竹内涼真、板垣瑞生と吉柳咲良の頑張りと成長に太鼓判!映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会レポート

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

竹内涼真、板垣瑞生と吉柳咲良の頑張りと成長に太鼓判!
映画『初恋ロスタイム』
完成披露上映会レポート

9月2日(月)、東京都内の新宿バルト9にて映画『初恋ロスタイム』完成披露上映会が行われ、舞台挨拶に主演の板垣瑞生さんほか、吉柳咲良さん、竹内涼真さん、石橋杏奈さん、河合勇人監督が登壇しました。さらに、本作の為に書き下ろされた主題歌「想い人」を人気沸騰中のバンド緑黄色社会が生演奏し、会場は感動に包まれました。
本作は、2016年に刊行された仁科裕貴による同名小説「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)の実写映画化。主人公の浪人生・相葉孝司(役:板垣瑞生さん)が、ある日<世界の人、モノ、車…あらゆるものが突然静止する>という不思議な現象に遭遇し、そこで出会った自分の他にもう一人動くことのできる少女・篠宮時音(役:吉柳咲良さん)とともに、毎日1時間だけ起きる、不思議な時間“ロスタイム”の切ない<秘密>に迫るこの秋一番泣けるラブストーリーです。
9月20日(金)からの全国公開を前に一足早くお披露目となった舞台挨拶の模様をたっぷりとご紹介します。

―― 早速、皆さんから一言ずつご挨拶をお願いします。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

板垣瑞生さん(相葉孝司役)
公開はまだ少し先ですが、今日は素敵な時間に出来ればいいなと思っているので、皆さんどうぞよろしくお願いします。

吉柳咲良さん(篠宮時音役)
この映画『初恋ロスタイム』を皆さんに観ていただけるこの日を楽しみにしていたので、今日がきて嬉しいなという想いと、同時に、凄く緊張しています。短い時間ですが、この作品のことを沢山お話出来たらいいなと思っています。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

竹内涼真さん(青年医師役)
重要な、今からご覧いただくのであまり言えませんが、重要な役どころを演じさせていただきました。咲ちゃんはホリプロスカウトキャラバンの最終オーディションも僕は観にいっています。“咲ちゃんいいね”って言っていたのが、こんなに早く舞台上で完成披露のこの場所で一緒に出来るとは思っていなくて、感動しています。今日は最後まで楽しんでください。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

石橋杏奈さん(青年医師の妻役)
私自身は撮影が短く登場シーンも少ないので、完成した作品を客観的に観ることが出来ました。ときめくというか甘酸っぱい感情にさせてくれました。皆さんも今日は楽しんでください。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

河合勇人監督
本日はありがとうございます。
先ほど伺ったところ、倍率が高い抽選を当選しているラッキーな皆さんに、この作品を最初に観ていただけることをとても嬉しく思っています。暑さを吹き飛ばすような爽やかな映画になっていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

―― 改めまして、皆さん映画の完成おめでとうございます。そして、板垣さんは映画初主演です。改めて、中央に立たれて実感はいかがでしょうか。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

板垣瑞生さん
全然実感がないです。
初めて主演を務めさせていただいて、これまで自分が見ていた背中があったんです。先輩の役者の方、女優の方、色々な人の背中を見てきて、今回は自分がその役目をやらせていただくのは本当に名誉なことですし、素敵な機会をいただけていることを実感しながら現場でも演じていました。色々な取材で「映画初主演ですが」と言っていただいくことで、映画って全員で作り上げるものだなと実感する機会にもなりました。
そして、観てくださる皆さんがいないと映画は成り立たないですし、主演という立場でいると皆さんが一緒に映画を作っている人のような気持ちです。これから一緒に『初恋ロスタイム』を盛り上げていけたらと思っているので、力を貸してください!よろしくお願いします!!

―― 吉柳さんは大ヒット中の『天気の子』(ヒロインの弟役)で声の出演をされ、この映画で映像出演が初となります。おめでとうございます。

竹内涼真さん
おめでとう!やったね!!

