映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』予告映像解禁!

とびっきりの笑顔になれる大冒険の舞台は
<アイスの国>!!
新キャラクターたちが登場する予告映像初解禁!

【ニュース】
30年以上もの間、日本中に「愛と勇気」を届けてきたみんなのヒーロー、アンパンマン。その生みの親・やなせたかし氏の生誕100周年にあたる今年、シリーズ第31作目となる映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』が6月28日(金)より全国公開となります。

本作は、<アイスの国>のお姫様“バニラ姫”とアンパンマンたちが、<アイスの国>を救うために奮闘する物語。今回のゲスト声優は、ヒロイン・バニラ姫役を女優の榮倉奈々さん、バニラ姫の教育係・ジェラート大臣役を人気お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞんさん、ばいきんまんが作った最強メカ“バイキンアイスロボ”役を同じくANZEN漫才のあらぽんさんが担当することが決定!この度、初披露となる予告編が解禁致しました。

初解禁となるこの予告編では、<アイスの国>のお姫様・バニラ姫と、その教育係であるジェラート大臣が登場!
カラフルなたくさんのアイスでできたお城に住むバニラ姫ですが、魔法のスプーンを使ってもなかなか上手にアイスが作れません。ジェラート大臣は厳しく指導しますが、ついにバニラ姫はお城を飛び出してしまいます!その途中でアンパンマンたちと出会ったバニラ姫は、みんなと過ごす中で、少しずつ大切なことを学んでいきます。しかし、バニラ姫のいなくなったアイスの国では、ばいきんまんが巨大な氷のキューブでできた最強メカ “バイキンアイスロボ”を使って大暴れ!

そんな大ピンチの中、アンパンマンたちは力を合わせてばいきんまんから<アイスの国>を救うことができるのでしょうか?そしてバニラ姫は、おいしいアイスを作りみんなを“笑顔”にすることができるのでしょうか!?やなせたかし氏が最も大切にしてきた“みんなの笑顔”。生誕100周年記念の今年は、日本中に“とびっきりの笑顔”を届けます!

■ ストーリー
雪山の中に“アイスクリームでできたお城”が高くそびえる国があります。ここは国の主が“魔法のスプーン”を使ってアイスを生みだし、そのアイスが世界中で愛されている<アイスの国>。その国のお姫様であるバニラ姫には、ある重大な“悩み”があります。なんと「アイスの国のお姫様なのに、アイスが作れない」のです!おかげで国中のアイスはすっかり無くなり、寒々しく寂しい場所に…。

毎日練習しているのに、全然アイスが作れないバニラ姫は、執事のジェラート大臣ともケンカばかりでついにお城を飛び出してしまいます!その途中でアンパンマンとコキンちゃんに出会ったバニラ姫は、「なぜ自分はアイスを作れないのか?」「何が自分に足りないのか?」をアンパンマン、そしてそのなかまたちと過ごす中で少しずつ学んでいきます。一方、バニラ姫のいなくなった<アイスの国>では、ばいきんまんが大暴れ!果たして、アンパンマンたちは<アイスの国>をばいきんまんから守ることができるのでしょうか!?そして、バニラ姫は“大切なこと”に気づき、アイスを作ることができるようになるのでしょうか!? みんなが<とびっきりの笑顔>になる大冒険が今始まります!!

■ 『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』予告編

6月28日(金)より 夏休みロードショー!

■ キャストコメント&プロフィール
【榮倉奈々さん】:バニラ姫役
「アンパンマンで育った」という認識がある程、子供の頃から大好きな作品でした!外で遊ぶことが大好きな子供でしたが、アンパンマンが始まるよ!のお母さんの声で走って家に戻っていた事をよく覚えています。そして、今は自分の子供と一緒に楽しませてもらっているところです。アンパンマン様!と思っています!そんな作品に参加できるなんて、嬉しい有難い×1000な気持ちです!アンパンマンの映画はどの作品もそうですが、大人になってから見ても学びがあり、心温まる作品ばかりだと思います。

アフレコ収録はこれからになりますが、周りの皆様にしっかりご指導いただき、完璧なバニラ姫を目指したいと思っています…今から緊張します。31歳になった今も私の心に残っているアンパンマン。映画を観てくださる誰かの心に残るバニラ姫になれるよう、頑張りたいと思っています。

映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』予告映像解禁!

