東南アジア映画の巨匠たち

シンガポール、フィリピン、インドネシアの巨匠が若き映画人にメッセージ!
「東南アジア映画の巨匠たち」シンポジウム

国際交流基金アジアセンター主催<響きあうアジア 2019>において、公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭)共催でワールドクラスの映画監督たちを紹介する「東南アジア映画の巨匠たち」が7月3日(水)から7月10日(水)まで有楽町スバル座、東京芸術劇場にて開催されている。初日となった7月3日(水)、東京芸術劇場でシンポジウム「映画分野における日本と東南アジアの国際展開を考える」が開催され、【第2部:映画制作におけるコラボレーションの未来図】にエリック・クー(シンガポール)、ガリン・ヌグロホ(インドネシア)、ブリランテ・メンドーサ(フィリピン)が登壇した。
最初にそれぞれがこれまでの日本との協働について紹介。エリック・クーは、今年日本でも公開された自身の監督作品で群馬県の高崎とシンガポールで撮影をした『家族のレシピ』(原題:RAMEN THE)の制作を振り返るとともに、同作に出演した斎藤工が監督した、HBOアジア オムニバスドラマ「folklore」の一篇「TATAMI」(東京国際映画祭2019で招待上映決定)を含めた自身のプロデュース業について紹介。ブリランテ・メンドーサは、北海道の帯広で撮影したオムニバス映画『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』の『SHINIUMA Dead Horse』や現在手掛けている日本とフィリピンを舞台にした作品について紹介。ガリン・ヌグロホは、水曜日のカンパネラのコムアイが参加したサイレント映画と立体音響コンサートを組み合わせた『サタンジャワ』について紹介した。
その後、話題は3人が共通して力を入れている映画を通じた教育や後進の育成に移ると、若き映画人に向けて熱いメッセージが語られた。

エリック・クー

エリック・クー(シンガポール)

まず、エリック・クーは「日本でも低予算のゾンビの映画(『カメラを止めるな!』)が人気を博したように、35mmフィルムの時代から比べると映画製作のコストは下がっていて熱意のあるフィルムメーカーにとってポジティブな時代だ。しかし、映画は一人では作れずチームが必要。お互いを支え合って前に進んでほしい」とチャンスをものにすべく、チームワークの重要性を強調。日本を含め、様々な国のキャストやスタッフと協働して作品を生み出している彼らしいアドバイスが語られた。

ブリランテ・メンドーサ

ブリランテ・メンドーサ(フィリピン)

続いて、ブリランテ・メンドーサは「映画を作りたい人に私がまず聞くことは“なぜ、映画を作りたいのか?”ということ。理由は色々とあると思うし、どれも正解だけれど、必ずそのなぜを自分で特定し、知っていなければいけない。自分はなぜ、どうして映画を作りたいのか?それが道しるべとなる」とフィリピンの社会について映画を通して世界に発信している彼ならではのメッセージが伝えられた。

ガリン・ヌグロホ

ガリン・ヌグロホ(インドネシア)

そして、ガリン・ヌグロホは「指の指紋が皆違うように、誰もが違う才能を持っている。これからの新しい時代は境目がなくなり、新しい地図の上を旅することになる。そして、新しい地図は常に素晴らしい旅に繋がる」と挑戦する若者へ彼らしい表現を交えてエールが送られた。
この日は、国内外の映画関係者をはじめ多くの映画ファンが来場。1時間半を超えるシンポジウムでは、日本と東南アジアの国々が今後益々協力していくために、お互いの文化を理解し、学び続けていく必要性が訴えられた。なお、開催中の<東南アジアの巨匠たち>では、世界に衝撃を与えた監督たちの原点から最新作までと題し、多彩な作品を上映している。
ガリン・ヌグロホ監督作品
『メモリーズ・オブ・マイ・ボディ』

ブリランテ・メンドーサ監督
『アルファ、殺しの権利』

『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』

エリック・クー監督
『ミーポック・マン』

『痛み』

『一緒にいて』

など厳選作品を上映!

■ 『東南アジア映画の巨匠たち』予告動画

響きあうアジア2019「東南アジア映画の巨匠たち」
主催:独立行政法人国際交流基金アジアセンター
共催:公益財団法人ユニジャパン、東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
シンポジウム日程・会場2019年7月3日(水)16:00~19:45 @東京芸術劇場 ギャラリー1 
上映日程・会場2019年7月4日(木)~7月10日(水)@有楽町スバル座   

関連ニュース:特集上映「東南アジア映画の巨匠たち」来日ゲスト、上映ラインナップ決定!

※上映時間などの詳細は公式サイトをご覧ください。
上映チケット:6月8日(土)よりローソンチケットにて発売中
前売券:6月8日(土)12:00 ~7月2日(火)23:59まで
一般:1,000円 U-25・シニア:500円
当日券:7月3日(水)0:00 ~各上映当日上映終了まで
一般:1,500円 U-25・シニア:1,000円
Lコード:33683 ※U-25割引(25歳以下)、シニア割引(60歳以上)
一般お問合せ先:国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム
TEL:03-5369-6140(平日10:00-18:00) jfac_film@jpf.go.jp
公式サイト https://asia2019.jfac.jp/

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  2. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  3. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  4. 9月6日公開 映画『いなくなれ、群青』 ■作品紹介 第8回「大学読書人大賞」受賞作にして、「読…
  5. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  6. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  7. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る