吉柳咲良さん
映像作品の作り方を本当に分からない中で演じたので、沢山の方にご迷惑をおかけしてしまったかもしれないのですが、なんだろうな…、ごめんなさい、スゴイ緊張しちゃって。
撮影初日から“どうなっていくんだろう”という緊張や不安がありましたが、板垣さんはじめ沢山の方々に助けていただきながら、100%の力を出し切ることが出来たと思います。皆さんにこの映画をお見せできるのが凄く嬉しいなと思います。ありがとうございます。

―― 竹内涼真さんは先ほどのお話からすると吉柳さんは絶対に女優としてご活躍されると思っていたわけですよね?

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

竹内涼真さん
たまたまオーディションを見ていたんですが、ひとりイケイケな感じがしたんです。物怖じしない感じが“かっこいいな”と思っていたらグランプリになって。共演したい人を聞かれて“竹内涼真くん”と言ってくれていたのも聞いていて。

吉柳咲良さん
言っていました(笑)。

(会場拍手)

竹内涼真さん
すごく嬉しかったので、こんなに早く共演が実現して本当に嬉しかったです。
でも、なんか肩なんか出しちゃって!びっくりしちゃって(笑)。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

板垣瑞生さん
涼真君に出しているわけではないですよ!

竹内涼真さん
いやいや、完全に俺に向かって出していますよ、今日は(笑)。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

―― 板垣さんとの共演シーンについてはいかがでしたか?

竹内涼真さん
映画の中で一番絡んでいる時間が長くて、一緒に話し合いながら一つのシーンを作り上げられたのが楽しかったです。歳は離れているんですが、意見交換しながら出来たので、いい撮影期間だったなと思います。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

板垣瑞生さん
竹内君に支えてもらうことが凄く多くて。
(板垣さんのあまり深く掘り下げない方がよい「売れっ子論」の話題になりつつ…)
竹内さん、凄く優しくて。アドリブで動きたい時に相談したら、監督も含めて段取りをやってくれたり、カメラワークを変えてくれたり本当に助けられました。

(会場拍手)

板垣瑞生さん
(竹内さんは)本当にスゴイ方なんです!

竹内涼真さん
そんなことないです。貴方もスゴイですよ。だって、18歳ですよね?俺、マジで髪型のことしか考えていなかったから。

(会場笑い)

―― そんな竹内さんの妻役を演じた石橋さんは、実は初共演ということでした。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

石橋杏奈さん
面識はありましたが、初共演でしかも夫婦役だったんですが、空気感がナチュラルで入りやすくて、お芝居もしやすくて。自然に台本にない相槌だったりとかもされていたので、物凄く入りやすかったですし、楽しかったです。

竹内涼真さん
入りやすい人…(笑)。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

石橋杏奈さん
スゴイやりやすかったです!

―― 板垣さん、吉柳さんというフレッシュな2人を演出した感想、印象に残っていることなどをお聞かせください。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

河合勇人監督
吉柳さんはオーディションの頃から見ていましたので、日々成長していく姿が楽しくて、初日からクランクアップにかけてどんどん成長していく姿が間近に見られて感慨深いものがありました。それを共演者の方がしっかりと支えてくれる。竹内さんがいらっしゃると吉柳さんがちょっとソワソワそわそわしたりして。そんな姿も見られて可愛らしかったですね。
板垣さんは最初吉柳さんとぶつかり合う芝居が多かったのでドキドキしながら見ていたんですが、芝居をしていく中でお互い意見を言いだして、だんだん芝居が面白くなっていったなと思います。

ここで主題歌【想い人】を本作の為に書き下ろした緑黄色社会がステージに登場し、ボーカルの長屋さんが「今回の【想い人】という楽曲は、原作や映画を観させて頂いて、人を想いあう大切な気持ちというものを私達なりに表現させて頂きました。人を想いあうという気持ちは以前から形にしたいテーマだったので、映画の力を借りて今回形に出来たことを嬉しく思います。私たちにとって初めての映画主題歌でとても大切な曲になりました。皆さんにとっても大切な曲になったら嬉しいです」と挨拶。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

キャストの見守る中アコースティックバージョンの【想い人】を生披露すると、会場からは大きな拍手が起こりました。

―― 緑黄色社会の皆さん、ありがとうございました。8月30日から配信中です。生で曲を聞いた感想はいかがでしたか。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

