『バーフバリ』ラージャマウリ監督作、再上映決定『マッキー』11月1日よりキネカ大森、11月29日よりアップリンク吉祥寺ほか順次公開

『バーフバリ』で見せたダイナミックなVFXの源はコレ!
爆笑必至のアクションコメディ『マッキー』奇跡の再上映決定
<再上映決定&ティザービジュアル&予告編解禁のお知らせ>

【ニュース】
2012年インドで公開され大ヒットを記録したのを皮切りに、ハエが主人公のアクションコメディという前代未聞の設定に「新しいジャンルを切り開いた」と各メディアが激賞!評判は瞬く間に海外にも広がり、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、スペイン、台湾など世界中で公開。日本でも2013年に劇場公開し大きな話題を呼んだ大傑作がなんと11月日本に再上陸する!
本作は、ハエに生まれ変わった男が、自分を殺した悪徳実業家に戦いを挑む、“小さな”主人公による“大きな”復讐劇。日常生活では嫌われがちで決して主役になることはないと思われていたハエが悪い人間と戦うという、誰も考えつかないヒーロー像を見事に映像化。明るくお調子者のハエが愛する彼女を守るために戦う姿はピクサー・アニメーションのキャラクターのように愛らしく、誰もが応援したくなる。

『マッキー』と『バーフバリ』でインドを代表する監督に!
S.S.ラージャマウリ監督の鬼才っぷりを今こそ再確認したい

注目すべきは、5ミリ程度のハエが空間を飛び回り、人間と戦う様をダイナミックに映し出すことに成功している点。ハエ視点のコミカルかつ臨場感たっぷりな映像は本作の見どころの1つである。
ハエと人間の物語を見事に作り上げた監督は、『バーフバリ』(前後編)を放ったS.S.ラージャマウリ。VFXは、インド最大の映画祭「ナショナル・フィルム・アワード」で最優秀特殊効果賞も受賞したインドの映像制作会社「MAKUTA VFX」が手掛けている。S.S.ラージャマウリは、『マッキー』と『バーフバリ』を続けて同チームで制作。両作にて大胆な構図と迫力あるVFXを見せ、インドを代表する監督の1人として知られるようになった。
『バーフバリ』以降、日本で急増しているインド映画ファンからの熱い要望を受け、この度再上映が決定!全編CGによるハエと実写の人間との戦いに、笑って泣けて、ラストは大感動できるアクションコメディ『マッキー』は、『バーフバリ』絶叫上映をプロデュースしたV8Jも協力に加わり、11月1日(金)よりキネカ大森、11月29日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次“復活”公開。つきましては、本情報と共にティザービジュアル、復活上映版の予告編が解禁となります。

■ STORY
ジャニ(ナーニ)は家の向かいに住む美人ビンドゥ(サマンサ・ルス・プラブ)のことが好き。彼女もジャニのことが気になっていた。一方、建設会社社長のスディープ(スディープ)は野心家で自信家、そして無類の女好き。彼は美しいビンドゥに釘づけになる。
ある日、ついにジャニはビンドゥに想いを伝えた。するとビンドゥのほうもジャニのことを好きだという。彼女がすっかり自分の手に落ちたと勝手に思っていたスディープは怒り狂い、ジャニを呼び出し、なぶり殺しにしてしまう。死んだジャニが生まれ変わったのはなんとハエだった。ハエになったジャニは前世でのスディープへの恨みを思い出し、スディープに大復讐を誓うのだった…!

■『マッキー』 “復活” 上映 予告編

■ 監督・脚本
S.S・ラージャマウリ

■ 出演
ハエ(ナーニ)、スディープ、サマンサ・ルス・プラブ

■ 公式ホームページ
www.tc-ent.co.jp/sp/makkhi_again/ 

■ コピーライト
ⓒ2012 Varahi Chalana Chitram. All rights reserved.

11/1(金)よりキネカ大森、
11/29(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次復活公開!





※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…
  2. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  3. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  4. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  5. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  6. 海辺の映画館,画像
    “ねぇ、映画で僕らの未来変えて見ようよ――” 映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』 1938年広…
  7. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る