福山翔大が人生一度の初主演初日舞台挨拶を目に焼き付ける!映画『JK☆ROCK』【舞台挨拶レポート】

映画『JK☆ROCK』

福山翔大が人生一度の初主演初日舞台挨拶を目に焼き付ける!
映画『JK☆ROCK』初日舞台挨拶に福山翔大、山本涼介、小林亮太、熊谷魁人、DROP DOLL、六車俊治監督が登壇!

4月6日(土)、東京都内の新宿バルト9にて映画『JK☆ROCK』初日舞台挨拶が行われ、主演の福山翔大さんをはじめ山本涼介さん、小林亮太さん、熊谷魁人さん、DROP DOLLチヒロさん、ユイナさん、ユキノさん、六車俊治監督が登壇しました。

映画『JK☆ROCK』

本作は、映画『恋人はスナイパー』(04)や、TVシリーズ「仮面ライダーアギト」などを手がけた六車俊治監督による完全オリジナルストーリーで描かれる青春ムービー。
2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていた、自身の所属するロックバンド「JoKers」の突然の解散をきっかけに、音楽を捨ててくすぶっている主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちの真っ直ぐな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく、音楽へのひたむきな想いを抱く若者たちの姿を爽やかに描き上げた物語。

主人公・丈を務めるのは、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」や映画『土竜の唄~香港狂騒曲~』(16)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)など、TVドラマや映画、CMや舞台など幅広く活躍する期待の若手俳優・福山翔大さん。本作が初主演となります!
また、「JoKers」で丈と人気を二分し、解散と共にアメリカデビューを果たしたもう一人の「JOE」香月丞を演じるのは、ジュノンスーパーボーイコンテストファイナリストに選出され、「仮面ライダーゴースト」で人気に火が付いた山本涼介さん。さらに、実際に現役女子高生バンドとしてデビューを果たしたDROP DOLL(ドラムボーカル/チヒロ、ギターボーカル/ユイナ、ベースボーカル/ユキノ)が主題歌を担当し、劇中でも真っ直ぐで疾走感のあるサウンドを披露しています。

―― まずは一言ご挨拶をお願いします。

映画『JK☆ROCK』福山翔大さん(海江田 丈 役)

福山翔大さん(海江田 丈 役)

福山翔大さん(海江田 丈 役):
皆さん、おはようございます。
土曜の朝から映画『JK☆ROCK』の初日舞台挨拶にお越しいただきありがとうございます!

映画『JK☆ROCK』山本涼介さん(香月 丞 役)

山本涼介さん(香月 丞 役)

山本涼介さん(香月 丞 役):
昨年の夏に撮影し、やっとこの日を迎えることが出来て嬉しく思っています。この作品が大きく羽ばたくように皆さんの力をお借りしたいと思います。よろしくお願いいたします。

映画『JK☆ROCK』小林亮太さん(東海林 晴信 役)

小林亮太さん(東海林 晴信 役)

小林亮太さん(東海林 晴信 役):
人生初の公開初日舞台挨拶になるのですが、普段から鑑賞に来ているこの「バルト9」のここに立てていることが凄く嬉しいです。

映画『JK☆ROCK』熊谷魁人さん(神保 昴 役)

熊谷魁人さん(神保 昴 役)

熊谷魁人さん(神保 昴 役):
公開を楽しみにしていたので皆さんに観ていただくことが出来て嬉しく思っています。僕も初の舞台挨拶で緊張しています。

映画『JK☆ROCK』DROP DOLL ドラムボーカル/チヒロさん(桜 役)

DROP DOLL ドラムボーカル/チヒロさん(桜 役)

DROP DOLL
ドラムボーカル/チヒロさん(桜 役)
こんにちは!
この映画は私たちの高校生活や青春を全てつぎ込んだので、バンドのアツい気持ちが皆さんに伝わっていれば嬉しいです。

映画『JK☆ROCK』DROP DOLL ギターボーカル/ユイナ(真緒 役)

