画像,テイクオーバーゾーン
5 6件

『テイクオーバーゾーン』
第32回東京国際映画祭
ヒロイン吉名莉瑠の名演技に注目!

11月4日(月)TOHOシネマズ六本木ヒルズにて『テイクオーバーゾーンが上映されます。第2回ジュブナイル脚本大賞受賞シナリオを映画化。(東京国際映画祭HPhttps://2019.tiff-jp.net/ja/

コメント(※ネタバレ注意)

今では当たり前になってしまった両親の離婚。その犠牲になる思春期の多感な子供たちの心情を描いた作品。荒んだ日常を生み出す傷ついた心は「早く大人になりたい」と呟く。そんな主人公の沙里(吉名莉瑠)は、陸上部員として自分の居場所を見つけ、友情を見つける。切なくも成長していく沙里の心を見つめていると、温かい目で見守って応援したくなってくる。
初主演の吉名莉瑠(よしなりる)の名演技にも注目だ。
【東京国際映画祭 レッドカーペット 左から糸瀬七葉さん、内田慈さん、吉名莉瑠さん】
TIFF2019,東京国際映画祭,テイクオーバーゾーン

あらすじ・ストーリー

全てに牙剥く日々から
新たに走り出すラスト2分22秒のワンカット
沙里が11歳のとき、両親は離婚し、母親は大好きな弟を連れて出て行った。それから3年。
だらしのない父親と部費も払えないギリギリの生活を送るなか、陸上部エースながらも傍若無人に過ごしていた沙里は、久々にスーパーで弟と再会する。
しかし傍にいたのは沙里の母親と、沙里とは水と油のような関係の陸上部部長・雪菜……。
かたまる沙里に母は告げる。「あの人から聞いてないの?再婚の話。雪菜ちゃんのお父さんと、って……。」
行き場の失った少女はどこへ向かうのか、逃げ続けた少女の行方はー。

『テイクオーバーゾーン』予告動画

公式HP

https://toz-movie.com/

映画『テイクオーバーゾーン』作品情報

第2回ジュブナイル脚本大賞受賞シナリオを映画化。中学校の陸上部を舞台に、複雑な家庭背景を持つ14歳の少女の葛藤と成長を描く。山嵜監督の出身地、古都・奈良で撮影された。

キャスト

吉名莉瑠、内田 慈、川瀬陽太

監督

山嵜晋平

京都府 6/12~ イオンシネマ高の原
奈良県 6/12~ イオンシネマ西大和
奈良県 6/19~ ユナイテッド・シネマ橿原
東京都7/31~キネカ大森
上映決定!!
※上映劇場が決まり次第、情報更新予定。
(詳しくは公式HPへ)

※映画ログ非会員専用

友だち追加

23
コメント

avatar
13 コメント数
10 スレッド数
0 フォロワー数
 
最も反応が多いコメント
最も勢いのあるコメント
14 コメント者数
映画「テイクオーバーゾーン」奈良の母近大娘meepaリレー選手の母M 最近のコメント
新しい順 古い順
奈良の母
奈良の母

陸上部員役は奈良の中学生たちと聞きました。セリフはそれほど多くはなかったけど、表情で語るようなシーン、アップのシーン、競技場でリレー選手として力強く走るシーン、どれも素晴らしかったです。出演された方々は、とても貴重な経験になったのではないでしょうか。

3+
近大娘
近大娘

4回観ました。何回観ても、ストーリーやセリフを知っていても、観る度に様々な感情が湧いてくる不思議な映画です。そして毎回、ラストで泣けてしまいます。こんなに心揺さぶられる映画は初めてです。是非全国ロードショーで!
と強く願っています。一人でも多くの方に観ていただきたい、オススメ映画です!

3+
meepa
meepa

3回見ました。自分の育った町が誇らしく思いました。ドローンで撮影するとこんな綺麗に見えるんだーと今更ながら沢山いい場所が発見できました!
見るたびにテイクオーバーゾーンとゆう題名の意味がわかるようになりました。この作品は吉名さんの為に作ったのかな。吉名さんを見て描かれた物語なのかな?と思うくらいにカチッとはまりました。久々に泣きました。ソーシャルディスタンスのおかげで人目を気にせず泣けました。小さな子供、小学生くらいかな。の男の子が泣いていたのに驚きました。小さな子供にもわかりやすく泣ける良作です。是非全国で。

4+
映画「テイクオーバーゾーン」

奈良の美しい街並みもしっかり描かれていましたね!小学生の男の子にも感動してもらえて嬉しいです😊

1+
リレー選手の母M
リレー選手の母M

4回観に行きました。観れば観るほど、登場人物それぞれの感情が深く読み取れて、改めて、誰一人悪者はいない映画だなと思いました。(強いて言うなら、同じクラスのコワイ女子たち)主演の吉名さんの目の演技が素晴らしく、特に、ゆきなちゃんにイスがあたったとわかった瞬間の怯えるような目、ラストの陸上競技場で母親に抱かれた瞬間の目が大好きです。
4回観たけれど、また何回も観たくなる、不思議な中毒性のある、最高の映画です!

7+
映画「テイクオーバーゾーン」

4回も観に行ってくださり、ありがとうございます😊

1+
ヨッピー
ヨッピー

昨年の東京国際映画祭にて鑑賞しました。
川瀬さん、内田さんの名演技の中 様々な葛藤を演じた吉名さんの名演技に心を持って行かれました。
ラストのロングカットについてはスクリーンへ引き込まれる程のシーンでもあり全体を通し、また観たくなる不思議な作品でした。
現在、奈良、京都にて上映中ですが、全国上映の際はまた鑑賞したいと思います。
奈良県の素晴らしい絵、瞬間、出演された皆様、また地元の方々の協力あってこその【テイクオーバーゾーン】を今後も応援しております!!

