『ダンスウィズミー』第23回モントリオールファンタジア国際映画祭 <観客賞>受賞!

海外映画祭での受賞は3冠となる快挙!!
第23回モントリオールファンタジア国際映画祭
<観客賞>受賞!
「ミュージカル映画の概念を覆す、独創的な発想に脱帽!」

【ニュース】
8/16(金)の日本公開に先んじて世界の映画祭で上映され、上海国際映画祭正式上映、トロント日本映画祭で “特別監督賞”と“観客賞”をW受賞、ニューヨークジャパン・カッツでの上映、モントリオールファンタジア国際映画祭での上映と、世界中の映画祭からひっぱりだこで、世界から注目されている矢口監督最新作『ダンスウィズミー』。
『ウォーターボーイズ』『ハッピーフライト』の矢口監督が構想16年、「ミュージカルって突然歌い踊り出すなんてヤバくない?」をテーマにしたかつてないコメディ・ミュージカルがついに日本公開間近!

海外映画祭からの「こんなミュージカル観たことない!ラ・ラ・ランドよりエキサイティング!今まで誰も思いつかなかったミュージカル!」(トロント日本映画祭 プログラミングディレクター)「まったく新しいアプローチで、笑いに溢れた素晴らしいエンターテイメント!!」(上海国際映画祭 プログラミングディレクター)との声や、国内の試写会でいち早く見た日本の観客からの「面白すぎ、ただ面白いだけじゃない。何も考えずに歌い踊りたくなる!」「半端ない驚きと感動と隣の人と手を繋ぎ踊りたくなる歌いたくなる面白さ!」「予想外のストーリーでめちゃくちゃ面白い!場内が笑いで溢れていた!」の声がSNS上で飛び交い、最高に笑えるコメディ・ミュージカルとして早くも話題になっている本作。さらに、異例なことに、なんと日本公開を待たずして、世界中からリメイク&公開のオファーも殺到している!

モントリオールファンタジア国際映画祭で観客賞を受賞!「ミュージカルの概念を覆す、素晴らしく独創的な発想に脱帽!」
このたび、カナダ・モントリオールで開催された【第23回ファンタジア国際映画祭】(以下、ファンタジア映画祭)で『ダンスウィズミー』が観客賞(シルバーアワード)を受賞!先月、トロント日本映画祭での観客賞の受賞に続き、2映画祭連続での観客賞受賞となる。
ファンタジア映画祭は、毎年7月にカナダ・モントリオールで開催されている北米最大級の国際映画祭。アジア、ヨーロッパ、北米の作品を中心に各国から厳選された約400 作品を一挙に上映し、会期中の来場者数は合計10 万人に及ぶ。年々その規模を拡大し、世界で注目される映画祭のひとつである。
その中でも<観客賞>はファンタジア映画祭に参加した観客の人気投票によって選ばれる、まさに観客に選ばれた映画のみが受賞できる賞。現地時間7 月21日(日)に行われた『ダンスウィズミー』特別上映会では、用意された700 席を求めて会場の外に上映を待つ観客の長蛇の列ができ、現地を訪れていた矢口史靖監督も驚愕する大盛況ぶりを見せた。
2018年度の同映画祭では、異例のヒットを記録したオリジナル作品の『カメラを止めるな!』が同じ観客賞を受賞。2019年は矢口監督によるミュージカルをこれまでにない視点で描くオリジナル作品『ダンスウィズミー』が北米最大の映画祭の観客から最も支持される映画となった。

ファンタジア映画祭のプログラミングディレクター ニコラス・アーカムボルト氏から大絶賛のコメントが届いた。
「『ダンスウィズミー』は正に最高の気分にさせてくれる映画! 素晴らしく天才的で独創的なコンセプトは、非常に秀逸で脱帽です。 ミュージカルの世界を現実世界に持ち込む、というこれまでのミュージカル映画の概念を超えるアイデアは非常に面白く、目から鱗の発想力と言えると思います。 非常にたくさんの観客、映画祭関係者、ジャーナリスト、すべての人達が『ダンスウィズミー』を究極のフィールグッドムービーと大絶賛。個人的に私の今年一番大好きな映画です。観客賞は獲るべくして獲ったと思います。」とコメントを寄せ、作品の高い完成度および独創的なテーマを絶賛。
世界中から映画祭に駆け付けた目の肥えたシネフィルも思わずうならせた本作に注目してほしい。

妻夫木聡、上野樹里、綾瀬はるか等をスターダムに押し上げた矢口監督が日本中のオーディションからヒロイン・静香に抜擢したのは、今最も輝く若手女優でモデルの三吉彩花。静香が出あうワケありのクセものたち=“こズルい調査員の渡辺”を今最も注目される俳優のムロツヨシが、“お金とイケメンに弱いフリーターの千絵”を本作で本格的に女優に挑戦したやしろ優が、“ワケありストリートミュージシャンの洋子”を本作で女優デビューを飾るchayが、“嘘くさい先輩エリート社員の村上”をミュージカル映画初挑戦の三浦貴大が、“インチキ催眠術師のマーチン上田”をミュージカル俳優のレジェンドである宝田明がユーモア全開で演じることも話題に。
ある日突然、催眠術のせいで音楽を聞くと勝手にカラダがミュージカルしてしまう状況に陥ったミュージカルが何よりも大嫌いな静香。しかし、街に溢れる音楽に反応してしまい、踊れば踊るほど先が読めない予測不能な展開に!
本格トレーニングを重ねてキャスト自らが吹替なしで挑んだミュージカルシーンと予測不能なストーリー、ハッピーな名曲に彩られた最高に笑える、かつてないコメディ・ミュージカル。

ワールドプレミアのトロント日本映画祭では“特別監督賞”と“観客賞”を受賞しW 受賞を達成し弾みをつけ、上海国際映画祭ではガラ上映部門(特別招待枠)で映画祭のオープニング上映を果たした!さらに、ミュージカルの本場ニューヨークで開催された「北米最大の日本映画の祭典」ジャパン・カッツでもチケットが即日完売し、国内での上映も間近に迫まる!映画『ダンスウィズミー』はぜひ劇場で。

<ストーリー> 
子どもの頃から何よりミュージカルが嫌いな静香。催眠術のせいで、突然、音楽が聞こえるたびに歌い踊り出すカラダになってしまった!所かまわず歌い踊るせいで日常がメチャメチャに!術を解くため日本中を奔走するが、裏がありそうな5人のクセ者たちと、さらなるトラブルが!恋も仕事も失った静香を待つ、ハチャメチャな運命とは?果たして静香は無事に元のカラダに戻れるのか!? 旅の終わりに彼女が見つけた大切なものとは?

■ 『ダンスウィズミー』予告編

原作・脚本・監督:矢口史靖(『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』)
出演:三吉彩花 やしろ優 chay 三浦貴大・ムロツヨシ 宝田明

■ 公式ホームページ
http://wwws.warnerbros.co.jp/dancewithme/

■ コピーライト
(c) 2019映画「ダンスウィズミー」製作委員会

8月16日(金) 全国ロードショー





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  2. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  3. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  4. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  5. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  6. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  7. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る