『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』現代ホスト界の帝王ローランドが トップの苦悩と映画の見どころを語る!

『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』現代ホスト界の帝王ローランドが トップの苦悩と映画の見どころを語る!

「“俺”側の心境を描いた作品」現代ホスト界の帝王
ローランドがトップの苦悩と映画の見どころを語る!
コメント動画

【ニュース】
『レディ・バード』のシアーシャ・ローナンと『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』のマーゴット・ロビーというアカデミー賞○Rノミネート女優ふたりが、激動の16世紀英国を生きるふたりの女王を演じる『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が3月15日(金)より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国公開いたします。

先日、本作のトークイベントにご登壇いただいたローランドさん(ホスト兼実業家)より、絶賛コメント動画が到着しました!

《メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世》
――女王は私ひとりだけ

幾多の女性を接客してきたローランドさんがふたりの女王のタイプを冷静に分析!
仕事柄、様々なタイプの女性と接してきたというローランドさん。特にエリザベスの衣装が印象に残ったという。「自分のコンプレックスを隠すために着飾っている。派手な衣服を好む人はその傾向が強い」。対してメアリーは、「(コンプレックスを抱えることなく)純粋に育ってきたタイプの女性は、シンプルかつ自然体でいる傾向が強い」と、ふたりのファッションを通してその人間性を分析した。実際に、対照的な性格の持ち主で恋愛面でもまったく異なる選択をしたふたりの女王。ふたりの衣装にも注目しながら映画を見ると、共感度がアップするかも!

何度も“ホストだから”と言われてきた現代ホスト界の帝王が16世紀を生きたふたりの女王に共感!
舞台は激動の16世紀英国。ふたりの女性は、頂点に君臨する女王という立場ながら、男性社会の圧力を受け、様々な制約のなかで生きていた。「トップに立つ者として“女性だから”という枕詞が絶対につく。それはホストも同じで、“ホストだから”と(必要以上に)悪く見られたことがある。だから“〇〇だから”と言われながらも戦っている姿にすごく共感するところがあった」と語った。現代ホスト界の帝王が抱えてきた苦難が垣間見えたと同時に、どんな女性にもさりげなく共感力を示せる気遣いとその能力に脱帽した。

「“俺”側の心境を描いた作品」No.1ホストがトップの苦悩を語る
最後に、「この映画は“俺か、俺以外か”(注1)の“俺”の部分に立った時の心境を描いた作品です。ぜひ、劇場でご覧ください」と締めくくった。全国のローランダー(注2)の皆様は、ぜひこの映画を観てトップに立ち続ける“俺”側の苦悩に触れてみるべし!

(注1)ローランドさんが最も大切にしている言葉。ここで言う“俺”とは、“選ばれし者”を指す。世の中の男性は、選ばれし者であるローランドさんかローランドさん以外の男性かの2種類しかいないという意。
(注2)ローランドさんのファンの呼称。


■ イントロダクション
この気持ちがわかるのは、もうひとりの女王だけ――。

0歳でスコットランド女王、16歳でフランス王妃となったメアリー・スチュアートは、未亡人となった18歳にスコットランドへ帰国し王位に戻り、女王エリザベスⅠ世が統治する隣国イングランドの王位継承権を主張する。

恋愛、結婚、出産を経験し、若く美しく自信にあふれたメアリーに複雑な想いを抱くエリザベス。誰よりも理解し合えたはずの孤独な若き女王たちは、従姉妹でありながら恐れ合い、それぞれ陰謀渦巻く宮廷の中で運命に翻弄されていくのだった……。

ふたりの最旬女優――メアリー=シアーシャ × エリザベス=マーゴット!
メアリーのもって生まれた高潔さ、激情を鮮烈に演じるのは『レディ・バード』ほか3度のアカデミー賞®ノミネートのシアーシャ・ローナン。
エリザベスの気高さ、孤独を繊細に体現するのは『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』でやはりアカデミー賞®にノミネートされたマーゴット・ロビー。「恋多き女」と言われ続けたメアリー・スチュアートと国家と結婚した「処女王」エリザベスⅠ世の常識を覆す、新たな物語が生まれた。

そのほか、『ダンケルク』(17)で注目を集めたジャック・ロウデンがメアリーの夫のひとりダーンリー卿を、『女王陛下のお気に入り』(19)ほか出演作が立て続けに公開される新星ジョー・アルウィンがエリザベスの寵臣ロバート・ダドリーに扮しふたりの女王を魅了する。

そして、ガイ・ピアースがイングランド枢密院の要ウィリアム・セシルを演じ、エリザベスをしっかりと補佐している。

アカデミー賞®受賞スタッフが作り上げる16世紀英国の世界。
スタッフも最高のメンバーが集結した。

メガホンをとったのはイギリス演劇界のトップ女性演出家ジョージー・ルーク。
現代的な解釈と演出を大胆に加え、本作で長編映画監督デビューを果たした。
脚本はゴールデングローブ賞ほか数々の賞を獲得したテレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」を手掛けたボー・ウィリモン。ヘアメイクを担当したのはケイト・ブランシェット主演『エリザベス』(99)でアカデミー賞®を獲得したジェニー・シャーコア。

