映画『仮面病棟』監禁された主演坂口健太郎、永野芽郁が逃げる!追加キャストに高嶋政伸、内田理央、江口のりこ、大谷亮平!

監禁された主演坂口健太郎、永野芽郁が逃げる!
この病院=謎からは、決して逃げられない。
ノンストップ脱出ミステリー
<次から次に謎が押しよせる>臨場感満載の映像初解禁!
追加キャストも発表!

【ニュース】
シリーズ累計発行部数100万部に迫り、ポスト東野圭吾と注目される現役医師・知念実希人が描く傑作ベストセラー「仮面病棟」の映画化が決定、2020年3月6日(金)より全国公開となる。9月に実施した企画発表時の大きな反響を受けて、次から次に謎が押し寄せる臨場感満載の特報映像が初解禁となった。

解禁された特報映像は、ある日病院がピエロの仮面をつけた凶悪犯に占拠されるシーンからスタートする。監禁されたのは、一夜限りの当直医の速水(坂口健太郎)と凶悪犯に撃たれケガを負った女子大生の瞳(永野芽郁)。鉄格子で閉ざされ危険な密室と化した病院から脱出を試みる2人が病院の不可解な異変――「入院記録のない患者」「通報しない病院スタッフ」「あるはずのない病室」に次々と遭遇する。そして、生きて病院を出る為に隠された衝撃の真相に挑む、ノンストップ脱出ミステリーだ。一体、ピエロ面の凶悪犯の目的は何なのか?なぜ、この病院を選んだのか? 監禁された2人は、この謎だらけの病院から逃げられないのか? 想像と期待を掻き立てられる特報になっている。

本作が「映画」単独初主演となる坂口健太郎が演じるのは「一夜限りの当直医・速水」。密室と化した危険な病院内で次から次へと不可解な異変に遭遇しながらも、ケガをした瞳を守り脱出するという確固たる決意を秘めた緊迫感ある演技を披露する。

そして、ヒロインの「ケガを負った女子大生・瞳」を演じる永野芽郁は、これまでに演じたことのないミステリアスな雰囲気と共に緊迫感溢れる迫真の演技で、坂口と共に息もつかせぬ脱出劇を繰り広げる。

自らが同じ危機的状況に巻き込まれたとしたら坂口は「自分がこのような状況になったら、この病院の謎を解くというより、この危機的状況で命が無くならないよう生還する事を意識すると思うが、生きる事に加え、この病院の謎を解くために行動する速水の姿はカッコイイと思う」と緊迫した状況下で行動していく主人公・速水の雄姿を語る。同じく永野は「逃げれない状況の中、何かしたら殺されるかもしれないと思っているので、静かに目立たないようにしていると思う。ただ、生き残りたいとは思いますが、その時によって何が最善なのかはわかりませんけどね」と本作に更に隠された展開を匂わせる。

また、本作の舞台について坂口は「ここはもともと病院だった場所なので、リアルな映像になっている」と語り、永野も「原作を読んだ時の印象がそのまま表れていて、何かがありそうな感じがある」とコメントする通り、1年前まで実際に運営されていた病院を撮影に使用し、リアリティある病院内のたたずまいと、鉄格子で囲まれ、次から次へと謎が押し寄せる病院の臨場感を再現し撮影に臨んだことを明かした。

謎の病職員役に 高嶋政伸内田理央江口のりこ大谷亮平

そして、物語の謎をさらに深める登場人物/共演者も発表された。警察への通報を頑なに拒む田所院長役に高嶋政伸、院長と共に何かをひた隠す怪しい看護師・佐々木香役に内田理央と同じく看護師・東野良子役に江口のりこ、事件当日に突如、速水に当直医の担当変更を依頼した医師・小堺司役に大谷亮平と演技派俳優が集結し、怪しく危険な病院の謎をより一層深めている。

2年連続本屋大賞ノミネートを果たすなど今最も注目を集める知念実希人による原作「仮面病院」は、現役医師であり作家という異例の経歴を持つ彼が描く精巧で緻密な病院ミステリー。知念作品初の実写映画化となる本作の監督は、ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」など話題のサスペンスミステリーを数々手掛け、映画『屍人荘の殺人』の公開も控える木村ひさし

次々と遭遇する不可解な謎と、ピエロの仮面の凶悪犯の犯行目的…この病院で様々な謎に迫られながら、速水と瞳は果たして無事に脱出できるのか?この病院の仮面の下に隠されたものとは?ノンストップ脱出ミステリー映画の完成に期待が高まる!

