第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

のん「本当に嬉しいです!」
第32回東京国際映画祭
レッドカーペット
『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

【登壇時挨拶】
のんさん
:今日はこのような映画の祭典に呼んでいただきまして、本当に嬉しいです。私の中でとても大切な作品になっているので、観ていただける機会が出来てとても嬉しく思います。

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督
片淵須直監督:3年前、東京国際映画祭で『この世界の片隅に』という映画をはじめて一般の方々の前に登場したわけなんですけれども、それから3年経ってまた新しい映画となって戻ってくることになりました。実はまだ映画完成していないんですね、今晩、編集室に行って完成させてきます(笑)

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

レイチェル・チャンさんからの質問

――片渕監督には2016年に東京国際映画祭に参加していただきましたが、今回はどういった作品異なるのでしょうか?
片渕須直監督:3年前にこの映画祭で初めて一般の方々の皆さんに観ていただくことが出来て、で、皆さんにはすずさんに出会っていただいたんですけれども、そこから新しいすずさんは、あの同じ日々の間にすずさんこんな体験してたんだな、こんな表情見せていたんだなっていうところが今度は付け加わって、そしたら別の映画になったんですね。新しい映画としてまた来ることが出来ました。

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

――今回は二度目のすずを演じることになりましたが、いかがでしたか?
のんさん:再び同じ役に参加させていただくというのは、初めての経験だったので、凄く緊張したんですけど、凄いシーンに挑戦できたので、私としてはとても貴重ないい経験ができて嬉しかったです。

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

第32回東京国際映画祭 レッドカーペット 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』のん 片渕須直監督

【映像】のん、片渕須直監督、真木太郎プロデューサー!!

第 32 回東京国際映画祭
■開催期間:2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)
■チケット絶賛発売中!
■会場:六本木ヒルズ、EX シアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)
■公式サイト:www.tiff-jp.net

第 32 回東京国際映画祭
2019 年 10 月 28 日(月)~11 月 5 日(火)

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 画像,EXIT
    韓国動員数940万人突破の大ヒット! 『新感染』の次に見るべきサバイバル・パニック映画はこれだ! …
  2. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  3. 画像,IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。
    ホラー映画歴代興収No.1! すべての謎が明らかになる! 『IT/イット』完結! ■イントロダ…
  4. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  5. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  6. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  7. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…

Facebook





ページ上部へ戻る