『世界の涯ての鼓動』公開直前!『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』ヴィム・ヴェンダース監督特別動画

ヴィム・ヴェンダース監督
まもなく長編監督デビュー50周年!
あの名作が蘇る!懐かしの本編特別動画 解禁

【ニュース】
パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
そして「世界の涯ての鼓動」へ
映像と、音楽に、あの頃が蘇る。

カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞し、ゴールデングローブ賞では外国語映画賞にノミネートされ、ロード・ムービーブームを巻き起こした「パリ、テキサス」(1984年製作)。世界中で大ヒットを記録し、日本でも単館公開記録を塗り替え、社会現象となった「ベルリン・天使の詩」(1987年製作)。最後は、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門にノミネートされ、空前の音楽映画のブームを生み出した大ヒット作、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(1999年製作)。数々のブームを巻き起こしたヴィム・ヴェンダース監督の歴史的名作の、本編映像をつないだ50周年特別映像が解禁されました。

「70年代からヴェンダースを観続けてきた」映画評論家の樋口泰人氏に、ヴェンダースについて、そして本作と過去作について話をうかがった。『世界の涯ての鼓動』については、「70代や80年代のイメージとは違う印象で、最初は驚いた。でもそれは、ヴェンダースが常に新しい事に挑戦をし続けているからだ」という。特に「劇中で2人が見つめ合うシーンは、映画史上でもめったにみられない、まさに恋に落ちた人間たちの瞳と瞳の触れあいが描かれている。それは『まわり道』(1975年)や『ベルリン・天使の詩』(1987年)にも共通すること。字幕を読まないで、ひたすら彼らの目に注目して欲しい。ストーリーで見せようとする監督は多くいるが、ヴェンダースは、“相手を見つめる顔”で全てを語る。そんな監督は世界に何人もいない」と太鼓判を押す。

また、樋口氏は語る。「印象的なのは、本作の冒頭に出てくる“こんなに孤独なのは初めて”というアリシア・の台詞。ここにはヴェンダースの長年の想いが込められているのではないか…」本作は、運命の相手が自分の傍にいないという主人公の切ない表情からシーンから始まるのだが、実はヴェンダースが70年代から共に映画を製作していた仲間達がここ数年で次々と亡くなっているという背景がある。2年前には『パリ・テキサス』のサム・シェパードが、1年前には『アメリカの友人』『ベルリン・天使の詩』のブルーノ・ガンツが亡くなったのは記憶に新しい。「ドイツの68年。世界的に巻き起こった政治運動の頂点となったその年と運動の挫折の後に長編デビューしたヴェンダースの、50年の時間が流れていると言えるだろう。本作を観てから(ヴェンダースの)過去の映画を観ると、ヴェンダースの社会へのまなざしが、どこか繋がっているということがわかるはず。」と語った。

50年もの間、世界を見つめてきたヴェンダースが手がけた「世界の涯ての鼓動」はロマンティックな美しさをたたえたノルマンディーの海岸、人類の原風景のようなグリーンランドの広大な海、砂に包まれた峻厳な南ソマリアを舞台に描く、狂おしくも切ない極限下のラブサスペンス。恋におちた2人の“心の旅”が丹念に描かれ、ヴェンダースの真骨頂であるロード・ムービーからさらに進化した、<マインド・ロード・ムービー>を是非ご期待ください。

偶然と呼ぶには、あまりにも深い出逢い
男は無法地帯のソマリア、女は前人未踏の深海へ

ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニー(アリシア・ヴィキャンデル)とジェームズ(ジェームズ・マカヴォイ)は、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか──?

生物数学者のダニーには、『リリーのすべて』でアカデミー賞®を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。MI-6の諜報員ジェームズには、『X-MEN』シリーズで人気を博し、『スプリット』『ミスター・ガラス』で注目を集めたジェームズ・マカヴォイ。地球の果てまでもとらえる壮大な映像美と、人間の心の涯てまでを追いかけるエモーショナルなストーリーで、世界中から敬愛されている名匠ヴィム・ヴェンダースが、ロマンティックな美しさをたたえたノルマンディーの海岸、人類の原風景のようなグリーンランドの広大な海、砂に包まれた峻厳な南ソマリアを舞台に描く、狂おしくも切ない極限下のラブサスペンスが誕生しました。

