『半世界』阪本順治監督&照明技師宗賢次郎さん登場!アップリンク渋谷で裏話をたっぷり披露!

『半世界』阪本順治監督&照明技師宗賢次郎さん

『半世界』阪本順治監督&照明技師宗賢次郎さん登場!
監督とスタッフだから語れる新事実が明らかに!

3月16日(土)、映画を愛する方々から熱い支持を得ているアップリンク渋谷にて映画『半世界』のスペシャルトークイベントが行われました。
これまでの舞台挨拶とは違い今回初めて照明技師の宗賢次郎(そうけんじろう)さんを招き、阪本順治監督自らが進行を務め、二人でないと語れない貴重なトークを展開し満員の観客を楽しませてくれました。

宗さんは阪本監督作品には照明助手として『KT』『座頭市 THE LAST』、『北のカナリアたち』に参加、その後『エルネスト』に続き今回の『半世界』で照明技師を務めました。監督の楽しいトークに笑いが起きながらも、初めて聞く映画のこだわりの数々に終始感嘆する声が会場に響きわたりました。「(稲垣)吾郎からは無理に笑いをとらなくていいと言われているので」と言いながらも「大阪出身なものでやはり笑いをとってしまいました」とサービス精神にあふれる阪本節全開の舞台挨拶は、30分程の時間もあっという間に過ぎ、最後には急遽観客の皆さんからの質問タイムが設けられるなど大いに盛り上がりました。

『半世界』阪本順治監督&照明技師宗賢次郎さん

トークイベント冒頭、上映劇場が「アップリンク渋谷」であるため、ホワイトスクリーンでの上映となり、「(撮影の時には)白を基調に発色を調整しているのでここでは僕らが見せたいものが見られます」と監督が説明、監督だからこその視点でシネコンで味わえる本作とはまた違い、アップリンクで観るからこその良さがあることが紹介されました。

続いて宗さんが「海も山も炭焼き小屋を中心に映画のトーンを考えていました。炭焼きの火の色からすべてを考えました。ゴールドというフィルターを使い、金色をオレンジの炎の色に混ぜて見せています」と照明の観点から本作へのこだわりを紹介。さらに、家のシーンやスナックで飲んでいるシーンでも、蛍光灯とは別に敢えてタングステンを使用しており、オレンジ色を様々なシーンで活用していることを明かしてくれました。これには観客の皆さんも関心しきりで、宗さんからの新たな観点により、今すぐにでも再度鑑賞したくなった様子でした。

半世界 稲垣吾郎 池脇千鶴

稲垣吾郎さん、長谷川博己さん、渋川清彦さんの中学の同級生たちが海辺でおしくらまんじゅうをするシーンに話題が及ぶと「実際、光源がなく、つくりものの街灯を用意したり、27メートルの工事用のクレーンに照明を乗せて撮影しました」と撮影現場の工夫についても語られました。ウバメガシという伊勢志摩備長炭の原料となる木が生息する急な斜面での撮影では、カメラ機材をあげることが一番大変だったというエピソードが阪本監督から語られると「阪本監督の現場はそうなのですが、みんなで協力してカメラ機材を持ち上げました」と阪本組のチームワークについて常連の宗さんならではのコメントも披露されました。

映画『半世界』阪本順次監督

阪本監督のオリジナル脚本であり、監督の実体験が多く描かれていることが語られてきた本作。長谷川さん演じる瑛介が部屋を整理している際、中学時代に瑛介が柔道で勝利をおさめた際にもらった赤いリボンを母親が大事に取っていたことを発見し涙するシーンについて、実は監督自身が毎日映画コンクールで受賞した際に受け取った赤いリボンをお母さまがとっておいてくれた実体験をもとにしていることが明かされました。

さらに急遽設けられた質問タイムでは、池脇さんが体調不良となったことにより台本が書き換えられた場面がどの辺りかという質問が…。

映画『半世界』池脇千鶴

これはひょっとすると映画ログプラスの池脇千鶴さんインタビューをご覧になってくださった方(!?)かもしれませんが、これに対し阪本監督は、そのシーンは夫婦が部屋でこれから寝ようとしているシーンであると回答。稲垣さん演じる紘が妻の初乃(池脇千鶴さん)の体を乗り越えて仏壇の灯を消すなど、夫婦のごく自然なやりとりが印象に残るシーンだったことが明かされました。台本上ではいくつかに渡っていたシーンを1つのシーンに融合させたそうで「それによって夫婦のとてもいいシーンが生まれました」と予想外の出来事によって本作をさらに味わい深いものに出来たことが伝えられました。

また、雨のシーンでも曇天であってほしいにも関わらず撮影当日が晴れの天気予報となってしまい「きつねの嫁入り」というセリフを入れようと「きつねの嫁入り」がはいった俳句をスタッフみんなで探したりと「追い詰められた時に挽回していくのがものづくりの醍醐味」との阪本監督の言葉に観客の皆さんも深く頷いていました。

「撮影していると最後までもっといいものがあるんじゃないか、もっといいエンディングがあるんじゃないか、と考えている」と阪本監督は語ります。監督や宗さんはじめスタッフ全員が、作品が完成する最後の最後までこだわりぬいて誕生した『半世界』をぜひ、劇場でご覧ください。

映画『半世界』は大絶賛全国ロードショー中!!





脚本・監督:阪本順治/出演:稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司
©2018「半世界」FILM PARTNERS
配給:キノフィルムズ

■予告動画

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.7点 (2019年3月16日更新)
・後を引く映画でした。日常何処にでもある夫婦、家族、友達であり、忘れていた事を思い出させてくれたり。それでいて見る人によって思い方も違うのではと思います。風景も綺麗ですが静かに半世界に引きずり込まれる不思議な感覚の映画です。最後は涙で色々と思うものがありました。又観たいです。二度目、三度目と思うものが違うような気もします。
・稲垣吾郎、長谷川博己、渋川清彦はもちろん脇を固める役者さんたちも良い。池脇千鶴の妻、母親役がぴったりはまっている。派手さはないけれど、こういう作品が日本映画の王道。稲垣吾郎の代表作になるのでは。
・とにかくネタバレをしたくない!あとを引く映画。3日間ひきずって、またあの住人に会いたくなる。内容解ってるのに、さらに号泣という繰り返し。
・映像も音もとても綺麗。後悔しないように生きて行きたい。阪本順治監督からの愛を感じた。
・妻役の池脇さん、そしてまんぷくで一生懸命インスタントラーメンを開発している長谷川さん。それぞれが主役級の演技、存在感ですね。ラストにかけて長谷川さんが主役って思った人もいるのでは!?
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  2. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  3. 8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  4. 映画『暁闇(ぎょうあん)』
    失くしたものをこんなに愛せると思わなかった。 映画『暁闇(ぎょうあん)』 7月20日(土)公開 …
  5. 8月16日公開 映画『命みじかし、恋せよ乙女』 ■イントロダクション ドイツ人監督ドーリス・デリ…
  6. 二ノ国
    8月23日公開 映画『二ノ国』 ■作品紹介 現実と隣り合わせなのに全く違う“もう1つの世界”…
  7. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る