「なつぞら」番長役板橋駿谷オフィシャルインタビュー到着!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭観客賞受賞『歩けない僕らは』

dTV

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019観客賞受賞映画
『歩けない僕らは』 、
「なつぞら」番長役でブレイクした板橋駿谷の
オフィシャルインタビュー解禁!

【ニュース】
7月にSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019で国内コンペティション短編部門の観客賞を受賞した映画『歩けない僕らは』が、11月23日(土)〜新宿K’s cinemaほかにて公開される。

理学療法士の田口リーダーを演じた、「なつぞら」番長役でブレイク中の板橋駿谷のオフィシャルインタビューが届いた。

Q.理学療法士の役でしたが、オファーを受けてどう思いましたか?
俺自身が怪我して理学療法士さんにかかったことがあるから、「これ、いけるよ!これはやれるよ!」と思いました。経験があることとないことってめちゃくちゃデカイと思うんですよ。(撮影のために)改めてリハビリ施設に行って、今度は逆の立場で見ていくわけじゃないですか。なんでこんなに明るく声をかけるのかということが、すごく理解ができました。明るく声をかけるのが、患者にどれだけ安心感を与えるのか。あの時の俺を思い出して、お世話になったな本当に、と理学療法士の方たちに改めて感謝しました。

Q.脚本を読んだり、お会いした、佐藤快磨監督の印象はいかがですか?
ちょっと皮肉があるというか、世の中の思っていることに対してアンチテーゼになっていると思います。
良い意味でちゃんと突っぱねたいんだなと。だから監督ってあんなに優しいんだなと思うんです。
優しいからそれだけ想いが強いんだなと感じました。

Q. 主人公の先輩である田口リーダー役でしたが、どのようなことを心がけて演じましたか?
上に山中聡さん演じる課長がいるという設定でしたが、たまたま俺が理学療法士さんにかかっていた時に、全く同じ構造だったんです。一番上の人はどっしりと声を出して、優しい感じで現場を包んでいるんですよ。中間の人は、ちゃんと声を出しながら、フットワーク軽く、あっちに行ったりこっちに行ったりしながら、新人の指導もやって、言うことはちゃんと言う、という人だったんです。演じた田口は、患者さんファーストな感じで、「お前の人生はお前の人生だけど、俺らのやっている仕事は、患者さんの人生が一番だから、お前にできないことはもうやらせられない」ときっぱり言える人。どっしりとしながらも、きっちり厳しくしなくてはいけないところは厳しくする、というのを気をつけました。

Q.「なつぞら」の番長役でしか板橋さんのことを知らない方からは、素敵な先輩役で意外だったという感想もあったのですが、ご本人は、番長と田口リーダーと、どちらの方が近いと感じていますか?
番長の方が近いです。いつになったら田口みたいにどっしりとできるんだろうと思っています。あの映画を撮った時は33歳だったので、今やったらやり方がちょっと変わるんじゃないかなと思います。

Q.主演の宇野愛海さんとの共演はいかがでしたか?明るくて良い子で、すごく真面目な子です。それが役にも活かされていました。真面目に役と向かい合っている。撮影の合間はおちゃらける瞬間もあって。それが若さだし、その年代その年代でできる役というのがあると思いますが、それがフィットしていると感じました。

Q. 課長役の山中聡さんとの共演はいかがでしたか?「役者の先輩だな」と思うような優しさがありました。先輩先輩して威張らなく、それでいてちゃんと先輩としての立ち位置にいてくれるのが素敵だなと思いました。ただ山中さんを見ていればよくて、考えないで課長との関係性というのができたので、楽でした。それが助かったし、勉強にもなりました。

Q.本作で一番難しかったところはどこですか?
怒るというのが苦手なので、先輩として「お前には預けられない」と言うところが難しかったです。怒りたくないけれど怒らなくちゃいけないという先輩としての部分です。理学療法士のやり方は、監修の方がちゃんと教えてくださったし、患者としてリハビリをやっていたから、そこまで難しくなかったです。

Q.特に注目してもらいたい部分はありますか?
新人理学療法士と脳卒中になって半身不随になる青年(落合モトキ)の成長がまず大きくあり、それを取り巻く人たちの物語があります。人間的な成長や仕事的な成長もあるけれど、そこに散りばめられた物語がずっと動き続けているというのが一番の見所だと思います。

Q. 読者の方にメッセージをお願いします。
この映画を観た時に、目標・ゴールって一杯あるんだなと思ったんです。この映画を観たら、そのゴールって今どこなんだろうって、観客の皆さんのそれぞれのゴールが動き出すと思います。それが近くにあるか、すごく遠くにあるかは見た人それぞれだけれど、ゴールをみんなで見つけにいければいいんじゃないかなと思います。

■ ストーリー
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

■ 『歩けない僕らは』予告編

■ 監督・脚本・編集
佐藤快磨

■ キャスト
宇野愛海 落合モトキ
板橋駿谷 堀春菜 細川岳 門田宗大
山中聡 佐々木すみ江

■ 公式ホームページ
www.aruboku.net

■ コピーライト
©映画『歩けない僕らは』

11月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開他全国順次

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  2. 哀愁しんでれら
    なぜその真面目な女性は、社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのかー 児童相談所で働く 26 歳の福浦…
  3. 特殊能力を持つ3人の内面に迫るキャラクター紹介映像解禁!映画「さんかく窓の外側は夜」
    謎を解け。闇を裂け。 2021年1月22日(金)より、映画『さんかく窓の外側は夜』が全国公開となり…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 陶王子 2万年の旅,画像
    2 万年の人類が、大丈夫だよ、と呼びかけてくる ~ 土と炎とその色と―これは一杯の「器」の向こうに…
  7. 映画『おもいで写眞』,画像
    『ユリゴコロ』『ごっこ』熊澤監督最新作 主人公結子が出会いを通じて”人生”と向き合う成長物語 …

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る