる。アマチュアの果敢な挑戦にスポンサーも現れ、クローハーストは家族の愛を胸に出発する。だが、彼を待っていたのは厳しい自然と耐え難い孤独、そして予想もしなかった自身の行動だった──。

ヒーローを待望するメディアの狂騒、町の人々の期待、彼らに翻弄されながら夢にかける男の葛藤、夫を信じて待ち続ける妻──それぞれの真実に心を震わされる実話。

『喜望峰の風に乗せて』レイチェル・ワイズが本作への想いを語る特別映像公開

『ナイロビの蜂』(05)でアカデミー賞 とゴールデン・グローブ賞を受賞し、美貌と演技力を備えた女優として高く評価されたレイチェルは、パオロ・ソレンティーノ監督『グランドフィナーレ』(15)、ヨルゴス・ランティモス監督の『ロブスター』(15)、『女王陛下のお気に入り』(18)では先に発表となった第 76 回ゴールデン・グローブ賞<助演女優賞>にノミネートされるなど、世界中の鬼才と仕事をし、途切れることなくキャリアを重ね、益々輝きを増している女優のひとり。

ジェームズ・マーシュ監督のもと、今回参加したのは「夢は行動の種だ」と周りから無謀だと言われながらも自らの夢、名誉のため、家族のためにたったひとりで世界一周単独ヨットレースに参加したドナルド・クロ―ハースト(コリン・ファース)の人生を追ったヒューマンドラマ。不安を抱えながらも、最愛の夫の挑戦を受け入れ、子供たちを守る妻のクレア役を演じたレイチェルは「夫婦の絆を描いた作品」「愛する人の夢を止められるかどうかを問う作品よ。私の答えは〝できない“だったわ。」と振り返る。常軌を逸した夫の夢を包みこむように支えながらも、まだ幼い3人の子供たちを守り抜く愛に溢れた女性を凛とした佇まいで演じている。常軌を逸したともいえるクローハーストの航海と並行して、その夢を尊重し、待ち続けるクレアの存在に心を打たれる物語となっている。

『喜望峰の風に乗せて』レイチェル・ワイズが本作への想いを語る特別映像公開

<STORY>
1968 年、アメリカとロシアが宇宙を目指していた頃、イギリスは海洋冒険ブームに沸いていた。そんな中、ひとりぼっちでヨットに乗って一度も港に寄らず、世界一周を果たすという“ゴールデン・グローブ・レース”が開催され、ビジネスマンのドナルド・クローハーストが名乗りを上げる。アマチュアの果敢な挑戦にスポンサーも現れ、ドナルドは家族の愛を胸に出発する。だが、彼を待っていたのは、厳しい自然と耐え難い孤独だった。さらに、ヨットのあちこちが故障し、日に日に遅れをとる。追い詰められたクローハーストは、嘘の報告をしてしまい、新聞に「新記録だ」と書き立てられ、世界から注目される。クローハーストの真の旅は、そこからが始まりだった──。

■ 『喜望峰の風に乗せて』レイチェル・ワイズ特別映像公開

監督:ジェームズ・マーシュ(『博士と彼女のセオリー』)
脚本:スコット・Z・バーンズ(『ボーン・アルティメイタム』『不都合な真実』)
音楽:ヨハン・ヨハンソン(『メッセージ』『博士と彼女のセオリー』)
撮影:エリック・ゴーティエ(『モーターサイクル・ダイアリーズ』、『イントゥ・ザ・ワイルド』、『ヒッチコック/トリュフォー』)
出演:コリン・ファース、レイチェル・ワイズ、デヴィッド・シューリス、マーク・ゲイティス

2017 年/イギリス/英語・スペイン語/カラー/シネマスコープ/1 時間 41 分
日本語字幕:稲田嵯裕里
原題:The Mercy
配給:キノフィルムズ/木下グループ
© STUDIOCANAL S.A.S 2017

『喜望峰の風に乗せて』
1月 11 日(金)、TOHO シネマズ シャンテ他
全国ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 映画『チア男子!!』
    ■ 最新情報 ・横浜流星、中尾暢樹らブレイカーズメンバー全員が初日舞台に登場!映画『チア男子!!』…
  2. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  3. 6月7日公開 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』 ■作品紹介 インドの貧困…
  4. 6月7日公開 映画『海獣の子供』 ■イントロダクション あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりに…
  5. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  6. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る