映画『マローボーン家の掟』4/1(月)開催 公開記念トークショー レポート

事故物件の専門家大島てる氏
映画監督松江哲明
二人のプロが恐怖の”掟”を徹底考察!!
「いつ日本で起きてもおかしくない。
自分の事として怖い作品」

【ニュース】
4月1日(月)に『マロ—ボーン家の掟』の公開記念トークイベントが開催され、事故物件情報サイトの管理人を務める大島てる、「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの構成も手掛けたドキュメンタリー監督松江哲明がゲストとして登壇。事故物件・映画 それぞれの”専門家”である 2 人が〈事故物件の掟〉〈ホラー映画の掟〉を考察し、本作の魅力を語り合うディープなトークを繰り広げました。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で絶賛を博したJ・A・バヨナが製作総指揮を務めた震撼サスペンス・スリラー『マローボーン家の掟』。森の中に佇む不気味な屋敷に暮らす兄妹に隠された恐ろしい秘密を描いた本作を鑑賞した大島は、「20 世紀の外国が舞台のフィクションの作品ですが、こういう事件日本で最近あったよなと感じました。まだ起きていなかったんだ、いつ日本に起きてもおかしくないなという印象を受けました」と我々にも身近に感じ取れるような恐怖が描かれていると語る。続いて松江は「子供達だけで生きていくという部分で、是枝裕和監督の『誰も知らない』という映画を思い出しましたね」とコメントし、続けて脚本やカット割、撮影方法について聞かれると、「スリラー映画だからといって特別闇を強調する作りではなくて、完成された絵画のような絵の中で自然光を生かして自然なタッチで撮っている絵作りがすごく美しいなと感じました。

それなのにものすごく脚本が練られていて、伏線がとにかくすごい。たくさんスリラー映画を観ている人でも最後まで結末に気がつかないんじゃないかと思いました」と全編に散りばめられた伏線と巧妙なストーリーを称賛。また「『永遠のこどもたち』の脚本を手がけた監督ということで、ギレルモ・デルトロの『パンズ・ラビリンス』や『デビルズ・バックボーン』といった映画の流れにある、登場人物の心の中をすごく深く見つけていくという作品なのでそういった映画が好きな人もすごく楽しめるはず」とスパニッシュスリラーとしての魅力を語った。

『スプリット』『ミスター・ガラス』のアニャ・テイラー=ジョイをはじめとする、今後の映画業界を牽引する若手俳優たちが多く出演する本作について「長男のジョージ・マッケイは過去に出演した『はじまりへの旅』でも、父親の存在を感じながら下の兄妹たちを守っていくという役でしたが、線が細いのにすごく芯がある」と主人公の演技を絶賛。

劇中で主人公たちマローボーン家の兄妹が不可解な”5 つの掟”を守りながら暮らすことにちなみ、イベントでは松江監督が「怖いホラー・スリラー映画の掟」をフリップで紹介。「1.主人公が会話をする相手に注意する」「2.上映時間がまだ残っているのに、ハッピーエンドで終わる」「3.社会状況を反映させた映画は現実への恐怖感が増す」と提示し、「今生きてる現実の社会をものすごくストレートに反映させている。それを社会映画としてではなくスリラー映画の枠の中でやってしまうのがすごいです」と本作にも共通する掟を語った。

全国の事故物件を回って巡り、事故物件のプロとも言える大島は「事故物件を見極める掟」を紹介。「1.ひとつの部屋だけリフォームされている」「2.建物の名前を変えている」「3.事故後 1 人目の入居者には言うが、2 人目以降には言わない」と知られざる事故物件事情を解説。「メディアに報道されて名前が知れてしまった等で画像検索の対策として建物の名前を変えたり色を変えたりすることがある。同時にそれが事故物件を見抜くポイントにもなる」新生活にも使える豆知識を語った。

最後に大島は「今の日本で起こりうる屋敷での事件・事故を連想させる屋敷モノです。楽しめるというより自分のこととして怖い作品で、犯罪を模倣してしまうようなヒントが散りばめられた作品なので皆さん真似しないように。この屋敷は紛れもなく事故物件なので隣の家には住みたくないですね。もし僕のサイトに上がっていたら炎がついてる(サイトに掲載の事故物件には炎のマークがついている)」と笑いを誘い、松江も「時間が経ってまた観たくなる作品」と映画鑑賞前の観客に本作を楽しむためメッセージを送った。

■ STORY
海沿いの森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマロ―ボーン家の 4 人兄妹は、不思議な”5つの掟”に従いながら、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4 人の希望に満ちた日々はもろく崩れ出す。

屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための“掟”が次々と破られ、心身共に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは……。

■ 『マロ—ボーン家の掟』本編映像編

■ キャスト
ジョージ・マッケイ
ミア・ゴス
チャーリー・ヒートン
マシュー・スタッグ
アニャ・テイラー=ジョイ

■ 公式ホームページ
www.okite-movie.jp

■ コピーライト
©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  2. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  3. 8月24日公開 映画『ジョアン・ジルベルトを探して』 ■作品情報 フランス生まれでブラジル音…
  4. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  5. 8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  6. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る