映画『雪の華』公開3日間で興行収入2.8億円突破!感涙のコメント続出

映画『雪の華』公開3日間で興行収入2.8億円突破!感涙のコメント続出

「雪の華」アルバムランキングも1位発進!
「気づいたら涙が溢れていました」など
感涙のコメント続出
全国的に「雪の華」現象が巻き起こる!!

【ニュース】
奇跡の赤いオーロラを見たい一心でフィンランドを訪れる、余命一年の美雪と100万円で1カ月限定の恋人になった悠輔の旅を、多くのアーティストにカバーされた中島美嘉の名曲に乗せて描く大人のラブストーリー『雪の華』。本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる新鋭・橋本光二郎監督。脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、「ひよっこ」(17/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和(よしかず)。一流のキャスト・スタッフが勢揃いし、この冬、最高のラブストーリーが誕生しました。

2月1日(金)に公開された本作は、10代の女子高生から40代の恋愛映画ファンまで幅広い客層が訪れた。興行収入は、土日2日間で199,162,000円、動員150,927人、3日間で284,752,200円、動員230,012人を記録、全国的に「雪の華」現象が巻き起こり恋愛映画として久しぶりのヒットとなった!男女比は、女性が7割を占めているが男性は20代が多く鑑賞しておりデートムービーとして鑑賞している。

「雪の華」は企画発表以降、他の恋愛映画とは一線を画していた。発売以降15年に渡り国内外で愛されている「雪の華」の映画化、「8年越しの花嫁」を大ヒットに導いた立役者岡田恵和を脚本に迎え、音楽には世界的に活躍するヴァイオリニスト葉加瀬太郎が務めた。奇跡の赤いオーロラを見るためにフィンランドに行きたいと願う美雪の姿に感動し、若いキャストながらも30代、40代以上の心も動かした。さらには、冬と夏の2つの季節に渡り行われたフィンランドでの大型ロケ、グループではトップクラスの人気を誇る登坂広臣5年ぶりの恋愛映画、これまで制服姿の役が多かった中条あやみが初めて演じるはかなく可憐なヒロイン、と10代~40代の幅広い女性に訴求した結果が、長く暗かった恋愛映画の興行に終止符を打った。

長い冬が終わり、ようやく春が訪れた日本の映画業界。映画の鑑賞を終えた観客は、「始まった瞬間から涙出そうになって途中は笑いもあったけど号泣した」「家族ともう一度観たい」「登坂広臣にまた落ちた。雪の華の演技も最高だったっ!」「みちゃくちゃ良い映画だった。映画泣いたの久々。もう1回観たい」「こんなに純粋で綺麗で、儚くて切なくて、心が洗われる温かい作品を見たのは初めてです。気づいたら涙が溢れていました」と感涙コメントが溢れ、来週の3連休にも期待がかかる。

また、関連商品も軒並み好調だ。12月27日(木)に発売された「雪の華」ノベライズは5回も重版が決まり、合計6万部も売れている。通常映画のノベライズに比較すると異例の数字と言えるだろう。劇中で象徴的に使用される「ガラス玉」の置物を初めとした劇場グッズも売り切れが続出、東京のロケ地では早くも聖地巡礼が始まり、ガラス工房やカフェにファンが今殺到している。また、「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」の売り上げも好調。2/1付けのアルバムデイリーランキング1位、LINE MUSICサイングルリアルタイムランキング1位、レコチョクアルバムデイリーランキング2位と軒並みトップランキングを獲得し、発売から15年経った今も世代や性別を超えて愛されている楽曲ということが証明された。関連商品にも火がつき、日本全国で「雪の華」現象が巻き起こっている!

<『雪の華』3日間の数字>
【2/1(金)】興行収入:\ 85,590,200 (観客動員数:79,085人)
【2/2(土)】興行収入:\102,207,700(観客動員数:77,653人)
【2/3(日)】興行収入:\96,954,300(観客動員数:73,274人)

冬ラブソングの名曲<雪の華>を
大人のための最高のラブストーリーとして映画化!
東京―フィンランド。余命1年、最後の恋に涙する―。

■ 『雪の華』本編シーン

■ 作品紹介
登坂が演じるガラス工芸家を目指す綿引悠輔(わたびきゆうすけ)は、不器用だがまっすぐな青年。
中条が演じる平井美雪は、余命宣告を受けながらも憧れの地<フィンランド>に行くことを夢見ており、悠輔と出会って生まれて初めての恋をするという役どころ。
さらに本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』(15)や『羊と鋼の森』(18)で知られる新鋭・橋本光二郎監督。

脚本は『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、「ひよっこ」(17/NHK)など数々の名作映画・ドラマを生み出してきた岡田惠和(よしかず)。一流のキャスト・スタッフが勢揃いし、この冬、最高のラブストーリーが誕生します。この度、待望の『雪の華』の公開日が2019年2月1日(金)に決定。合わせて、第一弾ビジュアル、特報映像も一挙解禁!

