映画『ちいさな独裁者』一兵卒が盗んだ軍服でナチス将校に早変わり!忠実に再現された軍服は、マニア必見!

映画『ちいさな独裁者』一兵卒が盗んだ軍服でナチス将校に早変わり!忠実に再現された軍服は、マニア必見!

忠実に再現された軍服は、マニア必見!
垂涎!!
一兵卒が盗んだ軍服でナチス将校に早変わり!
借り物の軍服で、いつしか本物と見紛う
空軍大尉に成り上がる!
次第にその軍服に自らも操られ・・・
果たして権力の魔力とは?

2017年サンセバスチャン国際映画祭撮影賞受賞 
ドイツ映画賞2018 音響賞受賞 作品賞ほか4部門ノミネート
1945年4月、大戦最末期の敗色濃厚なドイツ・・・・・・

偶然に軍服を拾った若き脱走兵は、同時にナチス将校の威光をも手に入れた!

【ニュース】
『RED/レッド』の監督が放つ最新作は、実在の人物に基づいた物語!
1945年4月、終戦まであと1カ月に迫った敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺害へと暴走し始めるが……。

映画『ちいさな独裁者』一兵卒が盗んだ軍服でナチス将校に早変わり!忠実に再現された軍服は、マニア必見!

軍服マニア必見の映画『ちいさな独裁者』がまもなく公開を迎える。本作は、脱走兵だった男が偶然拾った軍服で大尉に成りすまし、一時は80人前後の部下を従え、一晩で100人近くを虐殺するなどの大量殺害を若干二十歳で行った実在の人物ヴィリー・ヘロルトを描いた衝撃作。監督が「軍服については忠実に再現した。この映画は軍服に関する物語だからね」と語る通り、“軍服”が重要なキーワードとなっている。また、本作でのヘロルトと軍服の関係について「劇中、ある時点まで軍服の効果を利用していますが、それ以降は軍服に操られているのです。

その場面を観客に感じ取っていただければ嬉しい。」と監督。ヘロルトが偶然見つけた大尉の軍服だけみても、勲章からその持ち主の経歴は、空軍の中でもパイロットではなく猟兵(ドイツ軍のパラシュート部隊)と言われている。その他にも本物の大尉や警備隊長なども登場するのでぜひそれぞれの軍服に注目してほしい!

【ストーリー】
第二次世界大戦末期の1945年4月。敗色濃厚なドイツでは兵士の軍規違反が相次いでいた。命からがら部隊を脱走したヘロルトは、打ち捨てられた車両の中で軍服を発見。それを身に纏って大尉に成りすました彼は、道中出会った兵士たちを次々と服従させていく。かくして“ヘロルト親衛隊”のリーダーとなった若き脱走兵は、傲慢な振る舞いをエスカレートさせ、ついには大量殺害へと暴走し始めるが……。


監督&脚本:ロベルト・シュヴェンケ『RED/レッド』『きみがぼくを見つけた日』
出演:マックス・フーバッヒャー、ミラン・ペシェル、フレデリック・ラウ、アレクサンダー・フェーリングほか     
2017年/ドイツ=フランス=ポーランド/ドイツ語/119分/カラー/シネマスコープ/5.1ch/
原題:Der Hauptmann
日本語字幕:吉川美奈子
© 2017 – Filmgalerie 451, Alfama Films, Opus Film
提供:ニューセレクト/シンカ/東北新社
配給:シンカ/アルバトロス・フィルム/STAR CHANNEL MOVIES
公式HP:dokusaisha-movie.jp





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  2. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  3. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  4. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  5. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  6. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  7. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…

Facebook





ページ上部へ戻る