映画『マローボーン家の掟』監督インタビュー映像ご紹介

   

監督デビューのセルヒオ・G・サンチェス
ジョージ・マッケイ、ミア・ゴス、チャーリー・ヒートン
キャスティングのポイントは「家族らしく見えること」

【ニュース】
J・A・バヨナ監督作『永遠のこどもたち』『インポッシブル』で脚本を担当したセルヒオ・G・サンチェスが遂に監督デビューを果たした『マローボーン家の掟』。本作の脚本は少しずつ地道に書かれ、「製作のベレンには3ページずつ脚本を渡したんだ」と結末がどうなるかを明かさずに進めていったという独特の執筆過程を明かした。

『パレードへようこそ』『はじまりへの旅』などの良作に出演し、確実にキャリアを積み重ねるジョージ・マッケイ、「ニンフォマニアック」で映画デビューを果たし『サスペリア』にも出演する独特な存在感を放つミア・ゴス、「ストレンジャーシングス」で世界的に注目を浴びるチャーリー・ヒートン、『スプリット』『ミスター・ガラス』に出演し、ハリウッドで注目を集める新鋭女優アニャ・テイラー=ジョイといった、旬の俳優たちがメインキャストと務める本作。キャスティングについてセルヒオ監督は、本作が監督デビュー作ということで、名のある俳優からの応募はないだろうと予想していたが、「有名な俳優がオーディションを受けてくれた」とその驚きを嬉しそうに振り返ります。また、マローボーン家の4兄妹のキャスティングのポイントは「家族らしく見えることを重要視した」と語るセルヒオ監督。「グループとしての相性を見きわめるのは難しいんだ」とのことで、選ばれた4人は劇中ではまるで本当の兄妹のような雰囲気を纏います。


4兄妹たちが守る“5つの掟”。そのすべての秘密が解き明かされた先に隠された想像を超えた“恐ろしくも切ない”真実が待ち受けるサスペンススリラー『マローボーン家の掟』にご注目ください。

■ STORY
海沿いの森の中にひっそりとたたずむ大きな屋敷。そこに暮らすマロ―ボーン家の4人兄妹は、不思議な”5つの掟”に従いながら、世間の目を逃れるように生きていた。忌まわしい過去を振り切り、この屋敷で再出発を図る彼らだったが、心優しい母親が病死し、凶悪殺人鬼である父親を殺害したことをきっかけに、4人の希望に満ちた日々はもろく崩れ出す。屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための“掟”が次々と破られ、心身共に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは……。

■ 『マローボーン家の掟』本編映像

■ キャスト
ジョージ・マッケイ
ミア・ゴス
チャーリー・ヒートン
マシュー・スタッグ
アニャ・テイラー=ジョイ

■ 公式ホームページ
www.okite-movie.jp

■ コピーライト
©2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,ホワイト・クロウ
    おすすめ映画!バレエ編 『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』 『ボリショイ・バレエ 2人のスワン…
  2. MOTHER マザー,画像
    母と息子。ひとつの殺害事件。 実話をベースに描く感動の衝撃作 映画『MOTHER マザー』 長…
  3. SKIN,画像
    白人至上主義者として生きてきた男の、過去との決別。 人は、生まれ変わることができるのか。 映画『…
  4. 画像,ヴァイオレット・エヴァーガーデン
    再上映中!! 『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』 代筆を通し…
  5. 画像,映画,あらすじ,ストーリー,はちどり,韓国,キム・ボラ,パク・ジフ,キム・セビョク,イ・スンヨン,チョン・インギ
    ベルリン映画祭を始め、世界各国で45以上の賞を受賞! 韓国の単館公開としては異例、 公開1か月で…
  6. ルース・エドガー,画像
    人間の謎めいた本質、アメリカ の理想と現実をえぐり、 全米で絶賛されたサスペンスフルなヒューマン…
  7. 映画,一度も撃ってません
    先日、石橋蓮司(いしばしれんじ)、大楠道代(おおくすみちよ)、岸部一徳(きしべいっとく)、桃井かおり…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

ページ上部へ戻る