渡邉裕也監督が地元福島で撮った”重くない映画”に込めた想い!『ハッピーアイランド』初日舞台挨拶

ハッピーアイランド 大後寿々花 渡邉裕也監督 吉村界人 萩原聖人 中村尚輝

渡邉裕也監督が地元福島で撮った”重くない映画”に込めた想い!
『ハッピーアイランド』初日舞台挨拶
吉村界人、萩原聖人、大後寿々花、中村尚輝、渡邉裕也監督が登壇

3月2日(土)、東京都渋谷区にあるユーロスペースで映画『ハッピーアイランド』初日舞台挨拶が行われ、主演の吉村界人さんはじめ、萩原聖人さん、大後寿々花さん、中村尚輝さん、そして渡邉裕也監督が登壇しました。司会は本作に出演している三輪江一さん。本作は、福島県須賀川市出身の渡邉裕也監督が、原発事故による風評被害を受けながらも農業を営み続けた自身の祖父の姿を見て企画した物語。主演は、映画・ドラマで注目を集める吉村界人(『サラバ静寂』『モリのいる場所』)。それでは初日舞台挨拶の模様をたっぷりとレポートします。

―― 自主制作と言う形ですが、3年前の制作を振り返ってください。

ハッピーアイランド 渡邉裕也監督

渡邉裕也監督

渡邉裕也監督
準備期間は非常に目まぐるしい日々でした。
震災後の風評被害という現実があった時に、農家をしていた自分の祖父への尊敬の想いを込めて作りたいと思いました。祖父が亡くなってしまい、時間が経過していく中でもう一回ちゃんと映画を作りたいと思って、キャストやスタッフ皆さんに集まっていただいて、ついに今日劇場での上映がスタートすると思うとすごく嬉しいです。

―― 主演の吉村界人さん、3年前に撮影しついに公開を迎えます。今の気持ちは?

ハッピーアイランド 吉村界人

吉村界人

吉村界人さん
3年ですか、時間かかりましたね。嬉しいっす、はい。

萩原聖人さん
お前の映画なんだから(もう少しなんか)答えなさい!

吉村界人さん
本当に嬉しいです。

―― 続いて物語のキーとなる監督の祖父をモデルにした役を演じて下さいました萩原聖人さん。

ハッピーアイランド 萩原聖人

萩原聖人

萩原聖人さん
本当に撮影は大変でした。監督のご家族のご協力が沢山あり、福島の農家の方々の協力もなければ絶対に完成しなかった作品です。
僕らもあまり気に留めていないようなテーマで、現実的な被害の陰に隠れたこういう事がまだまだたくさんテーマとして残っているという作品になっています。
こういう映画館から始まって少しずつ意識が広がってくれると、僕ら自身は撮影に協力してくださった福島の方々に恩返しができるかなと思います。

―― 農家の役で朝が早かったり、農作業を教えてもらったり。

渡邉裕也監督
(萩原さんとは)助監督として接していて。
今回は自分の祖父をモチーフというか、できるだけ田舎の男性に見えるように心がけました。大事な夜のシーンとかはみていて祖父を思い出したというか…

萩原聖人さん
(俺→祖父の姿?)ありがとうございます(笑)。

渡邉裕也監督
カッコいい姿という意味で(笑)

―― 主人公の真也がちょっぴり恋心を抱く役で、保育士さんを演じた大後さんです。

ハッピーアイランド 大後寿々花

大後寿々花

大後寿々花さん
子供たちや保育園に預けるお母さんもキャストがみんなほとんど現地の福島の方々で、お芝居のようで、お芝居じゃないような。いつもの撮影現場とは違った空気で、ドキュメンタリーっぽいような空気感だったのがすごく印象に残っています。

―― 続いて役所の職員を演じた中村尚輝さんです。事前に職員の方と会話もされました?

ハッピーアイランド 中村尚輝

中村尚輝

中村尚輝さん
クランクイン前にはお話することができず、そのまま撮影に入りました。二日目くらいの時に、ボランティアの方々が入ってくださってお話を伺うことができました。

―― 鑑賞してくださった現地の方々からは「リアルな職員だった」との感想が届いていたそうです。

中村尚輝さん
そうですね、多分オーラがないからじゃないでしょうか(笑)

―― 界人さんは福島には撮影以前に行った経験はありました?

ハッピーアイランド 三輪江一

司会:三輪江一(本作出演)

吉村界人さん
行ったことなかったです。
福島出身の奴と一緒に住んでいましたけど。

―― 現地で感じたことは?

吉村界人さん
現地の方としゃべっていた時に、「ここには何もかも全部あるから、絶対にこの町から出たくない」という方が沢山いました。
僕は生まれてからずっと東京なんですけど、自分が心が貧しいなと反省したというか、我が身を振り返りました。

―― 監督は真也役に対してどういう青年をお願いしましたか?

渡邉裕也監督
東京に来たフラフラした青年に見えるように。成長していく流れの中で、それをある程度受け止められる素直な人が、なんだろう、ストレートなフラフラというか、裏がないみたいな青年であって欲しいなとお願いしました。

―― 正雄役の萩原さんにはどのようなお願いを?

渡邉裕也監督

萩原聖人さん
詰まるなよ~(笑)

ハッピーアイランド 大後寿々花 吉村界人

渡邉裕也監督
特に意識していないんですよね。
というのも、風評被害とか、野菜が売れないとか、そういうことをテーマにはしているけど、そういうことじゃない事を僕はやりたかったし、正雄にもそれを体現して欲しかったです。確かそんなお話をさせていただきました。

―― 正雄と真也は現場ではお互いに話し合ったりは?

