『第30回 東京国際映画祭(10/25)』最初のゲスト橋本環奈さん ※この映画はまだ評価がありません。

『第30回 東京国際映画祭(10/25)』最初のゲスト橋本環奈さん 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」

レッドカーペットに登場した最初のゲストはアンバサダーの「橋本環奈」さんです。

【環奈さんの感想】
多くの方々に囲まれて歩いているうちに、とても多くの人達に東京国際映画祭を注目してもらっているんだなと感じて、とても嬉しく思いました。また、同世代の人達にも多くの映画、東京国際映画祭について深く知って欲しいです。

映画祭では、様々なジャンルが上映されるので、率先して色々と見ていけたらと思っています。

■ 予告編



■ 日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭
第30回を迎える東京国際映画祭(以下TIFF)は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公認の国際映画祭です。1985年、日本ではじめて大規模な映画の祭典として誕生したTIFFは、日本及びアジアの映画産業、文化振興に大きな足跡を残し、アジア最大級の国際映画祭へと成長しました。いまや最も熱気溢れるアジア映画の最大の拠点である東京に世界中から優れた映画が集まり、国内外の映画人、映画ファンが新たな才能とその感動に出会い、交流する場を提供します。

*国際映画製作者連盟:世界の映画産業、国際映画祭の諸問題を改善し、検討する国際機関。
パリに本部を置き、世界30ヵ国(2017年3月現在)が加盟している。

■ 他では見られない世界の秀作が集結しグランプリ作品が決定!
才能溢れる新人監督から熟練の監督までを対象に、世界中から厳選されたハイクオリティなプレミア作品が集結。国際的な審査委員によってグランプリが選出される「コンペティション」には昨年、98の国と地域から1,502本もの応募があり、年々注目度が高まっています。第24回グランプリ作品『最強のふたり』はその後、フランス語映画として世界歴代1位の観客動員を記録し、日本でもロングランヒットが話題になりました。

■ 新しい才能が集う、アジアで最も注目される映画祭
TIFFは創立時から映画クリエイターの新たな才能の発見と育成に取り組んできました。入賞者の中からは、後に『アーティスト』(11)でアカデミー賞5部門を受賞したミシェル・アザナヴィシウス監督や、『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)『レヴェナント:蘇えりし者』(16)と2年連続でアカデミー賞監督賞受賞のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督など、国際的に活躍するクリエイターたちが出現し、日本からも深田晃司監督が『淵に立つ』(16)で昨年のカンヌ映画祭「ある視点」部門の審査員賞を受賞するなど、新しい才能が次々に世界へと羽ばたいています。

■ 映画を核とした一大イベントの実施
会期中、映画ファンだけでなく大人から子どもまで大勢の人々が参加し、楽しめる多彩なイベントを実施。学生、プロ、ビジネス来場者を対象とした貴重なセミナー、シンポジウムやワークショップなど多数開催し、フォーラムやマーケットとの連動を意識した参加交流型フェスティバルとして人と映画、ビジネスのリンケージを実現します。

■ 併設マーケットとの強い連携
今年で14回目を迎える併設のマルチコンテンツマーケットTIFFCOMは、昨年、世界各国から356もの出展団体があり、49の国と地域より約1,500名を超えるバイヤーが訪れるアジアで最も注目すべきマーケットへと成長を遂げています。他では見られないマーケットとの連携の深さも東京国際映画祭の大きな特徴のひとつです。東京から世界の映画産業へ向けて、新たな交流の場を提供し、国際共同製作や国際ビジネスに結び付けています。





【出展映画紹介】
■ 最低。
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2044.html

制作国:日本/監督:瀬々敬久
©2017 KADOKAWA

最低。『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ 勝手にふるえてろ
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2061.html

制作国:日本/監督:大九明子
©2017映画「勝手にふるえてろ」製作委員会

勝手にふるえてろ『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリーネタバレ「評判・レビュー」

■ ペット安楽死請負人
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2025.html

制作国:フィンラド/監督:テーム・ニッキ
©It’s Alive Films

ペット安楽死請負人『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ 迫り来る嵐
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2041.html

制作国:中国/監督:ドン・ユエ
©The Looming Storm

迫り来る嵐『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ アケラット-ロヒンギャの祈り
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2012.html

制作国:マレーシア/監督:エドモン・ヨウ
©Pocket Music, Greenlight Pictures

アケラット-ロヒンギャの祈り『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ マリリンヌ
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2008.html

