大ヒット上映中『運び屋』俳優イーストウッドの集大成!90歳の“運び屋”の魅力とは!

“おじいちゃん可愛い“
“愛されお爺ちゃん” “ジジイ力にやられる”
90歳の現役、愛されジジィの生き様に憧れと共感の声!
クリント・イーストウッド監督&主演で贈る、前代未聞の実話

【ニュース】
アカデミー賞®受賞監督クリント・イーストウッド監督・主演最新作。『アメリカン・スナイパー』、『ハドソン川の奇跡』に続く、全米興収1億ドル突破の大ヒット作『運び屋』が、待望の日本公開を迎えた。俳優クリント・イーストウッドが自身の監督作としては『グラン・トリノ』(09)以来、10年ぶりの主演作としてスクリーンに帰ってきた。「今のハリウッドには自分が演じられる作品がない」と宣言し、一時は俳優引退もほのめかしたこともある名優の心を動かしたのは、前代未聞の“アウトロー”の実話だった。巨大な麻薬組織で、一度に最大300キロ、13億!巨額のコカインを運ぶ“伝説の運び屋”の正体は、90歳の老人だった。

大ヒット上映中『運び屋』俳優イーストウッドの集大成!90歳の“運び屋”の魅力とは!

名優イーストウッドが演じるのは、仕事一筋で家庭をないがしろにした挙げ句、事業の失敗で家財の一切を失ってしまった孤独な老人アール・ストーン。撮影時、実在の人物レオ・シャープと同じ87歳。イーストウッドが自身の人生に通ずる主人公の我が道を行く生き様を魅力的に演じる。主人公を追い詰めていく捜査官ベイツ役にはイーストウッドの後継者と言われ、イーストウッド監督作『アメリカン・スナイパー』では主演を、イーストウッドから譲り受けた『アリー/スター誕生』では初監督・主演を務め、アカデミー賞®でも絶賛されたブラッドリー・クーパー。実話サスペンスの傑作『運び屋』が大ヒット上映中だ。

イーストウッドが人生を重ねて演じる “運び屋” に注目が集まっている。愛されキャラを支持しているのは、意外にも若い世代!

映画ファンだけではなく、世代を超えて支持を集める我が道を行く男、アール・ストーンの魅力とは!

クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』以来10年ぶりに自ら主演を決めたのは、犯罪史上最高齢90歳の『運び屋』だった。ニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された記事を元にコカインの運び屋となった老人を描いた実話は、メキシコの壁をめぐるドラッグや高齢者社会など重いテーマを持ちながらも、我が道を行く主人公の姿にはユーモアが溢れ、「イーストウッドの最高傑作」との呼び声も高い。待望の日本公開を迎えると、長年のイーストウッドファンだけではなく、若い世代からの熱い支持を集めて大ヒットとなった。特に10代~20代の若者たちから、イーストウッドが演じる運び屋の生き様に対する共感が続々と発信されている。

大ヒット上映中『運び屋』俳優イーストウッドの集大成!90歳の“運び屋”の魅力とは!

本作の主人公アール・ストーンは、仕事に打ち込むあまり家族をないがしろにし、妻や一人娘と疎遠になってしまった孤独な老人。事業が傾き、家財を差し押さえられるほどに逼迫したところに「車を運転するだけで金になる」仕事を持ちかけられる。だが、それは巨大麻薬組織の運び屋だった。安全運転に自信がある彼は、カーラジオから流れるカントリーソングを口ずさみながら、マイペースに仕事をこなしていく。90歳にしてこの自由な姿に、ファッション評論家のピーコさんも「運転しながら歌う姿は、抱きしめてあげたくなった!!」とコメント。SNSでも「歌いながら食べながら飲みながら楽しそうに運転する姿には萌えが止まらなかったな〜おじいちゃん映画好きなら萌える事間違いない!」「ドライブする様は観てるこちらまで朗らかな気持ちになる」と評判を呼んでいる。