萩原聖人さん
どの現場でも話し合って何かを作るってことはそんなにないと思うんですけど。

吉村界人さん
監督と話していましたね。

萩原聖人さん
そうですね、大変でした!
監督の想いと現場の現実がなかなか噛み合わないことがあって。それって手作りだから仕方がないことだけど、それを支えてくれたのが現地福島の方々だったんです。だから夜中のしんどい撮影の時とかも、何も言わずに畑で採れた野菜で豚汁を作ってくださったりとか、僕らも何にもしてないです。現地の福島の方々がいたから出来た作品だなと。

ハッピーアイランド 吉村界人 萩原聖人 中村尚輝その裏には「こういう現実があることを映画でちゃんと伝えてください!」という想いがあったからだと思うので、それに対してお芝居云々は監督が撮ったのを良いと言われればそれを信じるしかない。あとはご覧になった皆さんがどういう映画だったかは感じていただければと思います。
監督や監督のご家族の福島愛とかいうとちょっとイヤらしいかもしれないですけど、そういうものもいっぱい詰まっていますし、それを十分に感じて演じました。

―― ありがとうございます!大後さんは界人さんとの思い出のシーンとかは?

吉村界人さん
方言が大変そうでしたね。

大後寿々花さん
方言に関してはもちろんで、かつ今どきの子に近い方言をということだったので現地の等身大の女性の方言のテープを聞いたりしつつも、ちょっと標準語よりになると普通に戻っちゃって。微妙な方言のニュアンスとかが長い台詞では大変でした。

ハッピーアイランド 大後寿々花

萩原聖人さん
難しいですよ、福島弁。僕も何回かやっていますけど、本当に難しい。聞き慣れないのもあると思いますけど。

―― 監督、地域によっても違いがあるんですか?

渡邉裕也監督
はい、全然違いますね。福島は広いので違いがあるんですけど、傍から見ていて難しそうだなって。

萩原聖人さん
その辺は、監督なんにも助けてくれないですよ!

ハッピーアイランド 大後寿々花 渡邉裕也監督 吉村界人 萩原聖人

(キャスト一同笑い)

―― 最後に監督からひとことメッセージをお願いします。

渡邉裕也監督
3年前に僕が想いだけで作ったものが、ここまで来れて本当に嬉しいです。
風評とかありますけど、原発がひどい、東電がひどい、そういう事をやりたかったんじゃなくて、人間として福島に居続けるとか、自分の地元が好きだとか、人間としてカッコいいなと。たまに実家に帰ったときに思い、それをどうにかして形にしたいと思ってここまで来ました。
小さい映画ですけど、皆さんの力で広げていただいてこの映画を観終わった時に重いテーマじゃなくて、“自分も明日頑張ろう”くらいの気持ちでいていただけたらと思っています。
今日はありがとうございました!

ハッピーアイランド 大後寿々花 渡邉裕也監督 吉村界人 萩原聖人 中村尚輝

作品同様に舞台挨拶でも自然な姿でそこに居てくださった渡邉監督とキャストの皆さん。自然だからこそ観客も頑張らずに福島について想いを馳せることができます。そして福島だけではなく、自分自身の人生をちょっと振り返るきっかけも与えてくれるのではないかと思います。
あれから8年。『ハッピーアイランド』が沢山の方の心に届くことを応援しています!





映画『ハッピーアイランド』×【映画ログ】プレゼントキャンペーン開催中!

【特賞】
3名様にあたる! 吉村界人・萩原聖人・大後寿々花・渡邉裕也監督のサイン入りポスター

【ハッピー賞】
10名様にあたる! 福島県須賀川市産米「ぼたん姫」300g

【キャンペーン期間】
3月2日(土)~ユーロスペースでの上映中

【応募方法】
映画レビューサイト「映画ログ」にて、 映画『ハッピーアイランド』の評価・レビュー(感想)を書き込み頂き、 m-kome@sobal.co.jp 宛てに映画ログの会員IDを記載の上、メールして応募完了!

※当選者には、編集部から当選のご連絡をさせて頂きます。 その際、プレゼント発送先の、ご住所等個人情報をお預かりさせて頂きます。


■予告動画

■キャスト
吉村界人
大後寿々花
三輪江一
岡村多加江
中村尚輝
萩原聖人

■スタッフ
監督・脚本:渡邉裕也
音楽・主題歌:古舘佑太郎「ハッピーアイランディア」
制作:ExPerson
配給協力:SDP

■公開情報
3月2日(土)ユーロスペース/ユーロライブ他全国順次公開

■公式サイト
http://movie-happyisland.com/

コピーライト
©ExPerson2019




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 5.0点(2019年3月2日更新)
・震災の後、何年経とうともしっかり向き合っていかないと何も解決しないんだなと改めて学ぶことが多かった映画でした!
・真也が同年代なので、成長していく様が見ていて気持ちが良かった。
・行動のないところには何も生まれないと思います。吉村界人さん演じる今時の若者!続けて得る達成感、歳を重ねてしまった自分ですが、吉村さんのようにやりきりたい気持ちが甦りました。観て良かったです。
・自分もなにかプライドのもてるなにかをしたいと思った。とにかく吉村界人かっこよかった!!
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の若者…
  2. 6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  3. 6月14日公開 映画『柴公園』 ■イントロダクション 「おっさん×柴犬×会話劇」という斬新な…
  4. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  5. 6月1日公開 映画『メモリーズ・オブ・サマー』 ■作品紹介 それは、ぼくが子どもでいられた最…
  6. 6月14日公開 映画『ガラスの城の約束』 ■作品紹介 「自分らしく生きる幸せ」を教えてくれた…
  7. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る