フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』ルース・ギンズバーグのパワーに著名人も圧倒!賛美の声が続々と到着!

フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』ルース・ギンズバーグのパワーに著名人も圧倒!賛美の声が続々と到着!

1970年代アメリカ。世紀の〈男女平等〉裁判に
挑んだ女性弁護士がいた。
時代を動かした爽快な逆転劇を描く感動の実話

【ニュース】
85歳の今なお、現役の最高裁判事として活躍し、正義と平等のために闘う存在としてアメリカで最も尊敬される女性として、敬愛され続けているルース・ギンズバーグ。本作は、そんな彼女が若かり時代に挑んだ世紀の<男女平等裁判>を描いた物語。時は1970年代、アメリカ。女性は自らの職を選べず、自分の名前でクレジットカードさえ作れなかった時代。そして、男性もまた、人生において多くの選択肢を選べず専業主夫にはなれなかった。そんな時代に、一人の女性弁護士ルース・ギンズバーグの手で、アメリカを変え、ひいては世界をも変える第一歩となった、世紀の〈男女平等〉裁判が起こされたー。

なぜ、彼女は法律の専門家たちに〈100%負ける〉と断言された訴訟に踏み切ったのか?そして、どうやって〈大逆転〉を成し遂げたのか?今、史上初の歴史的勝利に至るすべてが明かされる!
※GALLUPより(https://news.gallup.com/poll/245669/michelle-obama-ends-hillary-clinton-run-admired.aspx?utm_source)

本作に寄せられた各界著名人からの絶賛コメントが解禁!

フェリシティ・ジョーンズ主演最新作『ビリーブ 未来への大逆転』ルース・ギンズバーグのパワーに著名人も圧倒!賛美の声が続々と到着!

本作は、1970年代のアメリカを舞台に、一人の女性弁護士、ルース・ギンズバーグが挑んだ世紀の男女平等裁判を描いた物語。『ディープ・インパクト』のミミ・レダー監督が、未来を信じ、今を変えようと立ち上がった女性の勇気溢れる姿を力強く描き出し、男女平等における歴史的な第一歩を、爽快&感動のエンターテイメントに仕上げている。

昨今、#metooや#Time’s Upなど、日本でも性差別に対する声が徐々に高まりつつある中、時代を変えた世紀の男女平等裁判を描いた本作に対し、ファッション評論家のピーコさん、俳優の滝藤賢一さん、司会者・エッセイストの楠田枝里子さんに加え、エッセイストの犬山紙子さん、国際政治学者の三浦瑠麗さん、モデルのクリス・ウェブ 佳子さん、モデルの神山まりあさん、弁護士の菊間千乃さんら著名人から絶賛のコメントが到着した。

アメリカでは、正義と平等のために闘うスーパーヒーロー的存在として敬愛され、Tシャツやマグカップなど、彼女がデザインされたグッズが街中で売られるルース。今回解禁されたコメントチラシには、ノルウェー・南アフリカ・スペインなど世界各国のミュージシャンのグッズデザインを担当するほか、さまざまなファッションブランドのイベントにイラストが起用されるなどジャンルを問わず幅広く活動中するイラストレーター・WALNUTさんによるポップでキュートなイラストで描かれたルースも登場している。

3月15日には、ルース86歳の誕生日を迎え、アメリカ最高裁判事の現役最高齢記録を1歳更新、まだまだ現役で活躍し続けるスーパーウーマン、ルース。彼女のことを知っている人はもちろん、知らない人も必見の価値ありの、爽快&感動のエンターテイメントとなっています!


◇ピーコ/ファッション評論家
男女同権が当たり前と思っている現代。そんなに遠くない過去に、権利獲得の為に頑張った凄い女性が居たことを日本中の皆に観て欲しい!

◇滝藤賢一/俳優
100%負けるはずの裁判。ギンズバーグは躍動し、彼女を演じたF・ジョーンズの演技は、100%完璧で勝った。凛とした姿に120%惚れました!

