第32回東京国際映画祭 矢田部吉彦 石坂健治

あなたが“世界で初めて”の目撃者となれ!
“ナカ”の人が本音で語る
絶対ハズせない!今年の新作映画たちを紹介
第32回東京国際映画祭プレビューショー

10月3日(木)、東京都内のLOFT9 Shibuyaにて10月28日~11月5日の期間に開催する第32回東京国際映画祭(TIFF)プレビュートークイベントが行われた。昨年より新たに開催されているプレビューショーは、本年も映画活動家の松崎まことをMCに迎え、東京国際映画祭の作品選定を務める矢田部吉彦(やたべよしひこ)と、石坂健治(いしざかけんじ)が登壇。本年も200本ほどの上映本数を予定しているTIFF。忙しい合間をぬって開催9日間ですべての作品を観る事のできる人はいないだろう。そんな中、せっかく足を運ぶのに、事前の手ほどきもなく、上映作品を決め込んでいく方が難しいかもしれない。実は、映画祭の意義の一つに、“世界で初めて”上映を行う映画を目撃できるという利点がある。しかも、世界中の新作映画を1年間かけて観まくった映画ソムリエたちが厳選に厳選を重ねた作品なのだから、そりゃぁ面白くない訳がない。どうしてこの東京国際映画祭に、いままで自分では行った事もない遠い国々の映画が流れているのか。普段ニュースでよく見る国際情勢も、全然知らなかった民族の摩訶不思議な文化も、映画を通して裏側を垣間見るだけで、きっと今までより興味を持てる!
本トークイベントは、今年の絶対ハズせない作品たちの魅力を語る事にとどまらず、映画から見る、超現実だけど本当に存在する知られざる世界や、これから絶対に来る!期待の日本人映画監督情報、そして、ちらっと今年の登壇ゲストの情報なども事前に知れちゃうチャンスにもなった。

矢田部吉彦コメント
(欧米エリアの選定中心/今回はコンペティション部門以外の紹介)

今年のTIFFでも200本前後の世界中の作品が上映される事になっています。まずは僕の担当する「日本映画スプラッシュ」部門ですが、今年は非常に特徴的な8本となりました。この部門は、若手監督発掘、のようなイメージを持たれるんですが、どちらかというとインディーズ映画応援企画に近くて、監督の年齢とか本数とかは実際気にしていないですが、毎年割と若手の作品を結果的に選んでいる傾向にあります。まずは山田佳奈監督『タイトル、拒絶』。劇団を主催していて俳優としても活躍されている監督ですが、ご自身の戯曲を映画化したものでして。先日の作品発表のすべての映画の中で、主役の伊藤沙莉さんのビジュアルが強烈だったからか、公式HPのアクセス数がダントツナンバー1だったんです。女性の目線から見た、風俗業界の中の女性の姿を描いています。日本のインディーズ映画って、どうしても自分の身のまわりに起こっている出来事を描きがち。でも、この数年、もう少し自分以外の社会にも触れる作品が増えてきて、『どうしようもない僕のちっぽけな世界は、』は、その代表格。非常にシリアスでチャレンジングな作品なので是非観て頂きたい。あとは、こちらも非常に特徴的ですが『花と雨』という作品は、実在のラッパーの生きざまをダイナミックに描いていきます。

『花と雨』

この映画祭の1つの課題としてドキュメンタリー映画部門が無いという事があるんです。その理由に、僕が今まで「山形国際ドキュメンタリー映画祭」に、リスペクトの意味も込めて気を遣っていた、という事もありました。だけどこの数年、あまりにも制作本数が多くて、そろそろ山形の方にも迷惑をかけずにTIFFで上映が出来る環境を作れるんじゃないかと思い始めました。そこで、今年の目玉作品としてドキュメンタリー映画2本をこの部門に迎える事になりました。1つは森達也監督『i -新聞記者ドキュメント-』。まだ公開中の話題作『新聞記者』のモデルとなった東京新聞の望月衣塑子記者を追いかけるもので、森監督自身が、今年一番ホットなネタをいち早く見せたい、という事で話を持ち込んでくれたんです。本人はエンタメ作品になるとおっしゃってます、絶賛仕上げ中ですが、面白くない訳がない。どんな最終形になるのか楽しみです。