6+
映画「テイクオーバーゾーン」

キャストの皆さん素晴らしい演技でしたね!
7月31日(金)よりキネカ大森でも上映致しますので、是非劇場でご鑑賞ください!😊

1+
陸上部員の母
陸上部員の母

奈良県民で、陸上部のエースだった息子を持つ私には、とても身近に感じられる映画でした。しかも、馴染みの競技場での撮影…☺️
息子も高校時代、リレーの3走で、全国インターハイに行ったので、ラストのリレーシーンは母親目線で本当に感動しました✨
サリちゃんの一生懸命な演技も良かったし、お父さん、お母さん、ゆきなちゃんも素晴らしい演技でした!
沢山の人に観てもらいたい素敵な映画に出会えました❣️

5+
映画「テイクオーバーゾーン」

映画の登場人物たちと共通点がたくさんあると他人事として見れないくらい感情移入してしまいますよね!☺️

1+
リレー選手母
リレー選手母

吉名さんの目が大好きです。多感な中学生のもつ危うさ、寂しさ、苛立ち、すべてが込められていて、それが自然にスクリーンに映っている。親目線になったり、昔の中学時代の自分を思い出したり。色々な感情が湧いてくる素敵な映画です。一人でも多くの方に観てもらいたいオススメ映画!

6+
映画「テイクオーバーゾーン」

目力が素晴らしいですよね!今後の活躍が楽しみです!☺️

0
ありがとう
ありがとう

映像、音楽、ストーリー、すべてがしっくり合う、見ていて心地良い映画です。奈良に住むある家庭のドキュメンタリーを見ているようなリアルさが終始ありました。
リレーシーンは清々しく、映画の終わり方は潔く、上映後しばらくは席を立てず、色々な感情が湧いてきました!

7+
映画「テイクオーバーゾーン」

ご鑑賞頂きありがとうございました😊
鑑賞後の余韻にもたっぷり浸かって頂きたいです!

0
M A
M A

現代の中学生のスマホ、ネットの危うさもリアルに描かれている。悪意はさほどなくても、結果として誰かを追い詰めてしまう。そんなことは、今の中学生にとってはあたりまえなのかも知れない。

7+
映画「テイクオーバーゾーン」

スマホを持っていて当たり前の今の中学生たちにとっては劇中に起こるようなことも珍しいことではないのかもしれませんね、、

0
駐車場
駐車場

登場する大人たち、一見自分勝手で自由奔放に見えるが、しっかり自身と家族と向き合っているのがわかり、子の目線、親の目線、色々な角度から考えさせられる映画です!
たくさんの方に観てもらいたいです。

7+
映画「テイクオーバーゾーン」

見る人によって誰に感情移入するかも変わりそうですよね!是非多くの方に見てもらいたいですね😊!

1+
M 2
M 2

奈良の美しい景色と主人公の複雑な家庭状況がミックスされ、何とも言えない感情に包まれます。上映後はすすり泣きが劇場内に響くほどの、感動作!

7+
映画「テイクオーバーゾーン」

ご鑑賞頂き、ありがとうございます!より多くの人に感動を劇場で共有して頂きたいですね!😊

2+
M M
M M

期待以上の素晴らしい映画!
ラストのロングカットで、感情を一気に持っていかれました!小4娘も『最後に泣いちゃったー』とのこと。幅広い世代に観てもらいたい!
全国ロードショー、待ってます!

8+
映画「テイクオーバーゾーン」

親娘で鑑賞して頂きありがとうございます!😊
ラストのロングショットは是非劇場で体感してほしいですね!

4+
yun
yun

身近な話のように見えました。共感しながら見れました。奈良の町、とても綺麗でした。演じているのですが、普通の親子に見えました。すーっと物語にはいりきれるくらい自然体な演技に感動しました。吉名さんにひかれました。

7+

注目映画

  1. ライド・ライク・ア・ガール,画像
    前人未到の栄冠を手にした女性騎手の努力と挫折を重ねた半生を描く 映画『ライド・ライク・ア・ガール』…
  2. 君が世界のはじまり,画像
    ブルーハーツの名曲が劇中歌に! 高校生たちの言葉にできない心の叫びが溢れ出す 映画『君が世界のは…
  3. ぶあいそうな手紙,画像
    人間、最後の最後までわからない。 「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす。 可笑しくて温か…
  4. WEB用_コンフィデンスマンJP プリンセス編
    今度のオサカナは史上ダントツ最大!? 資産10兆円のシンガポールのウルトラスーパーリッチ! 映画…
  5. 映画『劇場』,画像,松岡茉優,山﨑賢人
    芥川賞作家・又吉直樹が描く“初の恋愛小説”を行定勲監督が実写化! 作家・又吉直樹が芥川賞受賞作品と…
  6. WAR ウォー!!,画像
    『サーホー』を抜いて2019年、インド国内興行収入第1位!! 全米をはじめ、世界30ヶ国で大ヒット…
  7. 海底47m 古代マヤの死の迷宮,画像
    神秘の海底マヤ遺跡の罠 盲目のサメ 洞窟崩落 消えた出口 潮流トラップ 500 年ぶりの生贄は、…

アナ雪2!最高のエンタメを自宅で!

4月22日(水)からレンタル配信スタート!

主題歌
「イントゥ・ジ・アンノウン~心のままに」

新着コメント

ページ上部へ戻る