映画『運び屋』土日興行収入『グラン・トリノ』越え!13億を狙える大ヒットスタート!

映画『運び屋』土日興行収入『グラン・トリノ』越え!13億を狙える大ヒットスタート!

まさかの10&20代に刺さる傑作!
クリント・イーストウッドの『運び屋』SNSで大反響
“彼の映画人生の集大成”“最強のジジイ映画”
“説得力に感服”“涙が止まらない”

【ニュース】
アカデミー賞®受賞監督クリント・イーストウッド監督・主演最新作。『アメリカン・スナイパー』、『ハドソン川の奇跡』に続く、全米興収1億ドル突破の大ヒット作『運び屋』が、待望の日本公開を迎えた。俳優クリント・イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』(09)以来、10年ぶりの主演作としてスクリーンに帰ってきた。「今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と宣言し、一時は俳優引退もほのめかしたこともある名優の心を動かしたのは、前代未聞の“アウトロー”の実話だった。巨大な麻薬組織で、一度に最大300キロ、13億!巨額のドラッグを運ぶ“伝説の運び屋”の正体は、90歳の老人だった。

映画『運び屋』土日興行収入『グラン・トリノ』越え!13億を狙える大ヒットスタート!

名優イーストウッドが演じるのは、仕事一筋で家庭をないがしろにした挙げ句、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン。撮影時、実在の人物レオ・シャープと同じ87歳。イーストウッドが自身の人生に通ずる主人公の我が道を行く生き様を魅力的に演じる。主人公を追い詰めていく捜査官ベイツ役にはイーストウッドの後継者と言われ、イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』では主演を、イーストウッドから譲り受けた『アリー/スター誕生』では初監督・主演を務め、アカデミー賞®でも絶賛されたブラッドリー・クーパー。実話サスペンスの傑作『運び屋』が大ヒット上映中だ。

待望の日本公開を迎えたクリント・イーストウッド監督・主演最新作『運び屋』に、映画ファンから絶賛の声が続々!俳優人生の集大成ともいえる演技、監督としての最高傑作が、世代を超えた“熱い反響”を巻き起こしています!

クリント・イーストウッドが集大成となる演技を披露し、監督作史上6本目となる全米興行収入1億ドルを突破して、今年観るべき作品として映画ファンから熱い注目を集めていた『運び屋』。3月8日に待望の日本公開を迎え、週末興行ランキング4位にランクインする大ヒットスタートを飾った。『グラン・トリノ』以来10年ぶりとなる監督兼主演に加え、実娘アリソン・イーストウッドや愛弟子ブラッドリー・クーパーとの共演、二度目のイーストウッド作品出演となるマイケル・ペーニャやローレンス・フィッシュバーンの参加など、まさにイーストウッドの俳優監督人生の集大成ともいえる作品に、50~60代のイーストウッドファンがいちはやく劇場に駆けつけた。

さらに、“伝説の運び屋が90歳の老人だった”という前代未聞の実話に惹かれ、10~20代の映画ファンも動員し、土日2日間で興行収入は1億4600万円を記録! 前作『15時17分、パリ行き』や傑作『グラン・トリノ』を上回る初動となった。初日の出口調査での見てよかった指数が93%を突破する満足度の高さに、今後のさらなるヒットに期待がかかる。SNSやレビューサイトは「たった今、『運び屋』という、この上なく美しい映画を観た。 涙が止まらなかった」「人間の残酷さも優しさもすべてぶち込んだ超一流の手捌きに、心底やられた。また観たい‼」「渋さの極致にたどり着く、これこそが彼の長年の映画人生の答えであり、集大成か」といった絶賛の声で溢れており、クチコミの拡散で興行収入13億円越えも有力視されている。

映画『運び屋』土日興行収入『グラン・トリノ』越え!13億を狙える大ヒットスタート!

