『JK☆ROCK』公開直前トーク&ライブイベントオフィシャルレポート

『JK☆ROCK』公開直前トーク&ライブイベントオフィシャルレポート

終わったはずの夢が、まだここにある―。
踏み出せない一歩をくれる、本気の青春ストーリー‼

西村まさ彦&若旦那が語る、「ロックとは自己肯定」‼
DROP DOLLの迫力のライブパフォーマンスに新宿大熱狂‼

【ニュース】
映画『恋人はスナイパー』(04)や、TVシリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による完全オリジナルストーリーで描かれる青春ムービー、『JK☆ROCK』が4月6日(土)に全国公開いたします。本作は、2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに描き上げた物語。

『JK☆ROCK』公開直前トーク&ライブイベントオフィシャルレポート

この度、公開に先駆けて本日4月3日(水)に、公開直前トーク&ライブイベントが西武新宿PePe広場で行われ、西村まさ彦、若旦那、DROP DOLL(ドラムボーカル/チヒロ、ギターボーカル/ユイナ、ベースボーカル/ユキノ)の3人が登場した。イベントは西村、若旦那の“ロック”な2人によるトークとDROP DOLLによるミニライブの2部構成。新宿のYUNIKAビジョンに本作の予告映像と西村が劇中で披露する「テルズ・ロック」のPVが流れると、ステージに西村と若旦那が登壇。劇中でロックカフェのオーナー・照雄役を演じた西村は、大型ビジョンに映し出された自分の歌う姿について「後ろで踊ってくれたDROP DOLLに助けられました(笑)」と照れながらコメント。

そのヤンキー仲間・竜吉役を演じた若旦那は、本作に参加した感想を聞かれ、「西村さんの近くで演技が出来たことが自分にとって収穫で、掛け合いも楽しくやらせて頂きました」と語った。ロックなオジサン役を演じた感想を聞かれた西村は「ロックは疲れる(笑)ロックをやっている人って真剣に人と向き合ってることが多いように思うんですね。全てにおいて真剣勝負なので、気が抜けないんですよ(笑)」とコメント。更に、若いフレッシュなキャストとの共演について「若者達の真っ直ぐな目に大分刺激を受けまして、彼らの熱い想いを受けて撮影してました」と語った。

同じく撮影の思い出を聞かれた若旦那は「雨が多くて天候に左右されたりしたんですけど、皆の息が合っていて、いい映画になっなぁ~と思いますね。あと、ランボルギーニは印象的でしたね(笑)あれだけで映画が出来ちゃうんじゃないかなって位インパクトある(笑)」とコメント。劇中で西村が「ロックとは何だ」と質問されるシーンに因んで、<ロックとは何か>という質問を改めて司会からふられた西村は「自己肯定。それと魂の叫びですね」と即答。若旦那「僕は音楽をやっているので改めて“ロックとは”って聞かれると大きすぎて分からないんですけども。

『JK☆ROCK』公開直前トーク&ライブイベントオフィシャルレポート

西村さんが仰っていた自己肯定、世の中がダメって言っているものに対して、音楽を通してだったら肯定できる、というのはありますね」とコメント。また本作の打ち上げで、主演の福山翔大が学生の頃からよく歌っている湘南乃風の「睡蓮花」をカラオケで歌ったということについて、若旦那は「誰かの思い出になっているというのは嬉しいですね。ただ湘南乃風は今も続けているので、今の状態も聞いて欲しいです(笑)」と笑いながら語った。最後に、映画の見どころを聞かれた西村は「夢を追いかける若者達の熱き想いを、皆様映画館で受け止めて下さい‼」とコメント。

若旦那は「DROP DOLLの演奏が思った以上に上手くて、楽屋でのトークも面白かったので(笑)今後も活躍を楽しみにしております」と語り、トークイベントは終了。続いて登壇したDROP DOLLが本作の主題歌「シークレットボイス」を含むミニライブを繰り広げ、会場は一気にヒートアップ。ロックなトークとライブで公開への期待が高まる中、イベントは大盛況のまま幕を閉じた。

映画『JK☆ROCK』公開直前トーク&ライブイベント概要
●日時:4月3日(水)
●場所:新宿PePe広場(東京都新宿区歌舞伎町1−30−1)
●登壇者(敬称略):西村まさ彦、若旦那、DROP DOLL(チヒロ、ユイナ、ユキノ)

4月6日公開
映画『JK☆ROCK』

■イントロダクション
2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちのひたむきな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく青春ストーリー。
映画『恋人はスナイパー』(2004 年)や、TV シリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による完全オリジナル作品で、音楽に熱い気持ちをぶつける青年と女子高生たちの青春を描いていく。

才能がありながらも音楽への気持ちを諦め、別の道に進もうとする丈を演じるのは、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」や映画『土竜の唄 香港狂騒曲』(2016年)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017 年)、ミュージカル『薄桜鬼 原田左之助篇』(2017年)など、TVドラマや映画、CM や舞台など幅広く活躍する福山翔大。2019年も2月22日公開の映画『翔んで埼玉』や『ジャンクション29』、春公開の『五郎の新世界』など、続々と出演作が控えており、その端正なルックスと演技力に注目を集めている。