■坂口健太郎 コメント
・最初に脚本を読まれての感想は?
一つの事がわかるとドンドン転がって行って、転がって行った先に冒頭で話した欠片みたいなものがピッタリと歯車が合ってきたみたいな、息をつかせない作品になったら良いなと思いました。

・永野さんとの共演について
彼女と一緒に作品をするのはもう3年か4年振りで、だけど、こうやって全く違うキャラクター同士でお芝居するというのもとても新鮮でとっても難しい役だと思うので、僕も瞳の考え方を尊重したいと思いますし、良い化学反応がまた出来たら良いなと思います。

・映画のメインの舞台となる実際の病院の感想は?
物語の中での病院はどこか違和感があるなと、僕が演じる速水という医師は感じていくのですが、実際撮影させていただいた病院は今は使われていないのですが、元々生きている病院だったので、そこも含めてリアルな映像になっているだろうとは思いました。

・ご自身が映画のような事件に巻き込まれたらどうしますか?
命を一番大事にしようと思ったら、ただ生きるためなら何もしなくても生きれると思うんです。
時間になったらピエロが帰ってくれれば、だけど速水はもう一個上を行こうとし、生きる事にプラスして、この謎を解くという風に動いていく様はカッコイイと思います。

■永野芽郁 コメント
・最初に脚本を読まれた時の感想は?
素直に面白いと思いました。瞳という役を演じられることもとても嬉しかったですし、共演者の方が全員決まる前に台本を読ませて頂いていたので、どんな方が演じるんだろうと、映画化を楽しみにして下さっている方と同じような気持ちでいましたし、早くこの世界に入りたいと思いました。

・坂口さんとの共演について
とても安心感がありましたし、またご一緒出来て本当に嬉しいなと思いました。
坂口さんと目を合わせるだけで、そこに居て良いという気持ちになるので、瞳として気持ちを持っていかれ過ぎないように、自分の中でセーブをしながら演じていました。

・映画のメインの舞台となる実際の病院の感想は?
原作と台本を読んだ時の印象がそのまま表現されていて、何かありそうな感じはあるのですが、それが何なんだろうという不思議な力がある病院になっていて、これから楽しみです。

・ご自身がこんな事件に巻き込まれたらどうしますか
何もしないです、静かに。あんなに勇気を持ってカルテを探しに行ったりしないです(笑)。
ただただ静かに目立たないようにします。逃げれないですし、何かしたら殺されるかもしれないと思っているので、話しかけられるまで一言も発さないです。
生き残りたいとは思いますが、その時によって何が最善なのかはわかりませんけどね。

■ 『仮面病棟』予告編

出演:坂口健太郎、永野芽郁、内田理央、江口のりこ、大谷亮平 / 高嶋政伸
原作:知念実希人『仮面病棟』(実業之日本社文庫)
監督:木村ひさし(『屍人荘の殺人』)
脚本:知念実希人、木村ひさし
脚本協力:小山正太、江良至  音楽:やまだ豊
製作:映画「仮面病棟」製作委員会
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
配給:ワーナー・ブラザース映画
kamen-byoto.jp
原作クレジット:©知念実希人/実業之日本社
映画クレジット:©2020 映画「仮面病棟」製作委員会

2020年3月6日(金)全国ロードショー

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

おすすめの記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


注目映画

  1. 9月6日公開 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 永遠と自動手記人形』 ■イントロダ…
  2. 画像,EXIT
    韓国動員数940万人突破の大ヒット! 『新感染』の次に見るべきサバイバル・パニック映画はこれだ! …
  3. 10月11日公開 映画『イエスタデイ』 ■イントロダクション 昨日まで、世界中の誰もが知ってい…
  4. 画像,新聞記者ドキュメント
    東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞! 現代日本のリアルを捉えた挑戦的な試みが 「…
  5. 画像,ひとよ,佐藤健
    壊れた家族は、つながれますか。 白石和彌監督最新作 映画『ひとよ』 ■イントロダクション 十…
  6. 映画『第三夫人と髪飾り』
    10月11日公開 映画『第三夫人と髪飾り』 ■作品紹介 移りゆく季節。 色づく予感。 女たち…
  7. 画像,盲目のメロディ
    踊らないのに大ヒット! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采!騒然! ブッ飛んだ! ■…

Facebook





ページ上部へ戻る