“キャスティングの決め手は『リメンバー・ミー』”石橋陽彩&渡辺監督登壇!『海獣の子供』スペシャルトークショー

“キャスティングの決め手は『リメンバー・ミー』”
ジュゴンに育てられた少年“海”役・石橋陽彩
渡辺監督登壇!
『海獣の子供』にジャックされた“ららぽーと富士見”にて
6/2(日)開催 スペシャルトークショー
<イベントレポートご紹介>

【ニュース】
自然世界への畏敬を独自の漫画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介の「海獣の子供」を、映画『鉄コ ン筋クリート』で第 31 回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞し、そのハイエッジな映像表現で 世界から注目を浴びる STUDIO4℃がついに映像化。映画『海獣の子供』が 6 月 7 日(金)に全国公開となります。 この度、6 月 2 日(日)に本作のスペシャルトークショーを実施いたしました。18 年公開の映画『リメンバー・ ミー』で主人公ミゲル役の日本語吹替版声優に大抜擢され、本作ではジュゴンに育てられた少年“海”を演じた石 橋陽彩と、本作の監督を務めた渡辺歩監督が登壇!会場のららぽーと富士見では、現在『海獣の子供』タイアップ キャンペーンを開催中。GW 期間中には「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」内の「お絵かき水族館」をジャック し、現在も『海獣の子供』展やエントランスや館内がラッピングされるなど、映画『海獣の子供』一色に染まった 空間で、映画の見どころやアフレコ時のエピソードなど、濃密なトークを展開予定! さらにイベントではのべ約 2,000 名以上が参加した「『海の生き物』作品大募集!」海獣お絵かきワークショップにて集めれられた、“海 獣”や“海の生き物”をテーマしたイラスト作品の中から、石橋陽彩渡辺監督が栄えある「優秀作品」もご紹介 しました!

■ららぽーと富士見×『海獣の子供』トークショー
6 月 2 日(日) 14:00〜14:45 イベント
場所:ららぽーと富士見 1F 屋内広場(埼玉県富士見市山室 1-1313)
登壇者:石橋陽彩(海役)、渡辺歩(監督)

<登壇者コメント>
■キャスティングについて
渡辺監督:14 歳という年齢感を、しっかりと表現できる人がいいと思っていました。“海”の声は、自然体で、全 体を包み込むような優しさが欲しいと考えていて、『リメンバー・ミー』の石橋さんの声を聞いた時に、この人し かいない!と思いました。違うキャラクターなのに“海”として聞こえてくるんです(笑)良い意味で、不安定さ や儚さがあって、声に惚れ込みました。

■役作りについて
石橋:“海”のやわらかい感じが自分に合っているのかなと思いましたが、“海”は喜怒哀楽が豊かで、表情がコ ロコロ変わるので難しかったです。明るいところは声のトーンをあげたり、かっこいいシーンはクールに決めてみ たり、声のトーンにこだわって演じました。

■アフレコについて
石橋:ピリピリと、良い緊張感がありました。音もなくて、ほかの出演者の方の声も入っていなかったので、怖い 部分もありました。監督がブースの中にいてくださって、自分の思う“海”と監督の思う“海”がだんだん重なり 合って、一緒にキャラクターを作っていくことができました。
渡辺監督:映画全体の一発目のアフレコだったので、模索しながらの作業でした。初にブースに出たり入ったり していたのですが、邪魔になってもいけないし、横に並んで、ダイレクトに声を聞けたのも嬉しかったので、ずっ と中にいましたね。ブースに入るスタイルも石橋さんの時に確立しました。石橋さんの声が基準になってくれたの で、キャスト全体のアフレコがうまく進みました。

■日本のアニメーションと海外のアニメーションの違いは
石橋:海外のアニメーションに参加した時に感じたのは、吹き替えだったので英語のセリフの長さに日本語を合わ せていくことが難しかったです。
渡辺監督:根本的なところは一緒で、世界共通の表現方法だと思います。日本のアニメーションは非常に可能性を 秘めているので、若くして才能に恵まれた石橋さんと共にもっと海外へ進出していくべきですね(笑)

イントロダクション
あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりにする――。
独特の線使いとその描画表現で読者を魅了し続ける漫画家・五十嵐大介。初の長編作「海獣 の子供」(小学館 IKKICOMIX 刊)は、自然世界への畏敬を下地に“14 歳の少女”と“ジュ ゴンに育てられた二人の兄弟”とのひと夏の出逢いを、圧倒的な画力とミステリアスなスト ーリー展開によってエンターテインメントへと昇華させた名作。映画本編では、原作が持つ [海の中で感じる静けさと荒々しさ]や[海の匂い]を、スクリーンから溢れだすほどの“映 像”と“音楽”に詰め込み、観る者全てを呑み込んでいく。映画『鉄コン筋クリート』など のハイエッジな映像表現で世界から注目を浴びる STUDIO4℃新作にして、そこに集いし日 本アニメーション界の至宝たちが織り成す<海洋冒険譚>。 メインキャストには、テレビドラマ「Mother」で一躍その名を世間に知らしめ、その後ハリ ウッド作品などにも出演し、直近では連続テレビ小説「まんぷく」の史上年少の“語り”
を任されるなど、今もなお女優としての活躍の場を広げ続けている芦田愛菜、映画『リメンバー・ミー』の主人公ミゲ ルの日本語吹き替えを演じ、その美声で注目を浴び続ける石橋陽彩、そして NHK 大河ドラマ「真田丸」で真田幸村の嫡 男・大助を好演し、舞台でも活躍する浦上晟周、さらに映画『レディ・プレイヤー1』にてスティーヴン・スピルバーグ 監督にその才能を見出され、青年トシロウ役に抜擢された森崎ウィンと、劇中キャラクターの年齢に近い等身大のキャ スティングが実現。そんな彼らを支えるのは稲垣吾郎、蒼井 優、渡辺 徹、田中泯、富司純子といった個性を自由自在 に共鳴させる実力派俳優陣。 音楽を担うのは、今や日本にとどまらず世界的作曲家である映画音楽界の巨匠・久石 譲。長編アニメーション映画を 手掛けるのは、スタジオジブリ制作の『風立ちぬ』、『かぐや姫の物語』以来 6 年ぶりとなる。さらに、かねてから原作に 惚れ込んでいた米津玄師が本作のために自身初の映画主題歌となる「海の幽霊」を書き下ろした。危うくも濃密かつ深淵な作品 世界に彩りを添えた彼らの“音”は映画のもう一つの顔と言える。
異才たちの才気が結晶化した“唯一無二のアニメーション映画”がここに誕生した。

■ 『海獣の子供』予告編

■ キャスト
芦田愛菜 石橋陽彩 浦上晟周 森崎ウィン 稲垣吾郎 蒼井 優 渡辺 徹 田中泯 富司純子

■ 公式ホームページ
www.kaijunokodomo.com

■ コピーライト
©2019 五十嵐大介・小学館/「海獣の子供」製作委員会

6 月 7 日(金)全国ロードショー




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. 海辺の彼女たち,画像
    サンセバスチャン国際映画祭、東京国際映画祭で賞賛! 圧巻のリアリズムで描く、在日ベトナム人女性の覚…
  2. 映画のさりの島
    “やさしい嘘”が生み出した、おとぎ話のような一瞬の時間 2019年ミニシアターファンの心を捉え大ヒ…
  3. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  4. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  5. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  6. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  7. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る