リリー・ジェームズxミキール・ハースマン!映画『ガーンジー島の読書会の秘密』予告動画解禁

すべての謎が解けた時、観る者の心を幸せな気持ちで満たす
誰もが初めて味わう〈至福の〉ミステリー
『ガーンジー島の読書会の秘密』
予告編・解禁!

【ニュース】
日本でも大ヒットを記録した温かなヒューマンドラマ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』とその続編、さらにアカデミー賞®2部門を受賞した『スリー・ビルボード』を世に送り出したプロデューサー陣が、再びタッグを組んで贈る最新作、『ガーンジー島の読書会の秘密』(8月30日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー)より、予告編が完成いたしましたので解禁いたします。

第二次世界大戦直後のイギリス
作家のジュリエットが魅せられた
ガーンジー島の読書会の“秘密”とは──?

ガーンジー島は、第二次世界大戦中に、英国で唯一ドイツの占領下にあったチャネル諸島の一つで、イギリス海峡に浮かんでいる。そんな島の数奇な歴史から、独創的なミステリーが生まれました。

1946年、終戦の歓びに沸くロンドンで暮らす作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。ナチスドイツに脅えていた大戦中は、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らを支えていた。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが──。

ジュリエットには、『シンデレラ』で主演を務め、その美しさと愛らしさで世界中を虜にしたリリー・ジェームズ。彼女を始め、マシュー・グード、ペネロープ・ウィルトン、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイら、英国の傑作TVシリーズ「ダウントン・アビー」で人気と実力を確立したキャストが出演。ジュリエットに手紙を送ったドーシー役には、「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズのミキール・ハースマン、更には『さざなみ』のトム・コートネイが読書会メンバーとして顔を連ねます。監督は『フォー・ウェディング』の名匠マイク・ニューウェルが務めました。

 ジュリエットがひとつ謎を解くたびに、読書会のメンバーとの絆がまたひとつ結ばれていく。すべての謎が解けた時、観る者の心をあふれんばかりの幸せな気持ちで満たす、誰もが初めて味わう〈至福の〉ミステリー。

「本の力、手紙の力、言葉の力。
それが人の力になり、人と人とをつなぐ。
シンプルで最高なことだ。」 ―俵万智(歌人)―

この度、解禁された予告編では、ロンドンに暮らす作家のジュリエット(リリー・ジェームズ)に届いた手紙から始まる。「僕はガーンジー島に住むドーシー・アダムズです。“読書とポテトピールパイの会“会員です。読書会は戦時中の憩いでした。」作家としての好奇心を刺激されたジュリエットは、「彼らのことを書いてみたい」と、第二次世界大戦中に英国で唯一ドイツの占領下にあったチャネル諸島の一つ、イギリス海峡に浮かんでいるガーンジー島へ行く決意を固める。温かく迎えてくれたかのように思えた読書会のメンバーだったが…。読書会は何を守ろうとしたのか!?そして、ジュリエットが、ガーンジ島と読書会に秘められた謎を解いた先に見つけたものとはー!?「本に人を呼び寄せる力があるなら、きっと私のこの原稿にも」と自分の原稿が持つ可能性を真じるジュリエットの姿に、幸せな気持ちになれる本編を期待させる予告編が完成しました。

■ 『ガーンジー島の読書会の秘密』予告編

【ストーリー】
1946年、終戦の歓びに沸くロンドン。作家のジュリエットは、一冊の本をきっかけに、“ガーンジー島の読書会”のメンバーと手紙を交わすようになる。大戦中、英国で唯一ナチスドイツに占領されたチャンネル諸島の一つであるガーンジー島では、読書会と創設者であるエリザベスという女性の存在が彼らの支えだった。本が人と人の心をつないだことに魅了されたジュリエットは、読書会について記事を書こうと島を訪ねるが、そこにエリザベスの姿はなかった。メンバーと交流するうちに、ジュリエットは彼らが重大な秘密を隠していることに気付く。やがて彼女は、エリザベスが不在の理由にたどり着くのだが──。

出演:リリー・ジェームズ、ミキール・ハースマン、グレン・パウエル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、キャサリン・パーキンソン、
マシュー・グード/トム・コートネイ/ペネロープ・ウィルトン
監督:マイク・ニューウェル
原作:メアリー・アン・シェイファー、アニー・バロウズ
脚本:ドン・ルース、ケヴィン・フッド、トーマス・ベズーチャ

■ 公式ホームページ
dokushokai-movie.com

■ コピーライト
© 2018 STUDIOCANAL SAS

8月30日(金)より、
TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
  2. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  3. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…
  4. 画像,草間彌生∞INFINITY
    激動の1960年代ニューヨーク。 彼女は、芸術の力で愛と平和のために世界に挑んだ━。 イントロダ…
  5. 2.5次元俳優躍動!田園ボーイズ
    ニュース 人気 2.5 次元俳優×新進気鋭の脚本家軍団が織りなす、青春サクセスストーリー連続テレビ…
  6. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  7. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
ページ上部へ戻る