■ ヴィム・ヴェンダース監督作品集動画+『世界の涯ての鼓動』予告編

監督:ヴィム・ヴェンダース

■ キャスト
ジェームズ・マカヴォイ『ミスターガラス』『X-MEN』シリーズ   
アリシア・ヴィキャンデル『リリーのすべて』『トゥームレイダー』

■ 公式ホームページ
kodou-movie.jp

■ コピーライト
©2017 BACKUP STUDIO NEUE ROAD MOVIES MORENA FILMS SUBMERGENCE AIE

8月2日(金)、TOHOシネマズシャンテ他にて全国順次公開

動画に登場する過去作紹介
『パリ、テキサス』(原題:PARIS, TEXAS)
荒野の果てに何があるのか――トラヴィスは歩き続ける。
84年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞、ロードムービーの最高傑作!記憶を失い、荒野をひとり彷徨う男トラヴィス。4年間失踪し続けた理由とは?息子との絆を取り戻し妻への愛を貫く男が夢見た、”パリ、テキサス”。音楽をライ・クーダー、撮影はロビー・ミュラーが担当、ヴェンダース監督の代表作。84年度カンヌ国際映画祭パルムドール賞受賞。
監督:ヴィム・ヴェンダース/脚本:サム・シェパード
キャスト:ハリー・ディーン・スタントン/ナスターシャ・キンスキー/ハンター・カーソン/ディーン・ストック
ウェル

『ベルリン・天使の詩』(原題:DER HIMMEL UBER BERLIN)
この翼さえいらない。貴女に触れ、愛せるのなら…1987年度カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞!
世界で大ヒットを記録したヴィム・ヴェンダース、不朽の名作
ベルリンの街を傍観する天使達。彼らは地上の人々の心の声に耳を傾け、人間世界の物語や歴史を見守り続けて
きた。そっと人の傍に寄り添う彼らの姿は、なぜか子供にしか見えない。天使ダミエルは日々人間の様子や自然
の在り方を観察するにつれ、人間界に身を置きたい、そこで”生きて”みたいと考えるようになっていた。そんな
時、サーカスショーにて美しく空中ブランコで舞うマリオンに出逢う。彼女が独り部屋で呟く「愛したい…」と
いう言葉を聞き、マリオンに強く惹かれるダミエル。彼はやがて彼女への愛に生きたいと決心する。人間に恋を
するという事は、天使の”死”を意味するのに…。
監督:ヴィム・ヴェンダース/脚本:ヴィム・ヴェンダース、ペーター・ハントケ
キャスト:ブルーノ・ガンツ/ソルヴィグ・ドマルタン/オットー・ザンダー/クルト・ポウワ/ピーター・フォーク(本人役)

『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』(原題:BUENA VISTA SOCIAL CLUB)
キューバ音楽に魅せられたヴェンダースとライ・クーダーが綴る感動の音楽ドキュメンタリー。ライ・クーダーがキューバ音楽の古老たちと創り上げたアルバム 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」は、世界中で100万枚以上のセールスを記録し、97年のグラミー賞を受賞した。そして2年後、長年の友人ライ・ クーダーによってキューバ音楽の魅力を知ったヴィム・ヴェンダース監督は、キューバの同志たちを再訪するライ・クーダーに同行することとなる。イブライ ム・フェレール、ルベーン・ゴンザレス、コンパイ・セグンドら、ハバナの情緒豊かな街並みと共に語られる彼らの生い立ち。そんなクラブの面々は、アルバムの成功により海外ツアーへ出ることに。オランダ、アムステルダムでのコンサートは大盛況となり、やがてアメリカに降り立った彼らは、ついに音楽の殿堂であるニューヨーク・カーネギーホールでの公演を迎える…
監督:ヴィム・ヴェンダース/製作:ライ・クーダー
キャスト:イブライム・フェレール/ルベーン・ゴンザレス/オマーラ・ポルトゥオン/ドエリアデス・オチョア/ドエリアデス・オチョア/ライ・クーダー/コンパイ・セグンド/ヨアキム・クーダー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  2. 画像,パラサイト 半地下の家族
    第72回カンヌ国際映画祭 [最高賞] パルムドール賞受賞作! 100%予測不能エンターテインメン…
  3. 画像,ティーンスピリット
    師との出会い、オーディションの強敵、恋… エル・ファニングが圧巻の歌声を披露する!! ■イントロ…
  4. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  5. 画像,だれもが愛しいチャンピオン,スペイン
    イントロダクション スペインで一大旋風を巻き起こした話題作がいよいよ日本上陸! これは、実在する…
  6. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  7. 前田建設ファンタジー営業部
    マジンガーZ の格納庫作りに本気で挑んだサラリーマンたちの熱き実話を映画化! イントロダクション …

Facebook

ページ上部へ戻る