石川慶監督、2年ぶりにワルシャワへ凱旋!!
『蜜蜂と遠雷』が求めた“至高の音”に会場も拍手喝采!!
〈ワルシャワ国際映画祭 レポートご紹介〉

【ニュース】
史上初の快挙となる<直木賞>(第156回)と<本屋大賞>(2017年)のW受賞を果たし、現代を代表する作家の一人、恩田陸の新たな代表作となった名作「蜜蜂と遠雷」が豪華キャスト、スタッフ陣により映画化され大ヒット上映中です!

一切の妥協なく、本物の音を追求した本作。作品を鑑賞した方々からは「音楽、特にオーケストラとの共演は圧巻。」、「4人のピアニストの演奏はそれぞれ原作どおりの個性が際立ち、その迫力と美しさに圧倒されました。」、「ピアノに縁がない自分でも引き込まれた。演奏場面は特等席で聴いているようだった。」など劇中で奏でられる演奏に圧倒される方が続出しております。

そしてこの度、ポーランドで開催されている第35回ワルシャワ国際映画祭の《インターナショナル・コンペディション部門》に出品され、14日(現地時間)に現地で上映。映画制作をポーランドで学んだ監督・石川慶、本作の撮影監督を務めたピオトル・ニエミイスキ、劇中でコンクールの審査員ナサニエル・シルヴァーバーグ役を務めたポーランド出身の俳優 アンジェイ・ヒラが登壇しマスコミとのQ&Aに参加しました。
左から、アンジェイ・ヒラ、石川慶監督、ピオトル・ニエミイスキ

登壇者全員がポーランドに所縁があり、世界最高峰のピアニストを決めるショパン国際ピアノコンクールが開かれるワルシャワの地での上映など、『蜜蜂と遠雷』と深い縁で繋がる本映画祭。上映が終了し、3名が登壇すると割れんばかりの拍手で迎えられました。Q&Aがスタートし、あまりにもリアルでダイナミックな演奏シーンについての質問で役者陣はピアノの経験があったのかという問いに対し石川監督は「演奏シーンは全て本人たちによるもので、CGなどでの加工をすることは一切しませんでした。最初から誰もがピアノをスムーズに弾けたわけではなく、5か月くらいの練習期間があり、本編の演奏シーンはすべて役者陣の努力による演技の賜物です。」と回答。圧巻の演奏シーンに、感慨に浸る観客も多く見受けられ続けて石川監督は「ピアノ演技指導者として、手元のみを担当してくださるピアニストの方がいました。彼らと俳優さんの二人で一人の役柄を形成することを企図しました。」と“本物の音への追求”に徹底したことについて熱く語りました。ピアノ演奏についての質問はまだまだ続き、監督の思うピアニスト像を構築できたかという質問に対し「映画を作る前にピアニストの方々にたくさんのリサーチを行いました。自分の中では『誰も聞く人がいなくても、ピアノに向き合い高めていく人たち』が私の中のピアニストのイメージです。」とコメント。また、ポーランドの名優 アンジェイ・ヒラについての質問も。開場前もアンジェイに握手を求める方々が続出し、地元を代表する名優の出演に会場は熱気を帯びていました。アンジェイの起用理由について聞かれた石川監督は「撮影監督のピオトルとキャスティングについてスカイプで話をしている際、“良い役者さん”にナサニエル役をお願いしたいと考えていると話していました。そのとき、アンジェイさんにお願いするのはどうかという話になりました。無理な話だと思いながらオファーをして受けてくださったんです。まずあり得ないと思っていましたし、本当に光栄で幸せです。」とキャスティング時を述懐しました。そして、最後にクラシック音楽映画としての完成度を絶賛され、誰かにアドバイスは受けたのかという質問に「自分自身があまりクラシック音楽に精通してないので、たくさんの人にアドバイスを頂きました。また、脚本を書きあげる前に、日本有数のピアニストの方々に演奏をお願いできたおかげで、彼らの演奏を聞いてそれを脚本に落とし込めた側面も多分にあったかと思います。」と回答しQ&Aは終了しました。終演後も多くの観客に取り囲まれ、現地のTV取材も受けるなど本作への期待の高さが伺えるイベントとなり、大盛況で幕を閉じました。

■ 『蜜蜂と遠雷』予告編

■ STORY
芳ヶ江国際ピアノコンクールに集まったピアニストたち。復活をかける元神童・亜夜。不屈の努力家・明石。信念の貴公子・マサル。そして、今は亡き“ピアノの神”が遺した異端児・風間塵。一人の異質な天才の登場により、三人の天才たちの運命が回り始める。それぞれの想いをかけ、天才たちの戦いの幕が切って落とされる。はたして、音楽の神様に愛されるのは、誰か?

■ 監督・脚本・編集
石川慶

■ キャスト
松岡茉優 松坂桃李 森崎ウィン
鈴鹿央士(新人) 臼田あさ美 ブルゾンちえみ 福島リラ/ 眞島秀和 片桐はいり 光石研
平田満 アンジェイ・ヒラ 斉藤由貴 鹿賀丈史

■ コピーライト
©2019 映画「蜜蜂と遠雷」製作委員会

大ヒット上映中

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

 友だち追加

コメント

注目映画

  1. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  4. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  5. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  6. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…

映画ログプラス Youtubeチャンネル

映画の予告動画など多数掲載!
映画ログスタッフによる、キャストや監督さんへのインタビュー動画も!!
髙石あかりさんベイビーわるきゅーれ』【インタビュー】
ページ上部へ戻る