映画『マローボーン家の掟』メイキング写真&コメント紹介!

『ジュラシック・ワールド』の製作陣が仕掛ける震撼スリラー
ゴーストストーリー、サイコサスペンス、そしてその先へー
戦慄のシチュエーションスリラーはこうして作られた!
卓越した脚本と舞台に映し出される恐怖と緊張感

【ニュース】
『マローボーン家の掟』で監督デビューを果たしたセルヒオ・G・サンチェス監督。『永遠の子どもたち』『インポッシブル』で脚本を務め、巧な感情表現と臨場感を創出することで高い評価を得ており、本作でも遺憾なくその手腕を発揮。“掟”を守りながら暮らす兄妹たちが屋敷という閉ざされた環境で、迫りくる“何か”と対峙する恐怖と緊張感を見事に描き出した。セルヒオ監督は「この映画はマトリョーシカ人形を1つずつ開けていくように、新たな謎が解き明かされ、その度に映画の正体が変わっていくんだ。物語がファミリードラマからゴーストストーリー、サイコサスペンス、さらにその先へと姿を変え、最後には人形がならんでいるかのようにそれらが物語の中心を取り囲み、感情に結び付くんだ」と次から次へと物語が形を変え、どんどんスリルが加速する綿密に練られた物語の成り立ちを解説する。

そして物語に緊張感を与える重要な役割を担う “屋敷“もこだわりをもって選ばれた。ストーリーに込められた感情面をうまく引き出すために、セルヒオ監督の故郷であるスペインのアストゥリアスにて、セットではなく本物の屋敷で撮影。”恐怖に満ちた家ではなく、住人たちの心の状態を示す印象をあたえる家”を作り出し、恐怖、怒り、哀しみなど、さまざまな感情に揺れ動く登場人物たちの心情と呼応するかのような屋敷が物語のなかで息づいている。

卓越した脚本とこだわり抜かれた舞台、そしてもちろん一流のスタッフ・脚本で贈られる恐怖と緊張感が迸る戦慄のシチュエーションスリラーに注目だ!

■ キャスト
ジョージ・マッケイ
ミア・ゴス
チャーリー・ヒートン
マシュー・スタッグ
アニャ・テイラー=ジョイ

■ コピーライト
©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  2. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
  3. 画像,草間彌生∞INFINITY
    激動の1960年代ニューヨーク。 彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。 イントロダ…
  4. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  5. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  6. 画像,風の電話,モトーラ世理奈,西島秀俊
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
ページ上部へ戻る