『多十郎殉愛記』高良健吾の真面目すぎる殺陣稽古に監督も感動!メイキング写真一挙解禁!

『多十郎殉愛記』高良健吾の真面目すぎる殺陣稽古に監督も感動!メイキング写真一挙解禁!

日本映画界のレジェンド・中島貞夫が20年ぶりの復活!
平成最後のちゃんばら時代劇、誕生!!

【ニュース】
菅原文太「木枯らし紋次郎」シリーズ、「まむしの兄弟」シリーズ、「真田幸村の謀略」(1979年)など、50年以上に渡り数々の娯楽大作を世に送り出してきた中島貞夫監督の20年ぶりの長編時代劇で高良健吾主演「多十郎殉愛記」が、2019年4月12日(金)より全国公開。

幕末の京都。親の残した借金から逃げるように脱藩し、上洛してきた長州脱藩浪人・清川多十郎。大義も夢もない多十郎は好意を寄せるおとよの想いに気付きながらも、孤独であろうと日々を無為に過ごしていた。京都見廻組による取り締まりが強まる中、腹違いの弟・数馬も脱藩し、兄の元へとやってくる。その頃、町方からの注進で多十郎の存在を知った見廻組は、新撰組に先んじて手柄を立てようと多十郎の捕縛に動き出す。すべてを捨てた男。そんな男を愛した女。慕っていた兄を追う弟。三者三様、それぞれの想いを胸に、見廻組との死闘が繰り広げられる。果たして3人の運命は―。

『多十郎殉愛記』高良健吾の真面目すぎる殺陣稽古に監督も感動!メイキング写真一挙解禁!

本作は『京都撮影所の伝統である“ちゃんばら”を後世に伝えたい』という熱い思いから、日本映画界のレジェンドである中島貞夫監督が20年ぶりにメガホンをとった、平成最後の“ちゃんばら”時代劇。根無し草のように生きながらも、ひとたび剣を持てば凄まじい強さと色気を放出する新ヒーロー、多十郎を演じるのは、本作で初の本格的な“ちゃんばら”に挑んだ高良健吾。撮影の1ヶ月半前から京都に入り殺陣の稽古に励んだという高良は、本来は“斬る”だけの練習だけで良いにも関わらず、「斬られる側の気持ちが知りたい」と自ら“斬られる”稽古に参加。本作では斬られ役を演じられる役者が年々減っているということで、よしもとに所属する若手お笑い芸人たちがオーディションを経て多十郎を追う役人を演じているが、その芸人たちに混じって日々、稽古を積んだという。そんな高良の姿に監督は「高良ちゃん、分かってきたね!」と喜びの気持ちが溢れたという。

殺陣の指導は映画『太秦ライムライト』、『男たちの大和』、ドラマ「水戸黄門」、「大奥」など数多くの作品で活躍する東映剣会の清家三彦が担当。30年近くのキャリアを持つ殺陣師・清家は「今回の殺陣稽古はありがちな付け焼き刃的なものではなく、基本動作、体力、表現力をしっかり身につけ、気迫のこもった殺陣を目指しました。高良さんの殺陣に対して真正面から向き合い、努力する姿は素晴らしかったです。撮影中はその場で、『この状況で多十郎は何のために、どう動くのか』を一つ一つ高良さんと作り上げました」と、高良の真剣な役者魂について明かしている。

そして「30代最初の主演作で気合を入れて撮影に臨んだ」という高良健吾は「監督の演出は短い言葉の中に様々な意図が感じられ、これまでに経験したことがない現場だった」と語っている。半世紀以上に渡り日本映画界を牽引してきたレジェンド、中島貞夫監督の思いに応えるべく、キャスト、スタッフが一丸となって臨んだラスト30分の死闘は必見!平成最後の“ちゃんばら”時代劇、映画『多十郎殉愛記』は4月12日(金)より全国ロードショー。

4月12日公開 映画『多十郎殉愛記』

■作品紹介
時は幕末。京都の貧乏長屋に住む清川多十郎は、ワケありの小料理屋女将・おとよに何かと世話を焼かれながら、怠惰に日々を過ごしていた。
元々は長州で名うての侍だったが、親が残した借金から逃げるために流行りの脱藩浪人となった今は、己の鬼神のような剣の強さを持て余し、大義も夢もなく無為に日々を過ごしている。

一途なおとよの想いに気付きながらも、頑なに孤独であろうとする多十郎。その頃、新撰組の勢いに押されている京都見廻組は面目を保つため、取り締まりを強めていた。
ちょっとした喧嘩から恨みを抱いていた岡っ引きの密告により、多十郎の存在を見廻組に知られてしまう。
京都を不穏な空気が覆う中、勤皇を胸に腹違いの弟・数馬がやってくる。故郷へ帰るよう説得する多十郎と、自堕落に生きる兄を責める数馬。

そこへ見廻組が急襲し、数馬は目を負傷する。おとよに数馬を託し、二人が無事に京を離れるまで囮として町中を逃げ回り、追う役人を斬って斬って斬りまくる!多十郎にとって人生最初で最後の、命を懸けた戦いが始まった…!

■予告動画

■キャスト
高良健吾
多部未華子
木村 了
永瀬正敏(特別出演)
寺島 進

■スタッフ
監督・脚本:中島貞夫
脚本 谷 慶子
監督補佐 熊切和嘉
製作 「多十郎殉愛記」製作委員会
制作 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
制作プロダクション ザフール
制作協力 東映京都撮影所
配給 東映/よしもとクリエイティブ・エージェンシー

公開情報
2019年4月12日(金)

■公式サイト
http://tajurou.official-movie.com/

■コピーライト
©「多十郎殉愛記」製作委員会





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  2. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  3. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  4. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  5. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  6. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. アジア系女性初の快挙!映画『ノマドランド』第78回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート!
    フランシス・マクドーマンド主演 賞レース大注目作品! 賞レースを席捲する数多くの名作を世に送り出…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る