第一弾ビジュアルには、本編の半分が撮影された<運命の地>フィンランドで、悠輔と美雪が様々な思いを胸に切ない表情を浮かべる姿が対になっており、美しい雪景色の中で、壮大なラブストーリーの幕開けを予感させる1枚となっています。さらに同時解禁された特報は、余命宣告をされた美雪が差し迫った声で「1か月…1か月でいいので、私の恋人になってください」と悠輔に切願する“2人のはじまり”、そして「余命1年、私の夢――恋がしたい。」という美雪の切ない思いから始まります。

東京―フィンランドで繰り広げられるデートシーンでは、ハンバーガーをたべる悠輔とそれを楽しそうに見守る美雪、デートの帰りに最後まで美雪を見送る悠輔、さらにはフィンランドで初めて手をつなぐ様子も・・・。一見そっけない態度とは裏腹の優しい悠輔に期間限定と知りつつ惹かれていく美雪と、美雪の明るさや純粋な想いにどんどん心が溶かされていく悠輔。美雪に残された時間の中で、ぎこちなくも、初々しい想いを互いに少しずつ募らせていく2人の姿に、中島美嘉の透き通った歌声と歌詞が重なることでよりいっそう2人の愛が儚くも永遠なものに感じられ、切なさが昂まります。

5年ぶりの恋愛映画出演となる登坂は、両親をなくして兄弟を一人で養う悠輔を好演。最初は美雪の突拍子もない提案に戸惑いつつも、次第に彼女に惹かれていく様子を繊細に・熱く演じています。一方で、無邪気な笑顔で悠輔の心を動かす美雪を演じた中条は、これまで演じることの多かった学生や元気キャラを封印。余命宣告されながらもまっすぐに生きる美雪を演じ、大人っぽく全く新しい顔をのぞかせています。

■ ストーリー
「余命1年、私の夢――恋がしたい。」東京-フィンランドを舞台に描かれる、“心を溶かす”運命のラブストーリー。余命を宣告された美雪の夢は2つ――1つは両親が出会った〈約束の地〉フィンランドでオーロラをみること。そしてもう1つは、人生で初めての恋をすること。

ある日、ひったくりにあった美雪はガラス工芸家をめざす青年・悠輔に助けられる。悠輔が男手ひとつで兄弟を育てていること、そして働く店が危機になっていると知った美雪は、「私が出します、100万円。その代わり1ヶ月、私の恋人になってください」と、期間限定の恋を持ちかけて――。

かけがえのない出会いが、美雪に一生分の勇気をあたえて、悠輔の人生を鮮やかに彩っていく。東京と<約束の地>フィンランドを舞台に描かれる、一生に一度、運命の恋。

■ 予告動画

■ キャスト
登坂広臣
中条あやみ
高岡早紀
浜野謙太
田辺誠一

■ スタッフ
主題歌:中島美嘉「雪の華」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
監督:橋本光二郎
脚本:岡田惠和
製作:映画「雪の華」製作委員会
企画・制作プロダクション:エー・フィルムズ
配給:ワーナー・ブラザース映画 

■ 公開情報
2019年2月1日(金)

■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/yukinohana-movie/

■ コピーライト
©2019映画「雪の華」製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


2.9公開『洗骨』

注目映画

  1. 2019年2月22日公開 映画『サムライマラソン』 ■イントロダクション 佐藤健、小松菜奈、森…
  2. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…
  3. 2月15日公開 第91回アカデミー賞9部門最多10ノミネート!! 映画『女王陛下のお気に入り』 …
  4. 2019年2月9日公開 映画『洗骨』 ■最新情報 【スペシャル】2/9公開『洗骨』照屋年之監督…
  5. 映画『ピンカートンに会いにいく』予告動画キャストとあらすじやストーリーネタバレ「評判・レビュー」
    “こじらせ系アラフォー女子たちが、20年の時を経てまさかのアイドル再結成!?” シニカル&オフ・ビ…
  6. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:映画『運び屋』日本オリジナル…
  7. 3月9日(土)公開 映画『家族のレシピ』 ■イントロダクション ●「美味しい」 その…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る