DROP DOLLギターボーカル/ユイナさん(真緒 役)

DROP DOLL
ギターボーカル/ユイナさん(真緒 役)
この映画を観て今感じていることは人それぞれだと思います、音楽に興味を持ってもらったり、皆さんの背中を押すことが出来るような作品になっていたら嬉しいです。

映画『JK☆ROCK』DROP DOLL ベースボーカル/ユキノ(リナ 役)

DROP DOLL ベースボーカル/ユキノさん(リナ 役)

DROP DOLL
ベースボーカル/ユキノさん(リナ 役)
この日のために色んなことを乗り越えてきたので、このステージに立てて本当に嬉しいです。

映画『JK☆ROCK』六車俊治監督

六車俊治監督

六車俊治監督:
本日から全国で公開となりますので、是非皆さん全国のお知り合い、親戚の方々に宣伝、口コミをお願いします!

―― 2人の「JOE」が登場する本作に因み、福山演じる【海江田丈】と山本演じる【香月丞】のどちらが自分に近いと思いますか?ご本人たちではなく、小林さんと熊谷さんからお答えください!

小林亮太さん:
難しくないですか?

―― 初日はだいたいこういう質問が来るんですよ!

映画『JK☆ROCK』

小林亮太さん:
そうか、(舞台挨拶が)初めてだから(笑)
現場にいた感覚としては翔大君がかなり走っているシーンが多いイメージで、信念に向かって真っ直ぐに進む姿としては海江田丈に近ければいいなという理想はあります。海江田丈に一票!

―― 続いて熊谷さんはどうですか?

熊谷魁人さん:
僕も海江田丈の方が近いかな…
ライブとかバンドに対して熱いものを持ったキャラクターだったので、自分も芝居とかになるとアツくなってしまうので、そこが似ているように思います。

映画『JK☆ROCK』

山本涼介さん:
2-0で落ち込んでいますよ…

―― 山本さん、待って下さい!DROP DOLLは一気に3票入りますから。どっちの方が好きかでもOKです、代表してチヒロさんお願いします。

映画『JK☆ROCK』DROP DOLL ドラムボーカル/チヒロさん(桜 役)

DROP DOLLチヒロさん:
ガチのですか?
海江田丈です!!
私たちもバンドをやっているので、バンドに対して熱くなっている所とか、好きじゃないと熱くなれない、好きだからこそこだわっていて、私たちにも似ているなと思いました。

―― 山本さんは熱さとは違ったクールな丞ですからね。

映画『JK☆ROCK』福山翔大さん(海江田 丈 役)

福山翔大さん:
今のコメントを聞いていると、不完全な人の方がいいのかな~。(香月丞)は完璧だもんな~(笑)。海江田丈はちょっとワガママというか。

―― なんだか皆さん気を遣う感じになっていますけど(笑)

山本涼介さん:
そんなに落ち込んでないですから(笑)

―― 先日新元号“令和”が発表されましたが、お2人が“踏み出したい一歩”を教えてください。

福山翔大さん:
完成披露でもこの質問聞かれまして(笑)そこからスパンが短いので…変わりましたか(小林さん)?

山本涼介さん:
平成から令和に変わりますけど、自分的には何も変わらないですきっと。

福山翔大さん:
ちなみにその時はどう答えたんですか?

山本涼介さん:
「一人暮らし」です。

福山翔大さん:
六車監督は?

六車俊治監督:
インドです。まだ行っていないので、令和に持ち越します。

福山翔大さん:
僕も(完成披露から)変わらず“日々挑戦”ということにさせて下さい!

―― ありがとうございます。実は本日とても嬉しい発表が福山さんからあるんです。

福山翔大さん:
イタリアで開催される《ウーディネ・ファーイースト映画祭》のコンペティション部門で、この映画『JK☆ROCK』の上映が決定いたしました!!

(舞台上、会場大きな拍手!)

