『天気の子』4DX 雨、雪、シャボン玉…気象現象4DXに観客の熱い好評が相次ぐ!

『天気の子』メインカット(新)

『天気の子』4DX 雨、雪、シャボン玉…気象現象4DXに観客の熱い好評が相次ぐ!

興行収入127億円を超えるスマッシュヒットを記録した通常版に続いて、『天気の子』4DXも話題沸騰中!

「天気の子4DX!!雪降ったり風吹いたり!めっちゃリフレッシュ!!」
「雨、雪、風、一緒に空を飛ぶ感覚…4DXの方が感情移入できた!」
「スクリーンの雪と劇場内の雪の落ちるスピードが正にピッタリで驚嘆しました!」
「臨場感があり、とても楽しめました!特に、空に舞い上がるシーンでは一体感がより増しました!」

SNSは4DX環境効果だけでなく、作品との相性を語る熱い口コミで溢れている!!

特に、クライマックスでは、劇場に吹き抜ける〈風〉と、体を押し上げるような〈エアショット〉の突風効果で、スカイダイビングをしている気分が味わえる。その他にも、雪のシーンでは、〈雪〉をイメージしたパウダーを降らせる、また落雷のシーンは〈フラッシュ〉の瞬きと爆発の<熱風>を表現するなど、それぞれのシーンを繊細に表現し、最高の相性を発揮する!様々な4DX効果を、アトラクション的に楽しむことに加えて、情感たっぷりに味わうことができる!

【4DX公開記念プレゼントキャンペーンも実施中!】
『天気の子』の新ビジュアル「祈りポスター」(2名様)、オリジナル腕時計(2名様)、オリジナルTシャル(2名様)が当たるこのキャンペーンについて、詳しくはこちらからチェック! → http://4dxjapan.jp/tenkinoko/

【4DX(フォー・ディー・エックス)シアターについて】
4DXとは、いま映画業界で最も注目を集める最新の体感型上映システムです。映画のシーンに完全にマッチした形で、モーションシートが前後・上下・左右に動き、頭上からは雨が降り、水や風が吹きつけ、閃光が瞬く、など全20種類の特殊効果が稼働し、まるで映画の主人公になったかのような感覚で映画を鑑賞できます。さらに、演出を盛り上げる香りや、臨場感を演出する煙など、様々な特殊効果で映画を<観る>から<体感する>へと転換します。

【『天気の子』 4DX劇場一覧】
※上映劇場は変更となる場合があります。
※劇場により、対応している効果が異なります。

【ユナイテッド・シネマ】http://www.unitedcinemas.jp/4dx/index.html
【シネマサンシャイン】http://www.cinemasunshine.co.jp/4dx/
【イオンシネマ】 http://www.aeoncinema.com/4dx/
【コロナシネマワールド】 http://www.4dx.korona.co.jp/4dxbu/index.html
【109シネマズ】 http://109cinemas.net/4dx/
【USシネマ】http://cinemax.co.jp/4dx/
【フォーラム那須塩原】 https://www.forum-movie.net/nasushiobara/
【アースシネマズ姫路】 http://earthcinemas.jp/theaters/4dx


■原作:新海誠

■監督:新海誠

■脚本:新海誠

■声の出演:醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、小栗旬ほか

■配給:東宝 製作:市川南、川口典孝

■©2019「天気の子」製作委員会

■公式サイト: https://tenkinoko.com/

『天気の子』 全国4DX劇場にて、絶賛上映中!

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  2. 8月30日(金)公開 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 ■最新情報 【レポ…
  3. 新海誠監督最新作! 7月19日公開 映画『天気の子』 ■イントロダクション 全世界待望 ― …
  4. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  5. 9月28日公開 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』 ■イントロダクション 何杯の…
  6. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  7. 金獅子賞受賞 映画『ジョーカー』
    金獅子賞受賞! 映画『ジョーカー』 2019年10月4日(金)日米同日公開 ■イントロダクショ…

Facebook





ページ上部へ戻る