香取慎吾主演、白石和彌監督 映画『凪待ち』撮影地「石巻」から初日スタート!

映画『凪待ち』香取慎吾 白石和彌監督

香取慎吾主演、白石和彌監督
映画『凪待ち』 撮影地「石巻」から初日スタート!

香取慎吾主演、白石和彌監督による映画『凪待ち』が、ついに6月28日(金)に公開、主演の香取慎吾白石和彌監督登壇のもと、撮影地の「石巻」にて初日舞台挨拶を実施、その上、イオンモール石巻にて一般の方が見守る中、初日一般公開記者会見が実施された。

映画「凪待ち」は、宮城県石巻市を舞台に、人生どん底まで墜ちきった男のバイオレンスと狂気、怒りと裏切り、不条理と悲劇を描く、映画史上最も切ない暴力を描く衝撃のヒューマンサスペンス。
いままでに観たことのない香取慎吾の芝居が新境地として話題、過去のどの作品よりも“優しい”映画に仕上げたと白石監督が語る本作は、全国行脚の完成披露上映を行い、マスコミ各社からの評判も非常に高く、現在、映画ログでも高い評価を獲得している。先日、ロケ地「塩釜」での完成報告試写会が行われた6月13日には「凪待ち」がトレンドワード入りするなど、凪とは逆に次第に波が盛り上がっている。

通常は東京から初日をスタートするケースが多い中、本作は撮影地に感謝を込めて、初日舞台挨拶を「石巻」からスタート。会場には約1500人が集まり、香取が第一声「皆さんこんにちはー!」と発すると、会場中割れんばかりの大歓声が起きた。

映画『凪待ち』香取慎吾 白石和彌監督

白石和彌監督は「ちょうど1年前おじゃまして撮影をさせていただいた石巻で、こうして初日を迎えられたことをとてもうれしく思います」と語り「東日本大震災から7年経った風景の中で(昨年)再生というものをこの映画の中で紡いでいけたらと思いました。石巻をはじめ他の地域の方々にも、撮影の前に取材でも大変お世話になり、その間に皆さんから伺った話を台詞の中に生かしたりしました」と語った。

映画『凪待ち』香取慎吾 白石和彌監督

香取も「石巻の撮影現場の横の民家でおいしいものをたくさんいただいて。おじいちゃんは震災の話をしてくださるけれどおばあちゃんは震災の話になると奥の部屋に入るということがあったり、短い時間でしたがいろいろなことを感じさせてくれる時間を過ごせました」と撮影当時を振り返りながら感謝の言葉を述べた。

イベントも終わり2人が名残惜しそうにその場を去る時には会場中から「ありがとう!」の声が沸き起こり、さまざまな“感謝”にあふれたイベントとなった。

仙台のマスコミ各社からのQ&Aはこちら。

―― 本日のイベントを迎えての感想をいただけますか。

白石和彌監督
一般公開会見をやると言い出したのはいいものの、スタッフがずっとそわそわしていたので、このようにたくさんの方が集まってくださりうれしいです。映画をこんなに多くの方々に見ていただけるとはうれしいです。
香取慎吾
公開後のイベントをこのようなところでやることができて、たくさんの方が集まって下さり感謝です。ここ(イオンモール)は震災の時には避難場所として使われたと聞きました。そうしたところでイベントを開くことができてみなさんの笑顔があふれる会見をひらくことができていることに心から感謝します。

―― 石巻をよくぞロケ地に選んでくださった、と思っております。ロケ地選定のポイントなどをうかがえますか。

白石和彌監督
ドキュメンタリーを見ているのかと思うような映画にしたかったのでそういう場所を選びました。例えば道もこういうところを郁男は歩いているのだろうな、というところを選びました。
香取慎吾
それぞれのロケ地が固まりすぎず、遠すぎず、ロケ地巡りをするのにはちょうどいい距離だと思います。よりディープな石巻を知ってもらえると思うので映画をさらに楽しむためにもぜひロケ地をまわっていただきたいです。

―― ロケ地の中で特に印象に残っているシーンは?

白石和彌監督:
ぜひエンドロールまで見てほしいです。
香取慎吾
朝が明ける前の防潮堤を歩いている姿です。いろいろな思いで押しつぶされそうになっている中、台詞はないのですが心の中でいろいろな会話をしているあのシーンが好きでした。

映画『凪待ち』香取慎吾 白石和彌監督

石巻を後にした白石監督と香取は東京に戻り、恒松祐里さん、西田尚美さん、吉澤健さん、音尾琢真さん、リリー・フランキーさんとともに舞台挨拶を六本木ヒルズで行った。

映画『凪待ち』は
TOHOシネマズ日比谷ほか全国絶賛公開中!

■予告動画

■キャスト
香取慎吾
恒松祐里
西田尚美
吉澤健
音尾琢真
リリー・フランキー

■スタッフ
監督:白石和彌
脚本:加藤正人
配給:キノフィルムズ

■公式サイト
http://nagimachi.com/

■コピーライト
©2018「凪待ち」FILM PARTNERS

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※
平均評価 4.8点 (6月30日更新)

・辛くて絶望的ななかでもしっかりと人の温もりを感じました。人はみんな弱くて強い。どんな状況でも必死に生きてる姿と生きていけるということをリアルに伝えてくれました。
・アイドルな慎吾くんは一切ない。最低なロクデナシ男をぜひ映画館で楽しんでほしいです。
・堕ちるとこまで堕ちた男の再生と裏テーマの被災地の復興。 決して消えない 深い悲しみを胸の奥底にそっとしまい 光を見つけ前に進んで欲しいと願わずにはいられません。脇を固めるキャストの皆さんの演技にも引き込まれますが 特に吉澤健さん演じる勝美の佇まいが 映画に重厚感を与えています。観た後に 微かな希望を持ち帰り 風化しつつある被災地の再生と復興を祈る いつまでも余韻が残る映画でした。
・やさぐれた主人公郁男を見事に演じた香取慎吾さんが素晴らしいです。

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


SNSでも多数の大満足口コミ!

週末動員ランキング堂々第1位!

映画「一度死んでみた」
オリジナル・サウンドトラック

注目映画

  1. 映画『ジュディ 虹の彼方に』JUDY
    伝説のミュージカル女優・ジュディ・ガーランド、最後の奇跡! レネー・ゼルウィガー主演で贈る感動の実…
  2. ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 希望で魂を満たす奇跡の感動! 息を吞む…
  3. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  4. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…
  5. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…
  6. 画像,攻殻機動隊
    2020年4月全世界独占配信! 新たな「攻殻機動隊」 シリーズ始動! Netflixオリジナル…
  7. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…

Facebook

ページ上部へ戻る