そして、もう一つは特別上映枠で原一男監督の『れいわ一揆』。名前で分かる通り「れいわ新撰組」の参院選での一連の動きを捉えた作品。鬼才・原一男の新作で上映しない訳にいかないですよね。実は最初の段階で、監督から7時間バージョンのものが送られてきて・・・僕の一番作品を沢山観なければいけない夏の時期に、その段階のものを観る余裕が無かったんです(笑)。その次は4時間くらいでしたか。非常に面白かった。こちらもまだ仕上げ途中ですが、実はまだ最終的に何分の尺になるのか分からなくて、オールナイト枠での上映にしちゃいました(笑)。この2本のドキュメンタリー映画を並べて上映できるなんて!もう今から興奮しています。もっとSNSとかでバズって欲しいんですけどねぇ。
そして最後に「ワールド・フォーカス」部門の僕の担当作品は、今年はカンヌ・ヴェネツィア・ベルリンの3大映画祭の話題作を集めました。カンヌ映画祭で、僕は50本ほど映画を観たんですが、その中で一番好きな映画が『ファイアー・ウィル・カム』でした。山火事を起こしたという罪で服役していた男が出所して村に戻ってくる所から始まる1人の男と母の慈しみの物語。映像美と、山火事の絵の迫力が圧巻で。この山火事をどうやって撮ったかというと、実は撮影クルーが山の麓に住み込んで、山火事が起こる度にカメラを回しに行っていたという凄い裏話もあるんです。それと今年は、外国のアニメにも是非注目して欲しい。香港の『チェリー・レイン7番地』は、実写映画ばかりのヴェネツィア映画祭で、唯一のアニメーションだったにもかかわらず、脚本賞を取った凄い作品。60年代の香港に生きる家庭教師の男の話で、最初3D用に作ったアニメーションを、さらに2D用に描き変えることで不思議な奥行きとタッチになっているんです。60年代を舞台に、当時の香港の反英国統治デモの様子が描かれる反面、英国統治を懐かしんでいるのではないかと思わせる描写もちりばめられていて。今の香港の情勢にも通ずるものがあり、今まさに観ておくべき作品のひとつじゃないでしょうか。

石坂健治コメント
(アジア映画の選定が中心)

