『九月の恋と出会うまで』二人の距離が縮まる2ショットセルフィー写真解禁!!

『九月の恋と出会うまで』二人の距離が縮まる2ショットセルフィー写真解禁!!

高橋一生が川口春奈にサプライズプレゼント!!
二人の距離が縮まる2ショット
セルフィー写真解禁!!

【ニュース】
“書店員が選んだもう一度読みたい恋愛小説第1位の小説が映画化!高橋一生×川口春奈の実力派俳優W主演が贈る、時空を超える切ないウソと一途な想いに涙する、映画『九月の恋と出会うまで』が3月1日(金)に公開します。主人公を演じるのは、今回が初共演となる高橋一生と川口春奈。高橋は本作で〈恋愛映画初主演〉を果たし、一途に志織を想う小説家志望の平野を熱演。映画・ドラマ・CMで幅広く活躍する川口は、“未来からの声”に翻弄されつつ自分らしく想いを貫こうとする志織をみずみずしく演じています。そして今、ラスト20分、切ないウソに涙する奇跡の物語に、試写会で鑑賞した多くの女性たちが共感、話題を呼んでいます!

不思議なマンションに引っ越してきた川口演じる志織は、高橋演じる小説家志望の隣人・平野と運命的に出会う。そして突然、志織に聞こえた“未来からの声”――「一年後、あなたは消えてしまう」。平野は、謎の“声の主”を探すため志織と奔走する。互いに惹かれあう二人だったが、タイムリミットが迫る中、平野はある決断をする―。

この度、高橋一生演じる平野と、川口春奈演じる志織の、まるでプライベート!?な2ショットセルフィー写真が解禁となりました! 志織がセルフィーで撮っているこの写真は、未来からの謎の“声の主”を探して奔走するうちに次第に惹かれ合っていく2人の、友達以上恋人未満な微妙な距離感とドキドキ感が伝わる1枚。夕日をバックに、平野からサプライズでもらった誕生日プレゼントのキーケースを嬉しそうに持ちながら微笑む志織と、そんな志織をあたたかく見守るように微笑みながら肩を寄せる平野。はたしてこのままハッピーエンドを迎えるのか、それとも運命は無情にも二人を引き裂いてしまうのだろうか…?

平野があげたこの誕生日プレゼントに込められた意味、そして初めて2人で撮ったこの写真は、物語の重要なカギにもなっていく非常に重要な1枚です!誰が見てもプライベートのデート写真!?と思わずにはいられないお似合いすぎる2人の2ショット写真と併せて、時空を超える一途な想いが紡ぐ、2人の奇跡の物語の結末にも是非ご注目ください!

3月1日公開 映画『九月の恋と出会うまで』

■ 解禁された全ニュース
映画『九月の恋と出会うまで』特別映像(平野編)解禁
映画『九月の恋と出会うまで』高橋一生×川口春奈がやり直したい過去とは!? スペシャルトーク映像〈時空を超えるストーリー編〉解禁!!
映画『九月の恋と出会うまで』バレンタイン直前!!超貴重な高橋一生エプロン姿を披露!!
映画『九月の恋と出会うまで』祝!!2月10日は川口春奈の誕生日!! 誕生日を記念して愛らしい“メガネコーデ”解禁!!
映画『九月の恋と出会うまで』“未来”が愛する人を消してしまう-高橋一生がタイムリープを力説!! 〈タイムパラドックス〉早分かり特別映像解禁!!
川口春奈”縁”を大切にしたい!『九月の恋と出会うまで』
高橋一生「この歌で映画が完成されていると思います!」『九月の恋と出会うまで』
映画『九月の恋と出会うまで』高橋一生&川口春奈が“シャボン玉”で大はしゃぎ!! 恋の始まりを予感させる本編&メイキング映像 特別映像解禁


■ ストーリー
不思議なマンションに引っ越してきた志織は、小説家志望の隣人平野と運命的に出会う。

そして、新しい部屋で突然聞こえてきた不思議な声。
「こちらは一年後の未来です。あなたに危険が迫っています!」

それは強盗殺人にあうところだった志織を助けようと時空を越えて届いた、未来からの誰かの声だった。

相談を受けた平野は、助かった志織に<タイムパラドクス>が生じることに気付く。

それは一年後、志織の存在が消えることを意味していた。
必死に自分を助けようとする平野に惹かれていく志織だったが、平野との別れは近づいていた。

■ 予告動画

■ キャスト
高橋一生
川口春奈
浜野謙太
中村優子
川栄李奈
古舘佑太郎
ミッキー・カーチス

■ スタッフ
【監督】
山本 透
【脚本】
草野翔吾
山田麻以
山本透
【音楽】
Evan Call
【主題歌】
androp「Koi」(image world / ZEN MUSIC)

■ 公開情報
2019年3月1日(金)
■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/kugatsunokoimovie/

<strong>■ コピーライト
©松尾由美/双葉社 c2019  映画「九月の恋と出会うまで」製作委員会




■原作
九月の恋と出会うまで」(双葉文庫) 著者:松尾 由美 この本の評価:4.0(2019/2/24時点)
※原作情報は読書ログへ!
※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…
  2. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  3. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  4. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  5. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  6. 画像,草間彌生∞INFINITY
    激動の1960年代ニューヨーク。 彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。 イントロダ…
  7. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
ページ上部へ戻る