スコセッシが絶賛!牛が鳴く!馬が駆け巡る!驚愕のタル・ベーラ ワールドへようこそ!タル・ベーラ監督『サタンタンゴ』予告動画解禁

スコセッシが絶賛!牛が鳴く!馬が駆け巡る!
驚愕のタル・ベーラ ワールドへようこそ!
【予告篇解禁】

【ニュース】
ニーチェの馬』、『ヴェルクマイスター・ハーモニー』などのハンガリーを代 表する巨匠 タル・ベーラ監督。彼が足かけ 4 年の歳月をかけて完成させた伝 説の傑作『サタンタンゴ』 (1994)が、製作から 25 年を経て、4K デジタル・ レストア版でシアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽 町ほかにて 9 月 13 日(金)より日本劇場初公開いたします。

救世主がやって来る。悪魔のささやきが聞こえる。
ジム・ジャームッシュ、ガス・ヴァン・サントといった映画監督たちに大きな影響を与え、スーザン・ソンタ グが「7時間すべての瞬間が圧倒的で心を奪われる。残りの人生で毎年観たい傑作」と激賞した7時間 18 分 の傑作。35 ミリフィルムにこだわり続けてきたタル・ベーラが初めて許可した 4K デジタル・レストア版で 公開となります。 さらに本作は、今年の第 69 回ベルリン国際映画祭フォーラム部門に正式出品され、94 年にフォーラ ム部門でワールドプレミア上映されてから 25 年振りのベルリン国際映画祭凱旋を果たしました。

2015年に世界的権威のある英文学賞ブッカー国際賞を受賞したクラスナホルカイ・ラースローの同名小説が 原作。ハンガリーのある村。降り続く雨と泥に覆われ、活気のないこの村に死んだはずの男イリミアーシュが 帰ってくる。彼の帰還に惑わされ、さまよう村人たち。イリミアーシュは果たして救世主なのか?それとも? 全編約150カットという驚異的な長回しで描かれる本作は、製作から25 年経った現在でもロッテントマトで 批評家からの100%評価を維持し続けている映画史に残る傑作です。

この度解禁された予告篇は、マーティン・スコセッシによる「『サタンタンゴ』は心の中で反芻し続けること のできる真の映画体験である」という絶賛評からはじまる。荒々しい風、どこからか鳴り響く鐘の音や、牛の 鳴き声、オルガンの音や喚く男などの不穏な音に合わせてモノクロームの映像の中で人や動物たちは混乱の渦 の中に巻き込まれてゆく。「さあ未来への出発です 皆さんはこの瞬間から自由なのです」村人たちは何から 自由になろうとしているのか?4K デジタル・レストア版で蘇る、驚異的映像体験への期待に身震いする予告篇となった。

■『サタンタンゴ』4Kデジタル・レストア版 予告篇

監督:タル・ベーラ(『ニーチェの馬』『ヴェルクマイスター・ハーモニー』『倫敦から来た男』)
原作:クラスナホルカイ・ラースロー
脚本:クラスナホルカイ・ラースロー、タル・ベーラ
音楽:ヴィーグ・ミハーイ
出演:ヴィーグ・ミハーイ、ホルヴァート・プチ、ルゴシ・ラースロー、デルジ・ヤーノシュ
1994年/ハンガリー=ドイツ=スイス/モノクロ/7時間18分/
原題:Sátántangó

■ 公式ホームページ
http://www.bitters.co.jp/satantango/

2019 年 9 月 13 日(金)より
シアター・イメージフォーラム、
ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて
伝説のロードショー!





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  2. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  3. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  4. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  5. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  6. 9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』 ■作品紹介 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読…
  7. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る