板垣瑞生さん
良かったですね。なんて形容したらいいのか分からないですが、なんて言うのかな…。この曲が劇中で流れる時にすごく良い演出が入っています。プロデューサーさんにも「この曲が本当にいいですね!!」と思わずお伝えしたくらいこの曲が好きで、(緑黄色社会さん)本当にありがとうございました!
(会場の皆さんも)この映画を観ていただい後に聞いていただくとまた違うので、一緒に観て欲しいし聞いてほしいなと思いました。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

竹内涼真さん
ちょっと感動したでしょ(笑)。2人は撮影を本当に頑張っていて、映画の最初と最後で表情も全く違いますし。僕が聞いていても映画のワンシーンが流れる感じがしました。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

吉柳咲良さん
初めて生で聞けてすごく感動しています。自分で1番から最後まで歌えるくらいずっと聞いていた曲なので、本当に感動していて…。

(涙が溢れる吉柳さんに、会場から「頑張れ!」の声)

『初恋ロスタイム』で時音という役を頂けて、こんなに素敵なキャストの皆様スタッフの皆様に囲まれて、この場に立つことが出来て改めてすごく幸せだなと思いました。ありがとうございました。

―― (フォトセッションが行われたのち)最後に竹内さん、吉柳さん、板垣さんから一言ずつご挨拶をお願いします。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

竹内涼真さん
今【想い人】を聞いて、もっとこの映画を知って頂くためにもうひと頑張りしなきゃなと思いました。さっき2人が涙した理由はすごく撮影を頑張ったからで、咲ちゃんは初映画で緊張するし、その中で乗り越えた気持ちと完成披露を迎えられた気持ちで高まったんだなと思いました。その頑張りがこの映画の中にも出ていて、2人の成長も汲み取って観て頂けたらなと思います。

吉柳咲良さん
初映像作品で不安もあった中100%の力を出しきれたのは、たくさんの方々の力があったからで、一人ではこんな素敵な場所には立てなかったと思います。私はオーディションでこの世界に入ったんですが、そこにたどり着くまで一歩踏み出す勇気が出なかったりもしました。この映画は一歩踏み出す勇気の大事さを伝えてくれている映画でもあるので、この作品が一歩を踏み出すきっかけになればいいなと、曲を聞いて改めて思いました。本日は本当にありがとうございました。

板垣瑞生さん
頑張る事ってこんなにカッコ悪くてこんなにカッコ良いんだと思える、素敵な音楽とキャストで作った本当に素敵な映画です。皆さんにどう届いていくのか楽しみで仕方がないので、是非素敵だなとか、伝えたいなと思って頂けたら発信して頂けますとありがたいです。


会場から大きな拍手がおくられ、【想い人】が流れる中、舞台挨拶は終了しました。

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

映画『初恋ロスタイム』舞台挨拶

時が止まった世界で、僕は君に出会った。
映画『初恋ロスタイム』
9月20日(金)全国ロードショー!


出演:板垣瑞生 吉柳咲良 / 石橋杏奈 甲本雅裕 / 竹内涼真
監督:河合勇人
脚本:桑村さや香
原作:仁科裕貴「初恋ロスタイム」(メディアワークス文庫/KADOKAWA刊)
配給:KADOKAWA
© 2019「初恋ロスタイム」製作委員会
公式サイト https://hatsukoi.jp/

写真ギャラリー

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 凪待ち
    6月28日公開 映画『凪待ち』 ■イントロダクション 誰が殺したのか?なぜ殺したのか?愚か者た…
  2. 5月31日公開 映画『長いお別れ』 ■最新情報 ・【インタビュー】映画『長いお別れ』公開記念 …
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 三谷幸喜監督最新作! 9月13日公開 映画『記憶にございません!』 ■イントロダクション 三…
  5. 無限ファンデーション
    8月24日公開 映画『無限ファンデーション』 ■イントロダクション 『キャッチボール屋』『お盆…
  6. 8月16日公開 映画『ダンスウィズミー』 ■イントロダクション 『ウォーターボーイズ』『ハッピー…
  7. 9月6日公開 映画『台風家族』 ■作品紹介 草彅剛(くさなぎつよし)主演、『箱入り息子の恋』の市…

ツイッター

Facebook





ページ上部へ戻る