(2/8 金)映画『アクアマン』いよいよ4DX上映スタート!

(2/8 金)映画『アクアマン』いよいよ4DX上映スタート!

<4DX公開記念>
4DX<水>効果に囲まれた4DXシアターをイメージした
4DXオリジナル・ビジュアル
第2弾、公開!

4DX water Extreme!4DXシアターで楽しむ総合エンターテイメント!
19年度、4DX グローバル動員数 200万人突発となる最新作で、日本での大ヒットに全世界が注目!

【ニュース】
”『アクアマン』は、歴代最高の水中アドベンチャーになるでしょう!” ジェイソン・モモア、アンバー・ハードがオススメする『アクアマン』4DX 特別映像 が話題中!

全世界大ヒットを記録しているド派手な4DX体験が楽しめる最新作『アクアマン』が、いよいよ今週2月8日(金)より、全国4DXシアターで公開。公開に先駆けて、主人公の”アクアマン”アーサー・カリー役のジェイソン・モモア、最強の美女ヒロイン メラ役のアンバー・ハードが大迫力の『アクアマン』4DXの魅力を分かりやすく伝える特別映像が話題中!

4DX JAPAN Twitterでも公開された映像では、ジェイソン・モモアが”『アクアマン』は、歴代最高の水中アドベンチャーになるでしょう!” と、華麗なる海中ユニバースと歴代級のスケールで披露する水中戦闘シーンを4DXオススメポイントとしてあげている。アンバー・ハードも「もうすぐ公開の映画『アクアマン』に私達と共にだいぶしてみませんか?」とコメントし、期待感を与えた。

(2/8 金)映画『アクアマン』いよいよ4DX上映スタート!

『アクアマン』といえば、昨年12月21日に全米公開され、同週公開の他作品を大きく引き離し、全米初登場でぶっちぎりのNo,1を獲得。その後もホリデーシーズンの並み居る強豪をおしのけて3週連続NO.1を記録。その波は世界中に広がり、現在68か国で初登場NO.1を獲得し、興行収入もすでに1200億円突破するなどモンスター級の大ヒットとなっている。特に、19年度、4DXグローバル動員数 200万人突発になること間違いない最新作で、日本での大ヒットに全世界が注目を集めている。

そして、この度、4DX公開記念!4DX<水>効果に囲まれた4DXシアターをイメージした<4DXオリジナルビジュアル:第2弾!>が公開!4DXで体験できる<水>効果を網羅して体験できる期待作だけに、《海》のど真ん中にいるような新感覚体験を連想させるビジュアルとなっている。

この4DXシアターで楽しめる『アクアマン』4DXは、海中アクションと水中ユニバースをリアルに再現し、4DXシアターで楽しむ総合エンターテイメント。パワプルに<水>の演出を駆使し、<風>、<煙>、<光>といった4DXならではのオリジナル効果はもちろん、絶妙な角度によって繊細に動くモーションチェアなど、過去、『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』や『MEG ザ・モンスター』など、《海》を舞台にする作品で培ってきた4DX演出によって、4DX water Extreme!あなたの想像を超えるに間違いない!ド派手な4DXアクション体験が期待できる!

なお、4DXは、全世界1位、4D映画で2018年全世界年間動員2,400万人を突破し、爆発的に成⻑している体感型プレミアムシアター。特にヨーロッパや北米では、20〜30代の若い層を中心に【観る映画の代案:目で映画を観る体験を超えて体験する経験を与える】と、人気トレンドになっている。全世界62カ国、617スクリーンで運営中、日本国内では56劇場に導入中。(※2019年2月現在)


【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

『アクアマン』4DX上映劇場 
※上映劇場は変更となる場合があります。 
※劇場により、対応している効果が異なります。

【ユナイテッド・シネマ】http://www.unitedcinemas.jp/4dx/index.html
【シネマサンシャイン】http://www.cinemasunshine.co.jp/4dx/
【USシネマ】http://cinemax.co.jp/4dx/
【109シネマズ】http://109cinemas.net/4dx/
【コロナシネマワールド】http://www.4dx.korona.co.jp/4dxbu/index.html
【イオンシネマ】 http://www.aeoncinema.com/4dx/
【フォーラム那須塩原】https://www.forum-movie.net/nasushiobara/
【アースシネマズ姫路】http://earthcinemas.jp/theaters/4dx

映画『アクアマン』
2月8日公開
全国4DXシアターにてロードショー

■ 作品紹介
全米公開に先駆け先週より公開されたイギリス、ブラジルほか全42ヶ国で初登場1位を獲得し世界中で大ヒットスタートを切り、ひと足早く12月7日に公開した中国でも『ワンダーウーマン』の興収をわずか3日で塗り替えるモンスター級大ヒットをたたき出し、北米では前売りチケットの販売記録が次々と塗り替えられるなど、世界中で異例の盛り上がりを?せている映画『アクアマン』が、2019年2月8日(金)より全国のScreenXシアターにて上映決定!

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』やMEG ザ・モンスター』など、《海》を舞台にする作品を《ScreenX》 シアターで観る<お得感>は、すでにScreenXファンの中でも話題になっており、『アクアマン』のScreenX上映にも期待の声が集まっている。

視界の限界を越える270°の3面マルチスクリーンの演出は冒頭のタイトルシークエンスから仕掛けられており、映画が始まる瞬間から「本格的に《ScreenX》 で映画を観ている」という感覚と共に、映画の中に吸い込まれたような感覚を楽しめる。

特に、アクアマンがヒロインのメラとともにアトランティスを初めて訪れるシーンとハイライトの戦闘シーンでは、カラフルな海底宮殿の?景が3面スクリーンに広げられ美しくうっとりとした『アクアマン』の世界観を表現。

そして、正面スクリーンでは収めきれないほど多く深海クリーチャーが登場するシーンでは、左右のスクリーンからも現れるような演出も仕掛けられ、まるで、アトランティスの海底宮殿を訪問しているような体験も期待できるという。

なお、「ScreenX」は、2012年CJ CGVが世界初で開発した新次元の3面マルチ上映システムで、近年、ハリウッドの配給会社との協業を積極的に行いながら多数のブロックバスター映画を次から次へと公開中。
アメリカ、フランス、スイス、イギリス、中国、タイ、インドネシア、ベトナム、トルコ、アラブ首長国連邦など、全世界17ヶ国185スクリーンを運営中。

日本では、昨年夏、ユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にオープンし、11月9日(金)より、?川県「シネマサンシャインかほく」、山口県「シネマサンシャイン下関」、11?21?(?)より、福岡県「ユナイテッド・シネマ 福岡ももち」がオープンし、日本国内4劇場にて導入中(※2018年
12月現在)。

■ 予告動画

■ キャスト
ジェイソン・モモア
アンバー・ハード
パトリック・ウィルソン
ウィレム・デフォー
ニコール・キッドマン
ドルフ・ラングレン

■ スタッフ
監督:ジェームズ・ワン
脚本:ウィル・ビオール

■ 公開情報
2019年2月8日(金)

■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/aquaman/

■ コーイーライト
©2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM &c DC Comics”




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 8月16日公開 映画『命みじかし、恋せよ乙女』 ■イントロダクション ドイツ人監督ドーリス・デリ…
  2. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  3. 二ノ国
    8月23日公開 映画『二ノ国』 ■作品紹介 現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”…
  4. 8月24日公開 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』 ■作品情報 フランス生まれでブラジル音…
  5. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  6. 映画『暁闇(ぎょうあん)』
    失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。 映画『暁闇(ぎょうあん)』 7月20日(土)公開 …
  7. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る