そして、『エリザベス:ゴールデン・エイジ』(08)でやはりアカデミー賞®を受賞したアレクサンドラ・バーンがコスチュームデザインを手がけた。この完璧なスタッフたちが、16世紀を生きたふたりの女王の激しくも華麗な物語を構築し、
見事、第91回アカデミー賞®の衣装デザイン賞、メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた。

■ ストーリー
メアリー・スチュアート×エリザベスⅠ世女王は私ひとりだけ
スコットランドでイングランドの王位継承権を持ちながら、カトリックとして生まれたメアリー・スチュアートは、父ジェームズⅤ世が生後6日で亡くなり、0歳にしてスコットランド女王となる。
幼少時に渡仏し、フランス王宮で育ち、15歳でフランス王太子と結婚、16歳でフランス王妃に、18歳で未亡人となり、母国スコットランドで王位に戻る。

メアリーの不在の間、スコットランドではプロテスタント教徒たちが勢力を拡大していた。
摂政として国を統治していた異母兄マリ伯、プロテスタント長老派の指導者ジョン・ノックス、国務大臣メイトランドらはカトリックの女王を快く思わず、何度も陰謀や内乱を画策した。

イングランドでは、エリザベスⅠ世が25歳で即位、宰相ウィリアム・セシルやエリザベスが心を寄せるレスター伯ロバート・ダドリーら枢密院と侍女ベスたちが彼女を支えていた。A
王位継承者がいなかったため、エリザベスは日々、早く世継ぎを産むようプレッシャーをかけられていた。そんな折、メアリー帰国の知らせに、枢密院内は緊迫した空気が走る。

メアリーは同じスチュアートの血を引くダーンリー卿ヘンリー・スチュアートと結婚し、息子ジェームズを出産する。何よりも正当なイングランドとスコットランドの王位継承権を持つ子供の誕生はスコットランド宮廷を揺るがせた。

メアリーの結婚、出産の知らせはイングランド宮廷とエリザベスの心をざわつかせた。しかし、結婚によって王室の混乱が深まるのを目の当たりにし続けてきたエリザベスは、愛する人が目の前にいたとしても、その争いを避けたかった。心を犠牲にしてでも、彼女には守らねばならないものがあった。「私は男になったの」。エリザベスの言葉にウィリアム・セシルは「この世は残酷な場所です」と返すのみだった。

メアリー・スチュアートは生まれた時からエリザベスⅠ世の王位継承権のライバルだった。ふたりの女王はお互いに意識し合い、同時に魅せられていた。
女性として世を治めるとはどういうことなのかは、このふたりにしか理解できなかった。誰よりも理解し合えたはずのふたりの女王。
ある時、お互いを恐れ続けたふたりの運命が交差する――。

■ 予告動画

■ キャスト
シアーシャ・ローナン
マーゴット・ロビー
ジャック・ロウデン
ジョー・アルウィン
ジェンマ・チャン
マーティン・コムストン
イスマエル・クルス・コルドバ
ブレンダン・コイル
イアン・ハート
エイドリアン・レスター
ジェームズ・マッカードル
デヴィッド・テナント
ガイ・ピアース

■ スタッフ
監督:ジョージー・ルーク
脚本:ボー・ウィリモン
音楽:マックス・リヒター
QA
■ 公開情報
2019年3月15日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマほか全国ロードショー!

■ 公式サイト
http://www.2queens.jp/

■ コピーライト
©2018 FOCUS FEATURES LLC. ALL RIGHTS RESERVED.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『ハッピーアイランド』

注目映画

  1. 2019年2月15日公開 映画『半世界』 最新情報 【スペシャル】旦那の成功を縁の下で支えたい…
  2. 映画『まく子』
    映画『まく子』 2019年3月15日(金)公開 最新情報 ・3/22:原作者西加奈子さんが描く…
  3. 4月5日公開 映画『麻雀放浪記2020』 ■作品紹介 【東京オ■■■■■■】中止!―なぜなら!第…
  4. 4月6日公開 映画『12か月の未来図』 ■作品紹介 パリ郊外。 移民、貧困、学力低下―。フラン…
  5. 3月8日公開 映画『運び屋』 ■『運び屋』最新情報 ニュース:全米1億ドル突破の大ヒット作『運…
  6. 3月23日公開 映画『こどもしょくどう』 ■作品紹介 ◇子ども食堂について 先進国の中では突…
  7. 2019年2月22日公開 映画『翔んで埼玉』 ■作品紹介 「テルマエ・ロマエ」シリーズの監督が…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る