~榮倉奈々プロフィール~:
1988年2月12日生まれ、鹿児島県出身。2004年にTVドラマ「ジイジ~孫といた夏~」(NHK)で女優デビュー。その後、「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」(06/CX)でTVドラマ初主演、『渋谷区円山町』(07)で映画初主演をつとめ、連続テレビ小説「瞳」(08/NHK)のヒロイン役で国民的人気を集める。その後も「Nのために」(14/TBS)、「99.9 -刑事専門弁護士-」(16/TBS)、「東京タラレバ娘」(17/NTV)、「この世界の片隅に」(18/TBS)、「僕らは奇跡でできている」(18/KTV/CX)など数多くのTVドラマに出演。また、映画出演作も多く、『僕は妹に恋をする』(07)、『余命1ヶ月の花嫁』(09)、『アントキノイノチ』(11)、『のぼうの城』(12)、『図書館戦争』(13)、『わたしのハワイの歩きかた』(14)、『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』(14)、『図書館戦争 THE LAST MISSION』(15)、『64(ロクヨン)』(16)、『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(18)など活躍を続けている。

[ANZEN漫才:みやぞんさん]
小さい頃からアンパンマンを見て育ちました。最近では甥っ子が沢山でき皆アンパンマンが好きなので、本当に嬉しく思います!代々伝わり続けるアンパンマンの凄さを感じ、プレッシャーもありますが、楽しみたいと思います!今回の映画のテーマの1つが「笑顔」との事ですが、やっぱり笑顔を見ると、そして笑顔で居ると安心すると信じています!母が昔仕事で疲れて帰ってくると僕を呼んで『だい!ニコッは!?』といわれ僕がニコっとすると、疲れがふっ飛んだといつも言っていました!

何もない僕でも笑顔は母を幸せにすると思ったのを鮮明に覚えてます!子どもの頃、唯一買ってもらった絵本がアンパンマンでした。アフレコはこれからですが、とにかく自分らしく楽しく取り組みたいですね!楽しい気持ちを吹き込みたいです!
本当にありがたいお話なので、アンパンマン色に染まりたいと思います!アンパンマン声優楽しくやるぞーやるぞーやるぞー!!!

映画『それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫』予告映像解禁!

[ANZEN漫才:あらぽんさん]
今回、アンパンマンの声優に決まったと聞いて、すごくビックリでした。今でも観ているので、話を聞いて甥っ子と姪っ子に早く教えてあげたいなと思いました。今回の映画のテーマの1つが「笑顔」とお聞きしましたが、笑顔はすごく自分や周りをポジティブにしてくれるものだと思います。アンパンマンみたいに元気と勇気を届けたいです!

~ANZEN漫才プロフィール~:
東京都足立区生まれの幼なじみによって2009年11月に結成されたお笑いコンビ。「ANZEN漫才」として主に歌ネタを得意とし、お笑いコンビどぶろっくの唯一の弟子。自主制作曲「足立区の歌」で足立CMグランプリに応募し、2年連続足立区長より賞を受賞。一度見たら忘れられない規格外の天然&天真爛漫さが魅力の「みやぞん」と、まん丸ニコニコ笑顔を絶やさない優しきコンビの頭脳役「あらぽん」による二人組で人気を博している。

<ストーリー>
雪山の中に“アイスクリームでできたお城”が高くそびえる国があります。ここは国の主が“魔法のスプーン”を使ってアイスを生みだし、そのアイスが世界中で愛されている<アイスの国>。その国のお姫様であるバニラ姫には、ある重大な“悩み”があります。なんと「アイスの国のお姫様なのに、アイスが作れない」のです!おかげで国中のアイスはすっかり無くなり、寒々しく寂しい場所に…。

毎日練習しているのに、全然アイスが作れないバニラ姫は、執事のジェラート大臣ともケンカばかりでついにお城を飛び出してしまいます!その途中でアンパンマンとコキンちゃんに出会ったバニラ姫は、「なぜ自分はアイスを作れないのか?」「何が自分に足りないのか?」をアンパンマン、そしてそのなかまたちと過ごす中で少しずつ学んでいきます。一方、バニラ姫のいなくなった<アイスの国>では、ばいきんまんが大暴れ!果たして、アンパンマンたちは<アイスの国>をばいきんまんから守ることができるのでしょうか!?そして、バニラ姫は“大切なこと”に気づき、アイスを作ることができるようになるのでしょうか!? みんなが<とびっきりの笑顔>になる大冒険が今始まります!!


■ 配給:東京テアトル
■ コピーライト:©やなせたかし/フレーベル館・TMS・NTV ©やなせたかし/アンパンマン製作委員会2019




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  3. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  4. 画像,殺さない彼と死なない彼女,桜井日奈子
    君の隣で、世界は変わる。 ■イントロダクション 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明…
  5. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  6. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  7. 画像,草間彌生∞INFINITY
    激動の1960年代ニューヨーク。 彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。 イントロダ…
ページ上部へ戻る