『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生ふたりで喜びの受賞!第40回ヨコハマ映画祭表彰式

『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生ふたりで喜びの受賞!第40回ヨコハマ映画祭表彰式

第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門
作品賞東京ジェムストーン賞(木竜麻生)受賞!!
第23回新藤兼人賞金賞受賞!
野尻克己 初監督作品
『鈴木家の嘘』

映画プロデューサー・三沢和子も絶賛!!
「脚本が人間観察にとても優れている映画」!

【ニュース】
突然訪れた長男の死によって巻き起こる家族の混乱と再生を、ユーモアをまじえつつあたたかく描いた感動作『鈴木家の嘘』が全国大ヒット公開中!第32回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞をはじめ、昨年から数々の映画祭を賑わせている本作。本日、第40回ヨコハマ映画祭表彰式が行われ、『鈴木家の嘘』より野尻克己監督とヒロイン・木竜麻生さんが登壇しました。

2月3日(日)、第40回ヨコハマ映画祭表彰式が満員御礼の中行われた。現在、全国大ヒット上映中の『鈴木家の嘘』より、野尻克己監督へ森田芳光メモリアル新人監督賞、ヒロインの木竜麻生さんへ最優秀新人賞を受賞した。森田芳光メモリアル新人監督賞の授与の際、森田監督の写真が壇上へ運ばれた。プレゼンターには森田監督の妻であり、映画プロデューサーの三沢和子さんが登壇。野尻監督へトロフィーと花束が贈呈された。受賞について野尻監督は「僕 44 歳なんで、正直、新人監督賞はピンとこないんですけど(笑)。まずは、共に戦ったスタッフ キャストに感謝致します」と開口一番笑いを取りつつも感謝の意を表した。またヨコハマ映画祭でしか表彰されない同賞に対し「森田芳光監督は敬愛する映画監督の一人です。あまり日本映画は観なかったんですけど、テレビで『家族ゲーム』を観て、“日本映画って面白い!”と感動したのを覚えています。

『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生ふたりで喜びの受賞!第40回ヨコハマ映画祭表彰式

そう思わせてくれた大事な監督です。繰り返して観れば観るほど勉強になり、そういう意味でも森田芳光メモリアル新人賞はとても嬉しいです」と喜びを表した。また今後どのような監督を目指すかを聞かれると、「到達点ではなくこれからがスタートとして、あぐらをかくことなくしっかり映画を撮り続けていきたいと思います。そして、僕は喜劇が好きなので、僕の映画を観て楽しんでもらえる作品を作りたいと思います」と今後の目標を語った。最後には三沢さんより「映画を拝見し、脚本が人間観察に優れてると感じました。繊細で大胆な演出。今後も素晴らしい作品を作ってください」と絶賛と期待の言葉が贈られ、野尻監督も喜びの笑みをこぼした。

続けて最優秀新人賞の受賞に木竜麻生さんが登壇。「この度は素晴らしい賞をありがとうございます。『鈴木家の嘘』と『菊とギロチン』の二作品で受賞させて頂いたこと、キャストスタッフの皆さんと一緒に頂いた賞だと思っています!」と笑顔で喜びのスピーチを語った。また、『鈴木家の嘘』で約400名が募ったオーディションの中でヒロイン役に抜擢された木竜さん。そのワークショップで鈴木家の長女・富美として、亡き兄へ手紙を読むシーンをいきなり演じたことについて聞かれると、「最初は戸惑いましたが、“まず は自分がやりたいように”と監督が言って下さって、それを考えながら演じました。

『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生ふたりで喜びの受賞!第40回ヨコハマ映画祭表彰式

その後 ヒロイン役にも選んで頂き、富美を演じることについて監督と何度もお話をさせて頂いた」と当時の撮影を振り返った。また監督へ、MCより初めて木竜さんに会った際、誰に似てると思ったかと聞かれると、「『Wの悲劇』の薬師丸ひろ子さん似ていると思った。少女っぽさが残る、まだこれからの人生を決めてないようなところに、将来性があると感じたんです」と監督。その言葉に会場ではほとんどの人がうなずく様子が。木竜さんも「嬉しいです。ありがとうございます」と照れながら、「映画や映画に関わるみなさんが、すごいかっこいいと思っています。私もこれから探りながら、ワクワクしながら演じていきたいです!」と今後の目標を力強く語った。本映画祭の日本映画ベスト10にも選ばれた『鈴木家の嘘』は表彰式後に上映され、エンドロールが流れた際、大きな拍手が会場包んだ。

『鈴木家の嘘』野尻克己監督、木竜麻生ふたりで喜びの受賞!第40回ヨコハマ映画祭表彰式


■ 作品解説
ある日突然、この世を去った鈴木家の長男・浩一。ショックのあまり記憶を失った母のため、遺された父と長女は一世一代の嘘をつく。母への嘘がばれないよう奮闘する父と娘の姿をユーモアたっぷりに描きつつ、悲しみと悔しみを抱えながら再生しようともがく家族の姿を丁寧に優しく紡ぐ感動作。本作は数々の映画で助監督を務めてきた野尻克己の初監督作で、脚本も自ら手掛けたオリジナル。父役に岸部一徳、母役に原日出子、長男役に加瀬亮が扮し、いずれも見事な演技を披露するほか、瀬々敬久監督作『菊とギロチン』で注目の新星・木竜麻生が長女役を演じる。また岸本加世子や大森南朋ら日本を代表する演技派が脇を固め、気鋭の新人監督のデビューに華を添えている。

『鈴木家の嘘(Lying to Mom)』第31回東京国際映画祭

■ 監督
野尻克己

■ キャスト
岸部一徳 (『空飛ぶタイヤ』『北の桜守』『アウトレイジ 最終章』)
原日出子 (『生きる街』)
木竜麻生 (『菊とギロチン』)
加瀬亮 (『モリのいる場所』『3月のライオン 前編』『沈黙 サイレンス』)
吉本菜穂子 (『続・深夜食堂』『映画 深夜食堂』『私の男』)
宇野祥平
山岸門人
川面千晶
島田桃依
金子岳憲
レベッカ・ヤマダ
政岡泰志
岸本加世子 (『いつまた、君と 何日君再来(ホーリージュンザイライ)』『星守る犬』)
大森南朋 (『ビジランテ』『アウトレイジ 最終章』『ミュージアム』『秘密 THE TOP SECRET』)

■ 作品公式サイト
http://suzukikenouso.com/

■コピーライト
(C)松竹ブロードキャスティング

133分
カラー
日本語・英語字幕
2018年
日本
配給:ビターズ・エンド

『鈴木家の嘘(Lying to Mom)』第31回東京国際映画祭
※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  2. 6月15日公開 映画『さよなら、退屈なレオニー』 ■作品紹介 2018年カナダでスマッシュヒット…
  3. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  4. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  6. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  7. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る