制作国:フランス/監督:ギヨーム・ガリエンヌ
photo thierry valletoux ressources

マリリンヌ『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ スパーリング・パートナー
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2054.html

制作国:フランス/監督:サミュエル・ジュイ
©2016 – UNITÉ DE PRODUCTION – EUROPACORP

スパーリング・パートナー『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ ナポリ、輝きの陰で
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2016.html

制作国:イタリア/監督:シルヴィア・ルーツィルカ・ベッリーノ
©Tfilm 2017

ナポリ、輝きの陰で『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ さようなら、ニック
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2028.html

制作国:ドイツ/監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
©Heimatfilm

さようなら、ニック『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ グッドランド
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2035.html

制作国:ルクセンブルグ=ドイツ/監督:ゴヴィンダ・ァメーレ
©Les Films Fauves – Novak Prod – Bauer & Blum – ZDF/Arte – 2017

グッドランド『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ 泉の少女ナーメ
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2047.html

制作国:ジョーア ジョーア ジョーア/監督:ザ・ハルヴァシ
© 2017 BAFIS, UAB Tremora

泉の少女ナーメ『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ シップ・イン・ア・ルーム
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2050.html

制作国:ブルガリア/監督:リュボミル・ムラデノフ
© Front Film

シップ・イン・ア・ルーム『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ グレイン
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2032.html

制作国:トルコ=ドイツフランス他/監督:セミヒ・カプランオウル
© KAPLAN FILM / HEIMATFILM / SOPHIE DULAC PRODUCTIONS / THE CHIMNEY POT / GALATA FILM / TRT / ZDF / ARTE FRANCE CINEMA 2017

グレイン『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ スヴェタ
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2058.html

制作国:カザフスタン/監督:ジャンナ・イサバエヴァ
©Sun Production (Kazakhstan)

スヴェタ『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ ザ・ホーム-父が死んだ
http://tokushu.eiga-log.com/film-festival/2038.html

制作国:イラン/監督:アスガー・ユセフィネジャド
© Iranian Independents

ザ・ホーム-父が死んだ『第30回 東京国際映画祭』 映画予告動画あらすじとストーリー「評判・レビュー」

■ 東京国際映画祭とは

88の国と地域、1538本もの応募中から15作品がコンペティション部門に選ばれ日本からも『最低。』と勝手にふるえてろの2作品が選出されました。日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の映画祭他では見られない世界の秀作が集結し、グランプリ作品が決定!

・新しい才能が集う、アジアで最も注目される映画祭
・映画を核とした一大イベントの実施
・併設マーケットとの強い連携

■ アートとエンタテインメントの調和

・Expansive-映画を観る喜びの共有
・Empowering-映画人たちの交流の促進
・Enlightening-映画の未来の開拓

■ イベント名
第30回東京国際映画祭

■ 開催期間
2017年10月25日(水)~11月3日(金・祝)

■ 会場
六本木 ヒルズ(港区)、EXシアター

■ 公式サイト
http://www.tiff-jp.net

第30回東京国際映画祭

※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?


関連記事

コメントは利用できません。

『ムトゥ 踊るマハラジャ』(4K・ステレオ版)

注目映画

  1. ■公開記念インタビュー ・衝撃の結末に涙!映画『ごっこ』主演・千原ジュニアさんインタビュー ・社…
  2. ■イントロダクション 『告白』の鬼才中島哲也、最新作! 岡田准一×黒木華×小松菜奈×松たか子×妻…
  3. ■ 作品紹介 世界待望!伝説のバンド<クイーン>のフレディ・マーキュリーの華やかな成功と波乱万丈の…
  4. ■イントロダクション あなたの全てを知っている存在。 それは、家族でも恋人でもなく……“スマホ”…
  5. ■作品紹介 裕福なアメリカ人夫婦に、知的演技派のオスカー女優トニ・コレットと、伝説的なキャリアを持…
  6. 『jam』第31回東京国際映画祭
    ■ 最新情報 第31回東京国際映画祭レッドカーペット『jam』登場!!(写真10枚)劇団EXILE…
  7. ■作品紹介 塚本晋也監督が挑む 初の時代劇 250年にわたり平和が続いてきた国内が、開国するか否…

ツイッター

Facebook






ページ上部へ戻る