イカついマフィアを前にしても物怖じせず飄々とジョークを飛ばす。路上で困った人を見つけると、車を停めて人助けをする。麻薬組織から送り込まれた監視役には、アメリカで一番のポークサンドを振る舞い、時には人生の助言までおくる。火事で閉店に追い込まれた退役軍人クラブには、運び屋で稼いだお金を気前よく差し出す。アールの仕事は違法なのだが、その姿はどこかロビン・フッドのような慈善家を感じさせる。しかも、ひとまわりもふたまわりも年の離れた女性と遊ぶ“現役の男”なのだ。その自由奔放な生き様に、「イーストウッドの不良おじいちゃんが堪能できてステキだった」「こんなジジイに憧れる」「イーストウッドの「ジジイ力」に登場人物と観客の全員がやられてしまう」「可愛いジジイ観たい人におススメです」「チャーミングな頑固ジジィ役やらせたら右に出るものはいない」「イーストウッド史上最高に可愛いイーストウッド。超チャーミングなジッちゃん映画」「運び屋、おじいちゃん可愛い映画でした」「『運び屋』のイーストウッド、ホント超かわいい」「愛されお爺ちゃん映画でした…最高」など、憧れと共感の声が続出している。『グラン・トリノ』のニック・シェンクがイーストウッドのために書き上げた脚本をもとに、自分の人生を重ねたかのようなユニークなキャラクターを創り上げた。90歳になってもブレることなく我が道を行く主人公アールは、運び屋という仕事を続ける過程で、人々と出会い、人生にとってかけがえのない、大切なことを見つける。

「学ぶことに年齢は関係ない」と語るイーストウッドが、頑固に我が道を行く主人公を通して伝えようとしたメッセージは、日本でも大反響を巻き起こしている。現代社会を生きるすべての人に捧げられたクリント・イーストウッドの集大成となる傑作『運び屋』は大ヒット上映中!!!

その男、伝説の運び屋。大ヒット上映中!!

■ イントロダクション
前代未聞の実話。
巨大な麻薬組織で、巨額の麻薬を運ぶ腕利きの男。
全米麻薬取締局が必死に追跡した“運び屋”の正体は…なんと!90歳のジジィだった!

誰よりも自由で成り行き任せな男を、88歳!映画界の生ける伝説クリント・イーストウッドが自身監督作では10年ぶりの主演として演じる。
アールを追いつめる麻薬取締局の捜査官に『アメリカン・スナイパー』ブラッドリー・クーパー。

さらにローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア、マイケル・ペーニャ、ダイアン・ウィーストといったアカデミー賞Rの常連俳優共演で贈る、前代未聞の実話。

■ ストーリー
アール・ストーン(クリント・イーストウッド)は家族とも疎遠で、孤独な90歳の男。

商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられるが、それが実は巨大麻薬組織の「運び屋」だった…。

■ 予告動画

■ キャスト
一度に13億円相当のドラッグを運んだこともある伝説の運び屋アール・ストーン
クリント・イーストウッド

イーストウッドが演じるアールを追い詰める麻薬取締局の捜査官
ブラッドリー・クーパー
ローレス・フィッシュバーン
マイケル・ペーニャ
ダイアン・ウィ―スト
アンディ・ガルシア
アリソン・イーストウッド
タイッサ・ファーミガ 他

■ スタッフ
監督:クリント・イーストウッド
「許されざる者」(1992)「ミリオンダラーベイビー」(2004)アカデミー賞監督、作品賞受賞
脚本:ニック・シェンク(「グラン・トリノ」)

■ 公開情報
2019年3月8日(金)、ロードショー

■ 公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/hakobiyamovie/

■ コピーライト
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 3.7点(2019年3月18日更新)
・予想を裏切りとても良い出来の映画だった。まさに、「今の年齢でしかできない演技」をイーストウッドが見せてくれる。
・なかなかユーモラスでおもしろかった。運び屋として使うほうもいいところに目がいったもんだと思う。
まさか、90歳の老人が・・・予期せぬことがおきてもタイミングよく?と言うか運よく切り抜けられているところが、フフッって感じ。
この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

映画『運び屋』

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 『スウィート・シング』日本版ポスター&場面写真解禁
    ⽶インディーズのアイコン、アレクサンダー・ロックウェル監督、25 年ぶりの⽇本劇場公開作 『イン・…
  3. 護られなかった者たちへ,画像,佐藤健
    日本中を衝撃と感動で包み込む ヒューマン・ミステリー 「このミステリーがすごい!」受賞作家・中山…
  4. 最高の愛と友情がもたらした、心揺さぶる希望の実話 2015年に「Esquire」誌に掲載され全米雑…
  5. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  6. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  7. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
関口メンディーさん×小森隼さん昨日より赤く明日より青く』【インタビュー】
ページ上部へ戻る