名匠ガス・ヴァン・サント監督3年ぶりの新作『ドント・ウォーリー』劇場用マナーCM解禁!

世界で一番皮肉な実在の風刺漫画家
ジョン・キャラハンを演じ切るホアキン・フェニックスが
劇場用マナーCMに登場!
さらに漫画家 二ノ宮知子、みうらじゅん、やくみつる等
共感溢れる絶賛コメント到着!

【ニュース】
2014年他界したロビン・ウィリアムズが製作・主演を熱望した風刺漫画家ジョン・キャラハンの半生を描いた本作。今回完成した劇場用マナーCMでは、キャラハンを演じるホアキン・フェニックスの様々なシーンを盛り込み、「Don’t タバコ!」、「Don’t電話!」、「Don’t 撮影・録音!」、「Don’t 大声!」と、タイトルの“Don’t”を連発し、劇場マナーをお知らせ。さらにはキャラハン自身のイラストも登場し、本作の世界観とユーモアを先取りできる内容となっています。
さらに『のだめカンタービレ』、『七つ屋志のぶの宝石匣』等の代表作を持つ二ノ宮知子さん(漫画家)、みうらじゅんさん(イラストレーターなど)、やくみつるさん(時事漫画家)等からの本作へのコメントが解禁。
赤塚不二夫さんと親交のあったライター北吉洋一さんからのコメントのように、“ドント・ウォーリー”=「これでいいのだ!」を彷彿とさせる、ポジティブなコメントが本作の持つ魅力を伝えてくれます。

二ノ宮知子 (漫画家 『のだめカンタービレ』『七つ屋志のぶの宝石匣』)
生ぬるい自分を皮肉るネタで食ってるわたしにこれをみせるの!(笑)
泣いたわ。みんな何とかなるんだ。

みうらじゅん (イラストレーターなど)
何だかんだ言っても人の一生ほど面白いものはない。
真理こそあれどポディティヴに生きる者に正解などない。
だって答はいつも風に舞ってるんだもの(BY ボブ・ディラン)

やくみつる (時事漫画家)
共感!皮肉、諧謔は生きるエネルギーになり得るってこと。
今や絶滅危惧種の皮肉系ヒトコマ漫画。その行く末はかなり心配(ウォーリー)だけれど。

ロバート キャンベル (日本文学研究者)
ランダムに散りばめられた名場面の演技と風景に熱い命が宿っている。
斜面を一段ずつゆっくり上っていく人生って悪くないな。

よしひろまさみち (映画ライター)
日々不満げに生きるより、前向きに生きた方が人生ン億倍楽しい。
それもこれも理解してくれる人がいればこそよね、と教えてくれる。

山本浩未(ヘア&メイクアップアーチスト)
弱いからこそ見つけられることがある。
弱さは強みに変えられる、大丈夫!

北吉洋一 (ライター)
『ドント・ウォーリー』を赤塚不二夫の名セリフ「これでいいのだ!」と訳しながら観た。
主人公も赤塚さんもアルコール依存や病いと向かい合いながら、 常に現実を肯定し、漫画を描いてきた。その前向きの姿勢が素晴らしい。主演のホアキン・フェニックスが圧巻!

野村訓市 (編集エディター)
『ドラッグストア・カウボーイ』や『マイ・プライベート・アイダホ』とは違う。
けれどあの頃に観た『いまを生きる』と似た感情を抱かせる。
映画が描く人生を生きるための12ステップ。これからを生きる

伊藤さとり (映画パーソナリティー)
ガス・ヴァン・サント監督が愛しいと思うユニークなキャストの演技に魅せられ、破天荒な人生に驚愕する。生への執着を斜めから見るとこんなにチャーミングだとは!
(順不同・敬称略)

【ストーリー】
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハン(ホアキン・フェニックス)は、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める。人生を築き始めた彼のそばにはずっと、彼を好きでい続ける、かけがえのない人たちがいた・・・。2010年、59歳で他界した世界で一番皮肉屋な風刺漫画家の奇跡の実話。

■ 『ドント・ウォーリー』劇場用マナーCM編

■ キャスト
ホアキン・フェニックス
ジョナ・ヒル
ルーニー・マーラ
ジャック・ブラック

■ 公式ホームページ
www.dontworry-movie.com

■ コピーライト
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

5月3日(金・祝)ヒューマントラストシネマ有楽町
ヒューマントラストシネマ渋谷
新宿武蔵野館他全国順次公開




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  2. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  3. 9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』 ■作品紹介 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読…
  4. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る