『ULTRAMAN』ワールドプレミア実施!4月1日(月)よりNetflixにて全世界独占配信!

円谷プロが贈るフル3DCGアニメーション作品
Netflixオリジナルアニメシリーズ
『ULTRAMAN』 
木村良平“初・ULTRAMANスーツ”姿に大歓声!!
エースキラー役・平田広明の出演も解禁!
3月31日(日)ワールドプレミア 実施!
4月1日(月)よりNetflixにて全世界独占配信!

【ニュース】
ワールドプレミアを待ちわびる約800人の観客で場内は満席!熱気に包まれる中、上映開始前には、主題歌「Sight Over The Battle」を歌うOLDCODEXからのコメント映像が紹介され、「(楽曲を制作するにあたって)様々な要望をいただいて、その中から自分たちの答えを出せた楽曲になっていると思います。空の煌めきみたいなものをシンセサイザーで表しながら、地上の戦闘が多いというところでの重厚感をバンドで表し、何かを問いかけるようなメロディーにできたらいいなと、思って楽曲を作成しました。歌詞も、英雄ゆえの孤独みたいな、そしてなぜ人は戦うのか、深いところを自分たちなりの解釈と、自分たちの「ULTRAMAN」への思いを交えて作りました。「ULTRAMAN」の楽しみの一つになればよいと思います 」と観客に思いを伝えた。

 そして上映が終り、熱気と興奮冷めやらぬ中、白石稔の軽快なMCでイベントがスタート。まず最初に登場したのは、本作品をダブル監督として制作した神山健治監督と荒牧伸志監督。今日のワールドプレミアを受けて、神山監督は「スタッフ全員で2年くらいかけて作り上げてきたものが配信されるので楽しみです」と話し、荒牧監督は「上(劇場の2階席)で観ていたのですが、私自身が抑えきれない気持ちになりました。(今日の上映が)1、2話では物足りないのでは、と思ったのですが、神山さんと作り上げてきた作品ですし手前味噌ですが十分楽しめるな、と思いました」と、本作の仕上がりに十分な手ごたえと自信をのぞかせていた。

続いて、江口拓也・潘めぐみ・諸星すみれのキャスト陣が紹介されると、客席の通路を通って登場。人気声優たちが間近で見れるとあって場内ではひときわ大きな歓声があがり、キャストたちも笑顔で応えていた。演じたキャストたちからは、「まさに今、ご覧いただけたのですよね、早く続きを観てもらいたいです」(江口)、「感無量です。大好きなULTRAMANを明日から皆さんにみていただけるなんて、気持ちがはやっています」(潘)「今日のお披露目、嬉しいです。仕上がりのクオリティが高くて、大きいスクリーンで見れた皆さんがうらやましいです」(諸星)と、それぞれ今日のプレミアを迎えられた喜びの表情を浮かべていた。アフレコ現場の様子については、神山監督から「木村さんと江口さんは久しぶりだったけれど、2人の声が好きすぎるので(笑)アフレコが楽しみでした。昔からULTRAMANチームにいたのではと思えるくらいのチームワークを感じられて、楽しくアフレコができました」という話があり、ULTRAMAN愛にあふれる現場だったことがうかがえた。

そしてここまできて、主役の木村良平の姿が見えないことに少しざわつき始めると、MCが「みなさん、そわそわしていますが大丈夫です、会場に来てくれていますから!」とあおり、場内から拍手と歓声があがる中、アニメ本編内にも登場する「科学特捜隊」基地を思わせる舞台上の扉から木村が登場。そこには、ULTRAMANスーツ姿を来た木村の姿があり、登場するやこの日一番の歓声が沸き起こった。場内の反応に、木村はセンターで決めポーズをとりながら応え、「『これ着ていいんですか?』という感じで…本物ですよ、これ!本物のプロが本気で作った本物のスーツを声優の身で着させてもらえるなんて、嬉しいです!」と、興奮を隠しきれない様子。潘からは、「(スーツの後ろが人間の脊椎のようなデザインになっているところを見て)私、この脊椎になりたいです!スーツ姿のウルトラマンがマスクを取った状態で登場するのは初めてですよね」と熱い感想があり、荒牧監督からは「(木村のスーツの状態は)2話のラストの状態ですね。これでアフレコしてほしいですね(笑)」と、メカデザインの第一人者でもある荒牧監督も、スーツに感心している表情を見せていた。

また、当日は新たな情報も解禁され、エースキラー役で平田広明が出演していることが明らかになった。平田演じるエースキラーについては、「収録しているときも(キャラクターが)悪いなあ、と思っていたけれど、画がついたらやっぱり悪い。でも、格好良かったです」(木村)、「(ACEと対決する役柄なのですが)声を聴いた瞬間、これは勝てるのか…?と思いました」(潘)、「スーツを着た謎のキャラクターだったので自由度が高めなので、役柄を広げてもらいました。でも、ちょっとやりすぎだったかな(笑)」と、配信が待ちきれなくなるような、気になる証言が次々と飛び出していた。

■ ストーリー
かつてこの世界には〈光の巨人〉と呼ばれる存在がいた。やがて〈光の巨人〉はその役目を終え、遠い宇宙にある自らの故郷へと帰還し、同化していた地球人はそれまでの記憶を失うことで自らの在るべき場所へと戻っていった。ウルトラマンの存在は過去のモノとなり、科学特捜隊日本支部もその役割を終えて、光の巨人記念館へとその姿を変えていた。
早田進次郎は多感な思春期を過ごす高校生。だが彼は、自分が驚異的な跳躍力や頑丈な肉体といった人間離れした“普通”ではない力を持っていることを自覚していた。
そんなある日、進次郎は父・早田進が、かつてウルトラマンであったことを知る。
そしてウルトラマン無き地球に暗躍する宇宙人たちの存在も。
進次郎は、秘匿組織として健在する科学特捜隊の井手によって開発された、ウルトラマンスーツを着用できる数少ない適合者だった。
「単刀直入に言おう――キミにウルトラマンになってもらいたい」

■ 『ULTRAMAN』予告編

■ キャスト
早田進次郎:木村良平
諸星弾:江口拓也
北斗星司:潘めぐみ
早田進:田中秀幸
佐山レナ:諸星すみれ
井手光弘:魚建
エド:牛山茂
ジャック:竹内良太
遠藤庸介:花輪英司
倉田:関戸博一
白石:白石稔
アダド:津田健次郎
エースキラー:平田広明
ベムラー:曽世海司

■ 公式ホームページ
https://anime.heros-ultraman.com/

■ コピーライト
©円谷プロ ©Eiichi Shimizu,Tomohiro Shimoguchi ©ULTRAMAN製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  2. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  3. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  4. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  5. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  6. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  7. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る