◇楠田枝里子/司会者・エッセイスト
涙で、しばらく立ち上がれなかった。心から共鳴する、熱い感動の涙だ。この圧倒的な男性優位社会で、傷付き悩んでいる全ての女性たちに、この映画を見てもらいたい。

◇上野千鶴子/社会学者
この映画を見た人は、男女平等が勇気あるひとりひとりの女性の挑戦によって獲得されたものであることを、改めて確認するだろう。法は人間がつくる…ことを、忘れないようにしよう。

◇菊間千乃/弁護士
世の中は変えられる。ルールを変えていけばいい。なんとなく諦めるのはやめよう。自分も頑張ろうと思わせてくれる映画です。

◇三浦瑠麗/国際政治学者
努力し続けること。感情は豊かに、理性の言葉で相手を説得し、変えていくこと。娘に教えたいことが詰まっています。

◇クリス-ウェブ 佳子/モデル・コラムニスト
良妻賢母に縛られず、私たち女は女であることに自由でいたい。ただそれだけのことを、ルース判事無くしては私たちは望むこともできなかっただろう。

◇北村道子/スタイリスト
キャスティングが絶妙。後半の裁判シーンのギンズバーグが素晴らしい。ここに女性の地位が確立されたのだ。と知った。

◇樋口毅宏/イクメン小説家
「常識」と戦う。旧態依然とした社会に「NO」の声を上げる。世界を変えようとする意志だけが、この社会を少しずつ良くしていく。

◇湯山玲子/著述家
男は立てておいた方がおトク、という伝統的処世術の「効き」が崩壊し、理不尽と闘うことに目覚めたニッポン女性に勇気を与えてくれる。

◇神山まりあ/モデル
変わりゆく時代の中で、変わらないものは家族と信念なのだとギンズバーグ夫妻は教えてくれた。

◇犬山紙子/エッセイスト
女性である私が今仕事をしながら子育てできている。これは彼女のような人たちが頑張って勝ち取ってくれたものだ。残念ながらまだまだ性差別はある、断言してもいい。だから今度は私たちが頑張る番、そしてこの映画はその勇気を与えてくれる。

◇山口真由/ニューヨーク州弁護士
彼女の歩みは次に続くすべての女の子に新たな可能性を切り拓いた――「女らしさ」のステレオタイプと闘ったアメリカ法曹界の偉大な女性を、家族を愛する一人の人間としてより身近に感じられた。男ばかりのハーバードの教室で、発言を求めて手を高く上げる彼女の姿に、社会に出てから少しずつ曲がってきた私の背筋がピンと伸びる思いがした。

◇山崎まどか/コラムニスト
最初のシーンからラストまで、ルースが胸につけているブローチ。あれは彼女の変わらない理想と、女性たちを照らす炎の小さな象徴なんだね。

3月22日(金)TOHOシネマズ日比谷他
全国ロードショー

<STORY>
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。

やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。

■ 『ビリーブ 未来への大逆転』予告編動画

■ 監督
ミミ・レダー 『ザ・エッグ ロマノフの秘宝を狙え』『ペイ・フォワード 可能の王国』『ディープ・インパクト』『ピースメーカー』『ER緊急救命室 シーズン1

■ 出演
フェリシティ・ジョーンズ
怪物はささやく』『ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー』『インフェルノ』『アウトバーン』『博士と彼女のセオリー』『今日、キミに会えたら

アーミー・ハマー
ALONE アローン』『君の名前で僕を呼んで』『ジャコメッティ 最後の肖像

キャシー・ベイツ
ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声』『ミッドナイト・イン・パリ』『しあわせの隠れ場所』『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』『ミザリー

主題歌:KESHA「Here Comes The Change」(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
原題:ON THE BASIS OFSEX/2018年/アメリカ

■ コピーライト
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
公式サイト:gaga.ne.jp/believe/




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『ビリーブ 未来への大逆転』邦題・日本版ポスター・公開決定

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  2. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  3. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  4. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  5. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  6. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  7. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る