また、仕事に打ち込んで家族をないがしろにして生き、麻薬組織の運び屋となっても我が道を行くアウトローなキャラクターに惹かれたという声も。「悪党も捜査官もみんな爺さんに振り回されるし、チャームされまくる」「アールは困った人だけど人に好かれるのも、ものすごくわかる」「飄々とした立ち居振る舞いは軽快で魅力的でとてもキュート」「アールじいちゃんの魅力、ジゴロっぷりがぎゅっと詰まって見てて幸せになれた!」「運び屋じいちゃんアールの車を運転する姿が爽やかでずっと見ていられる」「自由で愛しくて可愛くて、そしてカッコいい」など、一時は俳優引退もほのめかしていたイーストウッドに主演を決意させた、アールの魅力に驚嘆の声が続出している!

自らの人生に重なるような自由な男の生き様を演じてみせたイーストウッドの姿は往年のファンのみならず広い世代に響き、初日のアンケート調査では20代の良かった指数が94%、10代が95%となるなど若い世代から特に高い支持を集め、「人生の大先輩イーストウッドさんによる現代の社会と若者に捧げる最強のジジイ映画だった。あんたやっぱりとんでもねえジジイだよ!」「爺さんなんだけども、爺さんとは呼べない、まだまだ「男」でまだまだ「映画スター」を感じるカッコ良さがあった」「イーストウッド自身の人生あってこその“アール”というキャラクターの説得力に感服」「背中も丸いしすっかりおじいちゃんだけど、やっぱりカッコいい!そしてやっぱりモテる!」「しわしわおじいちゃんだけど中身は完全にカッコ良いカウボーイ」「その佇まいにただただ脱帽」など、年を重ねてなお衰えない魅力に感服する声が上がっている。
 
「イーストウッド監督がこの作品から伝えてくるメッセージにずしりと胸を撃ち抜かれてしまった」「クリント・イーストウッドは凄い!人生と言うものをしみじみと感じさせてくれます。」「人生訓を教えて貰いました。88歳の超カッコいい爺様です」と、同世代から若者まで広い世代に反響の渦を巻き起こし、「イーストウッド最高傑作」の呼び声も高い最新作『運び屋』。本作に込められたメッセージを、ぜひ劇場で受け止めていただきたい。

その男、伝説の運び屋。大ヒット上映中!!

■ イントロダクション
前代未聞の実話。巨大な麻薬組織で、巨額の麻薬を運ぶ腕利きの男。全米麻薬取締局が必死に追跡した“運び屋”の正体は…なんと!90歳のジジィだった!

誰よりも自由で成り行き任せな男を、88歳!映画界の生ける伝説クリント・イーストウッドが自身監督作では10年ぶりの主演として演じる。アールを追いつめる麻薬取締局の捜査官に『アメリカン・スナイパー』ブラッドリー・クーパー。

さらにローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィーストといったアカデミー賞Rの常連俳優共演で贈る、前代未聞の実話。

■ ストーリー
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は家族とも疎遠で、孤独な90歳の男。

商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられるが、それが実は巨大麻薬組織の「運び屋」だった…。

■ 予告動画

■ キャスト
一度に13億円相当のドラッグを運んだこともある伝説の運び屋アール・ストーン
クリント・イーストウッド

イーストウッドが演じるアールを追い詰める麻薬取締局の捜査官
ブラッドリー・クーパー

ローレス・フィッシュバーン
マイケル・ペーニャ
ダイアン・ウィ―スト
アンディ・ガルシア
アリソン・イーストウッド
タイッサ・ファーミガ 他

■ スタッフ
監督:クリント・イーストウッド
「許されざる者」(1992)「ミリオンダラーベイビー」(2004)アカデミー賞監督、作品賞受賞
脚本:ニック・シェンク(「グラン・トリノ」)

■ 公開情報
2019年3月8日(金)、ロードショー

■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

■ コピーライト
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『運び屋』日本オリジナルのテレビCM3編を一挙公開!前代未聞の実話

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  3. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  4. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  5. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  6. 画像,mellow
    街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋 を舞台に巻き起こる恋愛群像エンターテインメント! …
  7. 画像,だれもが愛しいチャンピオン,スペイン
    イントロダクション スペインで一大旋風を巻き起こした話題作がいよいよ日本上陸! これは、実在する…
ページ上部へ戻る