サイモン・ベイカーのサーフィンシーン映像解禁!『ブレス あの波の向こうへ』本日から新宿シネマカリテほか全国順次公開

波に乗る姿がプロサーファー並み!
俳優サイモン・ベイカーが華麗なライディングを披露
<本編映像解禁のお知らせ>

【ニュース】
《第8回オーストラリア・アカデミー賞》にて作品賞を含む9部門がノミネートされるなど、本国で高い評価を得た大ヒット青春サーフィン映画『ブレス あの波の向こうへ』が7月27日(土)より全国順次公開いたします。
本作は、オーストラリアで最も栄誉あるマイルズ・フランクリン文学賞を受賞したサーフ文学「ブレス」を、TVドラマ「メンタリスト」(08-15)などで知られる人気俳優サイモン・ベイカーが初監督、製作、脚本、主演を務め、映画化した渾身の一作。何事にも流されてきた内向的な少年が偶然始めたサーフィンにのめり込む内に自分がどんな人間なのか気づいていく様を描いています。『スタンド・バイ・ミー』(86)や『6才のボクが、大人になるまで』(14)などに代表されるティーンエイジャーの成長物語として、カミング・オブ・エイジ・ムービーの傑作とニューヨークタイムズ紙でも絶賛されました。

この度、サイモン・ベイカー演じるサンドーが少年パイクレットに波乗りの手本を見せるサーフィンシーン本編映像がついに解禁。映像は、「俺のを見て、次の波に乗れ」とサンドーがパイクレットに告げる場面から始まり、スイスイとパドリングをして大きな波に向かっていく余裕のサンドーと、それを不安と緊張が入り混じった複雑な表情で見つめるパイクレットの姿を捉えています。その後、「チューブ・ライディング」と呼ばれる、波のトンネルをくぐり抜ける技をスタントなしで披露するベイカー。その華麗なライディングはプロサーファー並みで、元プロサーファーであるサンドーという役柄にもリアリティを与えています。

今まで、TVドラマ「メンタリスト」や『プラダを着た悪魔』(06)など、スーツの似合う都会的なイメージの役柄も多く演じてきたベイカーですが、実際は自然豊かなオーストラリアの離島タスマニアに生まれ、10代のころに本土ニューサウスウェールズ州に転居。住まいがあったバイロン・ベイから15分の距離に有名なサーフスポットがあったことから少年期よりサーフィンに明け暮れ、実は州の大会で優勝経験もあるほどの腕前!また、サーフィン界の歴史をひも解くドキュメンタリー『ゴーイング・バーティカル』(11)でナレーターとして参加するなど、ベイカーのサーフィン愛が本物であることはファンやサーファーの間では周知の事実なのです。
『マイティ・ソー』シリーズのクリス・ヘムズワースや『グレイテスト・ショーマン』(17)のヒュー・ジャックマン、『ダークナイト』(08)の故ヒース・レジャーなど、オーストラリア出身の俳優は胸板が厚く、どこか共通した男らしい印象がありますが、ベイカーも同様に49歳とは思えない鍛えられた肉体がウェットスーツ姿からも見てとれる点も本作の必見ポイントです!

サーフィン映画であり、良質な青春映画でもある『ブレス あの波の向こうへ』は、7月27日(土)より新宿シネマカリテ他全国順次公開です。

サイモン・ベイカーの故郷オーストラリア、バイロン・ベイ生まれの
コーヒーショップ「BYRON BAY COFFEE」とのタイアップも決定!

俳優であり、本作の監督でもあるサイモン・ベイカーが、サーフィンを習得した場所であり、多感な10代を過ごしたのがオーストラリアのバイロン・ベイエリア。映画の公開を記念し、この度、同地区発祥のコーヒーショップ「BYRON BAY COFFEE」にて映画『ブレス あの波の向こうへ』劇場鑑賞券の半券提示でお食事メニューも含めてお会計から10パーセントオフのサービスを実施が決定いたしました。映画と合わせてサイモン・ベイカーの故郷の味もご堪能ください!
実施期間:7/27〜8/31
実施店舗:日本橋店、大門店
映画の後は是非「BYRON BAY COFFEE」へ‼️
http://byronbaycoffeejapan.com

■ サイモン・ベイカーのサーフィン映像/映画『ブレス あの波の向こうへ』

【STORY】オーストラリア西南部の小さな街。内向的な少年パイクレットは、好奇心旺盛な友人ルーニーの無鉄砲な行動に影響を受けながら、彼の後を追うように日々過ごしていた。ある日彼らは、不思議な魅力を持つ男性サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらうことになる。暇を見つけてはサンドーと妻イーヴァが暮らす家に通い出す2人。彼らにとって、大人の女性イーヴァの謎めいた存在感も刺激となっていた。サンドーはいつしか彼らを命をも脅かす危険な波へと挑ませ、恐いもの知らずのルーニーはスリルを楽しむように果敢に挑戦するがパイクレットは…。

■ キャスト
サイモン・ベイカー、エリザベス・デビッキ、サムソン・コールター、ベン・スペンス、リチャード・ロクスバーグ

■ 公式ホームページ
breath-movie.com

■ コピーライト
© 2017 Screen Australia, Screenwest and Breath Productions Pty Ltd

7/27(土)新宿シネマカリテほか全国順次公開





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  2. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
  3. 画像,殺さない彼と死なない彼女,桜井日奈子
    君の隣で、世界は変わる。 ■イントロダクション 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明…
  4. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
  5. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…
  6. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  7. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
ページ上部へ戻る