―― やりましたね!そして福山さん言えましたね(笑)

福山翔大さん:
《ウーディネ・ファーイースト映画祭》を言えるように裏でずっと練習してました(笑)。
日本で作られた映画がイタリアの方にどう届くのか気になります。

六車俊治監督:
きっとうるさいんじゃないですかね、ノリノリで。ランボルギーニが出てきたら特に!

映画『JK☆ROCK』山本涼介さん(香月 丞 役)

山本涼介さん:
世界中に観てもらえるなかなかない機会ですし、リアクションも大きく観てくれるのかなと思うと、スケジュールは空けますけど…(笑)

※昨年社会現象を起こした『カメラを止めるな!』が、《ウーディネ・ファーイースト映画祭》で観客賞を受賞しており、本作のヒットにも期待が広がる嬉しいニュースとなった。

 <ここで4月に入り、新しい環境での生活に悩みを持っている方々に、キャストがアドバイスをする特別コーナーが設けられると、今年が学生最後という方から「学生時代にやっておいた方がいいことや、後悔はありますか?」という質問が飛び出すと…>

福山翔大さん:
色々な媒体でお話しているのですが、僕は高校時代友達と遊んでいないので(笑)
時間のある時に出来るだけ遊んで下さい。遊んでおかないと同窓会とかも呼ばれないので(笑)僕呼ばれてないので、どう入り込んでいこうかと…(笑)

山本涼介さん:
逆に僕は友達と遊び過ぎていたので(笑)同窓会の誘いもいっぱいきます!
学生の特権と言ったら制服なので、制服デートとか制服ディズニーとかやっておいた方が良かったなと思います。

―― 現役女子高生のDROP DOLLからどうですか?

DROP DOLL
制服ディズニーは行きたいですね。大勢で連写してジャンプして!

―― 最後に福山さんからご挨拶をお願いします。

映画『JK☆ROCK』福山翔大さん(海江田 丈 役)

福山翔大さん:
映画って先ず人に届かないと始まらないので、作品を素敵と思って下さった方は是非身近な方に伝えて欲しいです。
初主演映画の初日舞台挨拶で、こういう機会は僕の人生の中で今日が最初で最後なので、この景色を目に焼き付けて、今後も俳優人生を頑張っていこうと思います。
『JK☆ROCK』を是非応援してください。本日はありがとうございました!

最後に観客席に入ってのフォトセッションが行われ、イベントは幕を閉じました。

映画『JK☆ROCK』は、新宿バルト9他 全国公開中!




■キャスト
福山翔大
山本涼介
小林亮太
熊谷魁人
早間千尋(DROP DOLL . チヒロ)
結 那(DROP DOLL . ユイナ)
三宅ゆきの(DROP DOLL . ユキノ)
吉本実憂
金井勇太
橋本マナミ
若旦那
吹越 満
本田博太郎
高島礼子
西村まさ彦

■スタッフ
監督:六車 俊治
脚本:谷本佳織
音楽:遠藤浩二
音楽指導;横川雄一
主題歌 「シークレットボイス」(DROP DOLL)徳間ジャパンコミュニケーションズ

製作総指揮:影山龍司
プロデューサー:岩城レイ子
プロダクション統括:木次谷良助
制作協力:東映東京映撮影所
配給・宣伝:ファントム・フィルム
宣伝協力:マンハッタンピープル
音楽協力:デビュン
製作:KAGEYAMAJUKU ENTERTAINMENT

■公式サイト
https://jkrock-movie.jp/

■コピーライト
©2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ

JK☆ROCK

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  2. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  3. 9月28日公開 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 ■イントロダクション 何杯の…
  4. 劇場版「冴えない彼女の育てかた Fine」
    『冴えカノ』ついに完結へ! 劇場版『冴えない彼女の育てかた Fine』 10月26日 (土) 公…
  5. マレフィセント2
    大ヒット上映中! 映画『マレフィセント2』 ■イントロダクション ディズニー・クラッシック・ア…
  6. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  7. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…

Facebook





ページ上部へ戻る