絶世の美女エリザベス・デビッキもメロメロ!
世界一の美少年サーファーが待望の銀幕デビュー!
<新場面写真解禁のお知らせ>

【ニュース】
《第8回オーストラリア・アカデミー賞》にて作品賞を含む9部門がノミネートされるなど、高い評価を得た大ヒット青春サーフィン映画『ブレス あの波の向こうへ』の日本公開が決定いたしました。原作は、日本の直木賞にあたるオーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したティム・ウィントンによる自伝的小説「ブレス」。TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で知られ、甘いマスクで人気を博すだけでなく、第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、その演技力も評価されたオーストラリア出身の人気俳優サイモン・ベイカーが、この原作に惚れ込み、初監督・製作・脚本、そして主演も務めた渾身の一作です。初めてサーフィンの楽しさを知り、まるで世界が広くなったような感覚になった少年たち。そこに生まれる少年期特有の仲間意識やライバル心。息苦しいほど愚直に“生きる事”への葛藤を描く新たな青春映画です。


本作で主演を務めた少年は、オーストラリア全土で大々的なプロモーションのもと集められ、250人の中から選びぬかれたシンデレラボーイ。
メインキャストのパイクレット役を射止めたサムソン・コールターは当時15歳。名作『ベニスに死す』(71)で名を馳せた絶世の美少年ビョルン・アンドレセンを彷彿とさせられる。本作の制作にあたり、並みならぬ思い入れのある監督ベイカーは、自然の海を相手に、肉体的にもタフであること、それに加え子どもらしくも、大人の男性らしい色気をも感じされられる等身大の少年を求め、1年にも及ぶ時間をキャスティングに要したと振り返る。『華麗なるギャッツビー』(13)で国際的デビューを果たし、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(17)や『クローバーフィールド・パラドックス』(18)などの話題作に、立て続けに出演する今注目の美形女優、エリザベス・デビッキは、サムソンについて、「憎らしいほど美しすぎる。演技もできて、サーフィンもこなせる彼は、まさにこの役のために生まれきたかのような逸材」と絶賛。本作は、2018年に『グリーンブック』(18)が最高賞にあたる観客賞と受賞するなど、アカデミー賞の前哨戦として名高い、北米最大の映画祭であるトロント国際映画祭にて、オーストラリア代表作品としてワールドプレミアが行われ、名だたる俳優陣を前に、サムソンは晴ればれしいデビューを飾った。この度、解禁された場面写真は、吸い込まれるような青い瞳から涙がこぼれるシリアスな姿や、ほお杖をつきながら、反抗的な表情を浮かべる姿、はたまた、子どもっぽく微笑みを浮かべるサムソンの、長いまつげと美しい横顔を捉えた魅力的な場面写真などを一挙公開。監督ベイカーや、エリザベス・デビッキを魅了した絶世の美少年。観るものをほろ苦くも甘酸っぱい青春時代に惹き込む等身大の演技は圧巻。オーストラリアの壮大な海を舞台に描く、今までにないサーフィン青春映画をぜひ、スクリーンで堪能していただきたい。
映画『ブレス あの波の向こうへ』は、7月27日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次公開です。

【STORY】オーストラリア西南部の小さな街。内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていた。ある日彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになる。暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていた。サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦するがパイクレットは…。

■ 『ブレス あの波の向こうへ』予告編

原作:「ブレス」ティム・ウィントン(佐和田敬司訳/現代企画室刊)
監督:サイモン・ベイカー 
脚本:ジェラルド・リー、サイモン・ベイカー、ティム・ウィントン
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 
撮影:マーデン・ディーン
出演:サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ

■ 公式ホームページ
breath-movie.com

■ コピーライト
© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

7/27(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


『女の機嫌の直し方』

注目映画

  1. 映画『チア男子!!』
    ■ 最新情報 ・横浜流星、中尾暢樹らブレイカーズメンバー全員が初日舞台に登場!映画『チア男子!!』…
  2. 6月8日公開 映画『月極オトコトモダチ』 ■イントロダクション きっかけはレンタル。彼と私の…
  3. 6月7日公開 映画『クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅』 ■作品紹介 インドの貧困…
  4. 6月7日公開 映画『海獣の子供』 ■イントロダクション あなたは<生命誕生の物語>を目の当たりに…
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 5月11日公開 映画『青の帰り道』 ■イントロダクション もしも僕が天才だったら。 7人の…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る