TIFFにはコンペティション部門、アジアの未来部門、日本映画スプラッシュ部門の3つのコンペティティブ部門があって。僕はそのうちの「アジアの未来」部門を担当してます。この部門はアジアの新人監督発掘、という意味に加えて、“世界初”の上映作品の目撃者になって欲しい、という意図もあります。昨年までこの部門は、国や地域を割と平等に紹介できるようにバランスを取っていたんです。でも今年はそれをやめて、本当に面白い作品たちを寄せ集めてみた。そしたら「韓国」「イラン」「香港」という、日々僕たちがニュースを見てたら、散々目にする話題性たっぷりの地域の作品を2作品ずつ選ぶ事になったんです。不思議ですよね、全然意図は無いんですよ。韓国映画は未だに人気だから、映画祭という門をくぐらなくても、普通に配給会社が買って劇場で観る事ができちゃう作品が多い中、今回は2つの面白い映画を揃えました。ひとつは『エウォル~風にのせて』という、韓国にこの手の真っ当なラブロマンスを撮らせたら他に敵う国はないと思わせる作品ですね。もう一つは、こちらもまさに韓国映画らしい過激なバイオレンスもの『失われた殺人の記憶』。韓国映画って、よく“交通事故の後、記憶が無かった”みたいな設定あるじゃないですか。これも、翌朝全く記憶が無くて、別居している奥さんが殺されたという知らせで、警察がきて・・・みたいな、典型的な韓国サスペンスなんですけど、ちょっとヒッチコックのようなテイストですね。主人公のイ・シオンが、長谷川博己さんに似たイケメンなんですよね。
今大変な事になっている香港の映画も、注目の2つ。『ファストフード店の住人たち』という作品。この映画の英語タイトルが面白くて、『I’m livin’ it』 とどっかで聞いたことのある、あの、大手ファストフード店のCMのやつですね。タイトル通り、居住地が無くてファストフード店に住んでいる主人公たちの物語。香港の格差社会の問題が浮き彫りになった作品なんですけど、登場人物がまぁ豪華な俳優陣で。50代以降の方で好きだった人も居たんじゃないでしょうか、ノラ・ミャオという、70年代の香港のアイドル的存在の女優さんが、今回音楽教室の先生役で登場してるんです。作品もできたてホヤホヤで。もちろんワールド・プレミア上映です。
今年のアジア映画の全体の傾向を1つ言うと“ホラー色“強めという事かと。そんな中、フィリピンでも面白い作品があります。マレーシア出身でフィリピン在住の監督が、多国籍スタッフたちと一緒に撮影した作品で、国際化の進むアジアのホラー映画の今年の代表格です。テイストは、わかりやすく言うとキューブリックの『シャイニング』と『エイリアン』シリーズを掛け合わせた様な感じですね・・・本当にこれは出来が良い。
そして今年でシリーズ6年目の【国際交流基金アジアセンターpresents「クロスカットアジア」部門】。毎年、1つの国や、テーマに沿って特集を重ねてきたんですが、昨年の音楽映画特集「ラララ♪東南アジア」に続き、今年は・・・「ぞぞぞ・・・」と言うべきか。「ファンタスティック!東南アジア」と称して、実は“ファンタ”映画の宝庫である東南アジアの知られざる一面についに触れるという。東南アジアは、実はJホラーへのリスペクトも大きくて。各国の映画祭に行くと「NAKATA」「HIDE」と皆口を揃えて、映画祭のゲストに招きたいと言う人がいますね。もちろん、サッカー選手の方では無くて、『リング』の中田秀夫監督の事な訳なんですが。ちなみに、タイ伝統の土着型オバケに【クラスー】という、「首だけ女」がいるんです。しかも首に内蔵がくっついてきて、それだけで飛び回るというオバケ。『マッハ!』や『チョコレート・ファイター』の大作系エンタメ監督が、実はずっとホラー映画を作りたかった!と実現した作品で『Sisters』という、これまたホラーにありがち“双子もの”。これも是非観て欲しい。それと、今年僕が一番観て欲しいとも言える『リリア・カンタペイ、神出鬼没』。これもフィリピンの、ある意味ホラー映画なんですが、モキュメンタリーとして撮られ、2011年製作の少し前の映画ではあるんですが、本当にオススメしたい。実在した、ギネス並の出演本数を誇る名脇役ホラー女優さんが、映画の中で生まれて初めて“女優賞”ノミネートをされてしまう、というもので。これは本国でも大ヒット、本当に現実世界では国内映画祭でこの映画での女優賞を受賞し、亡くなったという後日談も面白い作品。
それと齊藤工監督の最新作も紹介しますよ。『家族のレシピ』という斎藤さん出演作で、監督を務めたエリック・クーが製作総指揮を務める【フォークロア】というシリーズの1つ『フォークロア:TATAMI』。齊藤監督初のホラー作品で、北村一輝さんが主演の話題作です。じとーっとしてます笑。
そして最後に海外映画祭ですでに受賞をしていたり、日本にはまだ来ていないけど、実は世界で超話題になっていたりする作品をいち早く観る事の出来る「ワールド・フォーカス」部門。こちらのアジア映画も僕が担当しています。唯一の台湾映画『ひとつの太陽』は、家族の再生もの。1度崩壊してしまった4人家族が再生していく姿を丁寧に切り取ってます。今年の台湾映画で際だって出来が良かったので選びました。それと、タイのアイドルBNK48のジェニス、ミュージックが共演した王道青春映画『私たちの居場所』。タイ映画は特に“青春”が浮き出ますよね。おじさんもキュンキュンしちゃいます。


■日時:10月3日(木)19:30~
■会場:LOFT9 Shibuya
■登壇者:矢田部吉彦(「コンペティション」部門、「日本映画スプラッシュ」部門他プログラミング・ディレクター)
石坂健治(「アジアの未来」部門、「クロスカット・アジア」部門他プログラミング・ディレクター)
■MC:松崎まこと(映画活動家)


■第32回東京国際映画祭
■開催期間:10月28日(月)~11月5日(火)
■会場:六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区) 他
■オフィシャルHP:https://2019.tiff-jp.net/ja/
■チケット発売 :10月12日(土)より~

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


Facebook

注目映画

  1. 画像,羊とオオカミの恋と殺人
    イントロダクション 好きだから殺されてもいい!? 自殺志願者と殺人鬼による青春猟奇的ラブストーリ…
  2. 2.5次元俳優躍動!田園ボーイズ
    ニュース 人気 2.5 次元俳優×新進気鋭の脚本家軍団が織りなす、青春サクセスストーリー連続テレビ…
  3. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  4. 画像,サイゴン・クチュール
    全ての女の子に捧ぐ、 カワイイがつまったビタミン・ムービー! 映画『サイゴン・クチュール』 ■…
  5. 画像,殺さない彼と死なない彼女,桜井日奈子
    君の隣で、世界は変わる。 ■イントロダクション 「何度読んでも泣いてしまう」「心が洗われる」「明…
  6. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  7. 画像,この世界の(さらにいくつもの)片隅に,アニメ
    誰もが誰かを想いひみつを胸に 優しく寄り添う 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』 ■イ…
ページ上部へ戻る