映画『リヴァプール、最後の恋』主題歌を手掛けるエルビス・コステロのインタビュー動画が到着

映画『リヴァプール、最後の恋』主題歌を手掛けるエルビス・コステロのインタビュー動画が到着

エルビス・コステロが惚れ込んだ“ドリームガール”
グロリア・グレアム 胸締め付ける主題歌
<You Shouldn’t Look At Me That Way >の真相とは

女優として生きた、恋に生きた。
オスカー助演女優賞に輝いた女優の最後の恋をアネット・ベニング(『20センチュリー・ウーマン』)ジェイミー・ベル(『リトル・ダンサー』)が熱演。実話に基づく切なくもあたたかい感動のラブストーリー!

【ニュース】
3月30日より公開となる『リヴァプール、最後の恋』(配給:キノフィルムズ/木下グループ)主題歌を手掛けるエルビス・コステロのインタビュー動画が到着しました!イギリスの俳優ピーター・ターナーが1987年に発表した同名の回顧録が原作。『悪人と美女』(1952)でオスカー助演女優賞に輝いた往年の大女優グロリア・グレアム(1923-1981)。1950年代ハリウッドで活躍し、4度の結婚歴もある自由奔放な彼女と、駆け出しの若手舞台俳優ピーターの最後の恋を中心に描かれる。往年の大女優・グロリアに実力派・アネット・ベニング(『キッズ・オールライト』『20センチュリー・ウーマン』)、ピーターを『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』で知られるジェイミー・ベルが演じる。

本作のために主題歌「You Shouldn’t Look At Me That Way」を書き下ろしたコステロは、リヴァプールの出身。PVはポール・マッカートニーの娘・メアリーが監督しており、インタビュー内ではその撮影風景も収められている。「脚本を読んで、魅了されたよ」と語るコステロは、「2人はこんな優しい曲がぴったりの恋に落ちるが、“そんな目で見つめないで”という歌詞が示す通り、とても切ないストーリーだよ。」と語っている。ピアノの音色とコステロの色気漂う歌声が、ロマンチックで切ない2人の恋の最後を締めくくる。

製作のバーバラ・ブロッコリとポール・マクギガン監督は、本作でのコラボレーションの可能性について話し合うため、ロンドン・パラディウムでコステロのショーを見て驚いた。楽曲「Church Underground」の間に、TVスクリーンに突如グロリアの写真が登場したのだ。そしてステージ上のコステロは、「彼女はこの曲を書いていたときに浮かんでいた“ドリームガール”なんだ」とMCで語った。「バーバラとポールはとても驚いたと思うよ」とコステロは笑いながら語っている。

コステロはすでにターナーの本のことも知っていた。さらに映画の冒頭で、劇作家の親友アラン・ブリーズデールの作品にターナーが出演している。「脚本の中にアランの名前を見て、時間と場所がとても強烈に迫ってきたんだ」とコステロは言う。言うまでもなく、コステロの、その時代とこの物語にかかわった人たちとのつながりが、楽曲に組み込まれている。「これは、たくさん秘密をもっている二人の人間について歌った曲なんだ。二人は恋愛中だが、おそらく、以前のように会うことが難しくなっている。恋人には虚栄心もあるだろう。でもとてももろくなっているんだ。曲のタイトルはそこから取った」「『You Shouldn’t Look At Me That Way』は、誘惑のまなざしのことだが、判断しないでくれという願いも込められている」曲を書いている時は、監督のテーマやアイデアに共鳴することを目指すとコステロは言う。「曲にはそれ自身の物語をもたせたい。独り立ちできるように。でも、耐え忍ぶ誇りと愛についてのメッセージを伝える映画の、最後の映像と音楽が調和することも必要なんだ」

<ストーリー>
1981年9月29日、ピーター・ターナーの元に衝撃の知らせが飛び込んできた。かつての恋人グロリア・グレアムがイギリスのランカスターのホテルで倒れたのだという。「リヴァプールに行きたい」そう懇願するグロリアに対してピーターはリヴァプールにある自分の実家でグロリアを療養させることにした。ピーターの家族やリヴァプールを懐かしむグロリアだったが、全く病状を明かそうとしない。心配になったピーターは、主治医に連絡をとり病状を確かめた。

そして、グロリアの死が近いことを悟ったピーターは、不意に彼女と楽しく過ごしていた頃を思い出すのだった。本作は駆け出しの俳優に過ぎなかったピーターと往年の大女優であったグロリア・グレアムとの歳の差もキャリアも超えた恋模様を描く。そしてグロリアがリヴァプールに拘り続けた理由とは―

■ 映画『リヴァプール、最後の恋』予告編

アネット・ベニング (『キッズ・オールライト』『20センチュリー・ウーマン』)
ジェイミー・ベル  (『リトル・ダンサー』『スノーピアサー』 )
ジュリー・ウォルターズ (『パディントン』『ハリー・ポッター』 シリーズ)
ヴァネッサ・レッドグレイヴ (『大統領の執事の涙』『アンコール!!』)
監督:ポール・マクギガン(『ホワイト・ライズ』)
脚本:マット・グリーンハルシュ(『コントロール』『ノーウェアボーイひとりぼっちのあいつ』)
原作:ピーター・ターナー「Film Stars Don’t Die in Liverpool」
配給:キノフィルムズ/木下グループ
2017年/アメリカ/英語/カラー/シネマスコープ/5.1ch/105分
字幕翻訳:栗原とみ子
© 2017 DANJAQ, LLC.  All Rights Reserved.
公式サイト:liverpool-movie.com

2019年3月30日(土)新宿武蔵野館
YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  2. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  3. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  4. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  7. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る