過去の出演作でギター演奏の経験があった福山。本作で「JoKers」のギターボーカルとして、激しく頭を振り乱したギターパフォーマンスや、アコースティックギターでの弾き語りを披露している。事前に譜面をもらい、撮影時にはすでに弾けるようになっていたという福山に、本作の音楽指導を担当した横川雄一氏は「歌については、本当に才能があり熱量を感じた。バンドのライブシーンでは、動きも含めてパフォーマンスが上手く、本物のカッコいいバンドのボーカルのようだった。」とコメントしており、まさにライブ会場にいるような臨場感のある演技を見せている。

そんな福山を支えるキャスト陣には、ネクストブレイク必至の若手俳優から実力派ベテラン俳優が集結。丈たちを見守る、お調子者のロックカフェ店長・照雄役を演じるのは、映画『家族はつらいよ』シリーズでもおなじみの、幅広い役で映画やドラマにかかせない演技派名バイプレイヤー西村まさ彦。本作でも圧倒的な存在感で、コミカルなエッセンスを加える重要な役を担っている。また、「JoKers」では丈と人気を二分し、解散と共にアメリカデビューを果たしたもう一人の「JOE」香月丞を演じるのは、ジュノンスーパーボーイコンテストファイナリストに選ばれ、「仮面ライダーゴースト」で人気に火が付いた山本涼介。「仮面ライダーアマゾンズ」に出演しており、今春公演の「僕のヒーローアカデミア」The“Ultra”Stageへの出演も話題の小林亮太、舞台を中心に活躍 しており、2018年12月から公演の『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』〜Memory of Marionette〜に出演している熊谷魁人も、JoKersのメンバーとして出演している。

さらに、高島礼子、本田博太郎、橋本マナミ、映画『ドロップ』(2009年)以来の映画出演となる湘南乃風の若旦那など、豪華キャスト陣が脇を固めている。主題歌は、実際に現役女子高生バンドとしてデビューを果たした DROP DOLL(ドラムボーカル/チヒロ、ギターボーカル/ユイナ、ベースボーカル/ユキノ)の新曲「シークレットボイス」が決定。劇中でも披露している真っ直ぐで疾走感のあるサウンドが、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を描いた本作を、さらに盛り上げている。


■ ストーリー
二人の「JOE」を中心に結成した大人気ロックバンド「JoKers」。人気絶頂の中での突然の解散から1年後、「JOE」(山本涼介)は米デビューを果たし、もう一人の「JOE」・海江田丈(福山翔大)は解散をきっかけに音楽をあきらめ、別の道を進もうと大学で退屈な日々を過ごしていた。

丈ともう一度音楽をやりたいJoKersのメンバー・晴信、昴に相談されたロックカフェオーナー・照雄(西村まさ彦)は、思い付きで初心者女子高生バンド「DROP DOLL」を結成させ、丈に指導させることで音楽への情熱を取り戻させようとする。突然バンドを組むことになった桜、真緒、リナの3人は、丈の厳しい指導に反発しながらも音楽の楽しさに夢中になっていく。

そんな真っ直ぐな彼女たちを見ているうちに、徐々に音楽への想いがよみがえる丈。しかし、彼女たちの初ステージが目前に迫った時、帰国した「JOE」が現れ、JoKers解散の本当の理由が明らかになる―。

■ 予告動画

■キャスト
福山翔大
山本涼介
小林亮太
熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ)
結 那(DROP DOLL . ユイナ)
三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂
金井勇太
橋本マナミ
若旦那
吹越 満
本田博太郎
高島礼子
西村まさ彦

■ スタッフ
監督:六車 俊治
脚本:谷本佳織
音楽:遠藤浩二
音楽指導;横川雄一
主題歌 「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ
製作総指揮:影山龍司
プロデューサー:岩城レイ子
プロダクション統括:木次谷良助 
制作協力:東映東京映撮影所
配給・宣伝:ファントム・フィルム
宣伝協力:マンハッタンピープル
音楽協力:デビュン  
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT

■ 公開情報
2019年4月6日(土)新宿バルト9他 全国ロードショー

■ 公式サイト
https://jkrock-movie.jp/

■ コピーライト
©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,だれもが愛しいチャンピオン,スペイン
    イントロダクション スペインで一大旋風を巻き起こした話題作がいよいよ日本上陸! これは、実在する…
  2. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  3. 『フォードvsフェラーリ』(原題: Ford v. Ferrari)
    マット・デイモン×クリスチャン・ベイル二大スター共演!映画『フォードvsフェラーリ』 イントロダク…
  4. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  5. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  6. 画像,mellow
    街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋 を舞台に巻き起こる恋愛群像エンターテインメント! …
  7. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
ページ上部へ戻る