『ザ・バニシング -消失-』公開記念<劇場限定コラボメニュー販売のご紹介>

劇場限定の怪しいコーヒーが販売!!!
真実を知りたければ飲むしかない・・・!
いよいよ明日公開!『ザ・バニシング -消失-』
公開記念「バニシングコーヒー」が劇場に登場!!

【ニュース】
1988年、一つの作品が映画史に爪痕を残した。同年オランダ映画祭で最優秀作品賞を受賞、その他世界中の映画祭で喝采を浴び、30年を経た現在でも海外映画批評サイトRotten Tomatoesで98%の高評価を獲得しているサイコロジカル・サスペンスの金字塔『ザ・バニシング -消失-』。そのあまりに絶望的で魅力のあるラストは、『サイコ』(60)、『羊たちの沈黙』(91)、『セブン』(95)を超えるとの呼び声も高く、巨匠スタンリー・キューブリックが3回鑑賞し、「これまで観たすべての映画の中で最も恐ろしい映画だ」と絶賛した。
4月12日(金)公開初日より、シネマート新宿では本作の公開を記念した特別ドリンク「バニシングコーヒー」(税込み¥300)の提供が開始される。これは映画『ザ・バニシング -消失-』をより深く知り、より深く味わうことを目的にシネマート新宿で独自開発されたオリジナルドリンク。映画本編で絶望的クライマックスへのカギとなる超重要アイテムとして花柄の水筒にいれられ登場するコーヒーをベースに、「バニシングコーヒー」も花柄の水筒から一杯ずつ丁寧に注がれて提供され、中身はウィスキーが効いたアイリッシュコーヒーとなっている。鑑賞前の一口は、これから始まる映画の異常世界に対処する準備として最適だが、本編鑑賞後は、言葉を失いうつむきながらも、もう一杯飲まざるを得ない自分に気づくという、映画同様、勇気と覚悟が必要な危険なコーヒーである。また品名通り、この世から消えてしまいたいという方にも絶好のコーヒーといえるかもしれない。なお、「バニシングコーヒー」は水筒の容量が限られているため、一度に多くを提供できない。その意味でも一杯ずつが貴重なものとなる。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
<商品詳細>
品名: 「バニシングコーヒー」
価格: ¥300
販売期間: 4/12(金)から公開終了まで
販売場所: シネマート新宿
※アルコールのため、未成年者への販売は致しません。ご了承下さい。

【ストーリー】7月、オランダからフランスへと車で小旅行に出掛けていたレックスとサスキア。立ち寄ったドライブインで、サスキアは忽然と姿を消してしまう。必死に彼女を捜すも手掛かりは得られず、3年の歳月が経過。依然として捜索を続けるレックスの元へ、犯人らしき人物からの手紙が何通も届き始め…。

■ 『ザ・バニシング -消失-』本編映像編

■ キャスト
ベルナール・ピエール・ドナデュー
ジーン・ベルヴォーツ
ヨハンナ・テア・ステーゲ
グウェン・エックハウス

■ コピーライト
© 1988, Argos Film, Golden Egg, Ingrid Productions, MGS Film, Movie Visions. Studiocanal All rights reserved.

4月12日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 画像,mellow
    街で一番オシャレな花屋と、廃業寸前のラーメン屋 を舞台に巻き起こる恋愛群像エンターテインメント! …
  3. 画像,ティーンスピリット
    師との出会い、オーディションの強敵、恋… エル・ファニングが圧巻の歌声を披露する!! ■イントロ…
  4. 『フォードvsフェラーリ』(原題: Ford v. Ferrari)
    マット・デイモン×クリスチャン・ベイル二大スター共演!映画『フォードvsフェラーリ』 イントロダク…
  5. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …
  6. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  7. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
ページ上部へ戻る