「エンドレス・ポエトリー」からアレハンドロ・ホドロフスキー監督と息子で主役のアダン・ホドロフスキー『第30回 東京国際映画祭』 ※この映画はまだ評価がありません。

エンドレス・ポエトリー
Pocket
LINEで送る

第30回東京国際映画祭のレッドカーペットに、特別招待作品の『エンドレス・ポエトリー』からアレハンドロ・ホドロフスキー監督の息子さんで、主役を演じたアダン・ホドロフスキーさんとゆかいなドクロ集団が登場!!

インタビューコメントを紹介します。
※QAは一部編集しておりますこと、ご了承くださいませ。

◯アダン・ポドロフスキー(アレハンドロ・ポドロフスキー監督の息子)さん
お父さんを演じる事について、アレハンドロ監督は「僕の息子だから出来るよね?」という感じで言ってくれたのですが、とても面白い経験が出来ました。お父さんに監督されて、お父さん、アレハンドロ・ポドロフスキー監督自身を演じました。自分自身を忘れて演じるというのはとても貴重な経験でした。

Q.東京国際映画祭のレッドカーペットを歩いてどうでしたか?

A.凄く楽しい経験でした。また、今回は初めて東京に来たのですが、素晴らしい貴重な体験になりました。特に日本の観客の皆さんは繊細な心を持っており嬉しいです。是非、多くの方に楽しんで欲しいです。

監督はパネルでの登壇で恐縮。

本東京映画祭での上映スケジュールはこちらになります。

特別招待作品

【エンドレス・ポエトリー】

EXシアター六本木
10/26 12:05- (本編128分)
※Q&Aあり
登壇ゲスト(予定):Q&A:アダン・ホドロフスキー(俳優)
チケットは公式サイトでご確認下さい。

第30回東京国際映画祭






※映画ログ非会員専用※この映画のあなたの評価は?

関連記事

コメントは利用できません。

8/17公開『ペンギン・ハイウェイ』

注目映画

  1. ■ストーリー とある都会の片隅の、小さな庭に小さな木の生えた小さな家。 ある日、甘えん坊のくんち…
  2. ■イントロダクション なぜ若い二人の結婚生活はたった一日で終わってしまったのか? イギリスのベス…
  3. ■ イントロダクション 高校一年生の新学期。喋ろうとするたび言葉に詰まってしまう志乃は、自己紹介で…
  4. ■ イントロダクション 監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7…
  5. 空飛ぶタイヤ
    ■ ストーリー ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長…
  6. ■作品紹介 巨匠・スティーヴン・スピルバーグ が“恐竜”たちに命をふきこみ、かつて誰も観た事がなか…
  7. 映画『万引き家族』
    ■ イントロダクション 『三度目の殺人』が数々の賞で称えられた是枝裕和監督の長編14作目となる待望…

ツイッター

Facebook




ページ上部へ戻る