『ダンスウィズミー』妻夫木聡、綾瀬はるかからコメント到着、矢口監督本発売!!

妻夫木聡、綾瀬はるか等スターを発掘‼
矢口史靖監督のこだわりの映画術が学べる
「映画監督はサービス業です。」発売

【ニュース】
『8/16(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、世界中から注目されている矢口監督最新作「ダンスウィズミー」。
「ウォーターボーイズ」「ハッピーフライト」の矢口監督が構想16年、「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマにしたかつてないコメディ・ミュージカルがついに日本公開間近!
海外映画祭からの「こんなミュージカル観たことない!ラ・ラ・ランドよりエキサイティング!今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声や、国内の試写会でいち早く見た日本の観客からの「面白すぎ、ただ面白いだけじゃない。何も考えずに歌い踊りたくなる!」「半端ない驚きと感動と隣の人と手を繋ぎ踊りたくなる歌いたくなる面白さ!」「予想外のストーリーでめちゃくちゃ面白い!場内が笑いで溢れていた!」の声がSNS上で飛び交い、最高に笑えるコメディ・ミュージカルとして早くも話題になっている本作。さらに、異例なことに、なんと日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している!
妻夫木聡、上野樹里、綾瀬はるか等をスターダムに押し上げた矢口監督が日本中のオーディションからヒロイン・静香に抜擢したのは、今最も輝く若手女優でモデルの三吉彩花。静香が出あうワケありのクセものたち=“こズルい調査員の渡辺”を今最も注目される俳優のムロツヨシが、“お金とイケメンに弱いフリーターの千絵”を本作で本格的に女優に挑戦したやしろ優が、“ワケありストリートミュージシャンの洋子”を本作で女優デビューを飾るchayが、“嘘くさい先輩エリート社員の村上”をミュージカル映画初挑戦の三浦貴大が、“インチキ催眠術師のマーチン上田”をミュージカル俳優のレジェンドである宝田明がユーモア全開で演じることも話題に。
ある日突然、催眠術のせいで音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥ったミュージカルが何よりも大嫌いな静香。しかし、街に溢れる音楽に反応してしまい、踊れば踊るほど先が読めない予測不能な展開に!
本格トレーニングを重ねてキャスト自らが吹替なしで挑んだミュージカルシーンと予測不能なストーリー、ハッピーな名曲に彩られた最高に笑える、かつてないコメディ・ミュージカルがこの夏を熱くする!

『ウォーターボーイズ』妻夫木聡、『ハッピーフライト』綾瀬はるかからコメントも!!
矢口史靖監督の映画術が学べる「映画監督はサービス業です。矢口史靖のヘンテコ映画術」発売決定‼
93年に『裸足のピクニック』で劇場映画監督デビューしてから、8月16日公開の三吉彩花主演『ダンスウィズミー』で、10本目となる矢口史靖監督。すべては観客に楽しんでもらうため!をモットーに、自らリサーチし、脚本を書き、絵コンテを切る。映画作りにかける細かなこだわりは数知れず、その中でも全ての映画で共通して言えるのは、主要キャストをオーディションで発掘すること。『ウォーターボーイズ』の妻夫木聡や『スウィングガールズ』の上野樹里、『ハッピーフライト』の綾瀬はるかなど、いまでは大スターとなった俳優たちをオーディションで見つけ出し、無名の俳優からスターダムに押し上げている。
矢口監督はキャストをオーディションで選ぶことについて「本人たちに実際に演じてもらいたいから」と「作品に合ったキャラクターの方を選びたいから」という考えを持っており、実際に『ダンスウィズミー』でヒロインに三吉彩花を抜擢した際にも、演じる静香というキャラクターに合わせて「20代の勝ち組OLに見えること」とミュージカル・コメディ作品に合わせて「歌とダンスと芝居ができる」方を探していた、と語っている。その上で矢口監督は役者を演出し、編集や音楽にも細かく隅々まで指示を出し、予算が少なくとも、創意工夫を凝らして、「映画」として表現してきた。
そのため矢口映画には監督の細かなこだわりが非常に詰まっており、10作品を通して監督が遊び心として入れ込んでいるのが、嘔吐するシーン。『ハッピーフライト』では笹野高史が、『ウォーターボーイズ』では映画の冒頭に真鍋かおりがなど、隠れたこだわりのシーンだ。さらに主人公の名前の大半が、鈴木さんであるのは、特別な誰かではなく、日常にいる普通の人を主人公として描いているためであったり、『ダンスウィズミー』でヒロイン静香がレストランで踊りまくるシーンの一部のように、急にミニチュアを使用するシーンがあったりなど、すべては観客に楽しんでもらうため!という思いで、ブレることはない。
8月9日(金)発売になる矢口本には、さらに細かい監督のこだわりがたくさん載っており、そんな矢口監督について、『ウォーターボーイズ』で主人公鈴木智を演じた妻夫木聡は「矢口監督ほど映画に一途に恋をしている方を僕は他に知りません」と、また『ハッピーフライト』で新米客室乗務員を演じた綾瀬はるかは、「いつも面白いことを考えている!」と発売に合わせてコメントを寄せている。
デビュー作『裸足のピクニック』から、記念すべき10本目となる『ダンスウィズミー』まで、誰もが軽~く楽しめる娯楽映画を作り続ける矢口監督の、全然ゆるくない超こだわりの映画術を是非この機会に学んでみては?「映画監督はサービス業です。矢口史靖のヘンテコ映画術」
著 矢口史靖
聞き手 野村正昭・関口裕子
240頁・並製
定価(本体2,300円+税)
発行:DU BOOKS
発売:㈱ディスクユニオン

■ 『ダンスウィズミー』予告編

<ストーリー> 
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?
原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明

■ 公式ホームページ
dancewithme.jp

■ コピーライト
©2019「ダンスウィズミー」製作委員会

8月16日(金) 全国ロードショー




※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  2. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…
  3. 映画『新聞記者』
    前代未聞のサスペンス・エンタテイメント! 映画『新聞記者』 2019年6月28日(金)公開 ■…
  4. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  5. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  6. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  7. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る