映画『架空OL日記』憂鬱な日常を戦い抜くOLたちの賛歌「月曜日戦争」 吉澤嘉代子が主題歌続投決定!

バカリズム「原作」×「脚本」×「主演」
『架空OL日記』
憂鬱な日常を戦い抜くOLたちの賛歌「月曜日戦争」
多くの期待に応え、吉澤嘉代子が主題歌続投決定!
主題歌・公開日・ムビチケ発売決定!!

【ニュース】
バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化!!2020年2月28(金)に全国公開することが決定いたしました

ドラマ版でバカリズムのOL仲間を演じていたキャスト陣(夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子)に加えて、シム・ウンギョン、坂井真紀、志田未来、石橋菜津美の4人の出演が発表され、バカリズム演じる私とどのような化学反応を起こすのか話題を集めています。

そして今回、ドラマ版で主題歌を務めた吉澤嘉代子が本作でも担当し、曲も「月曜日戦争」の続投が決定いたしました!吉澤が初のドラマ主題歌として書き下ろした「月曜日戦争」は、週の始まりである憂鬱な月曜日と戦う等身大のOLの姿を歌い上げており、映画の主題歌としても使用されることが期待されるほど多くの女性から支持を得ています。吉澤は「やったー!!!と思いました。もういちど求めてもらえたことに、ふたたびあの世界のひとつになれることに、つくり手としての喜びを感じました。」と本作でも主題歌を担当することになった喜びを語っています。バカリズムも「もはや「架空OL日記」になくてはならない曲で、「月曜日戦争」も含めて「架空OL日記」というイメージです。」とコメント。また、「今回劇場版の主題歌として映画に寄り添えるようアコースティカルに再録しています。いつまでも見ていたい花園の続きがついに公開されます。ぜひ、エンドロールまでお楽しみください。」と吉澤が語るように「月曜日戦争」のドラマ版との違いにもご期待ください!

さらに本作のムビチケが11月15日(金)より全国の上映劇場にて発売することも決定!
数量限定特典としてミニクリアファイルがプレゼントされることが決定いたしました。『架空OL日記』の世界観を表すデザインとなっており、ファン必見のアイテムとなっております。ドラマ版のその後のOLたちの日常生活を描いた本作にぜひご注目ください!

2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマ「架空OL日記」…
原作は、バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。その唯一無二のOL観察力に、ブログを読んでいた誰もが「本物のOL」だと騙されました。「女心が分かりすぎている」「いや、頭おかしい」と話題を巻き起こしたこの怪作が、バカリズム本人主演で2017年に連続ドラマ化。「仕事して、飲んで、恋して、悪口言って…」銀行を舞台に世の中のOL達が思わず「分かる~!」と唸るOL達の日常生活を描き、放送が始まるやいなや多くの女性の支持を獲得しました。バカリズムが本人そのままの姿でOLに扮していることも話題になり、優秀番組・個人・団体を顕彰する賞「第55回ギャラクシー賞」にて奨励賞を受賞するなど高い評価を得ました。脚本を担当したバカリズムは、「同ギャラクシー賞」特別賞を受賞。さらに、優れた脚本家に贈られる「第36回向田邦子賞」を受賞しました。バカリズムは脚本家として他にも、ドラマ「素敵な選TAXI」(2014)では「第3回市川森一脚本賞」奨励賞を、日本テレビ初の朝ドラマとして話題をよんだ「生田家の朝」(2018)では「ギャラクシー賞」月間賞を受賞するなど、脚本を務めた作品が次々と賞を受賞。脚本家としての地位を確固たるものとしました。

吉澤嘉代子コメント
Q1:ドラマ版に続き、劇場版でも「月曜日戦争」が主題歌に決定しましたが、聞いた時のお気持ちをお聞かせください。
やったー!!!と思いました。私でなかったら泣いちゃっていたかもしれません。もういちど求めてもらえたことに、ふたたびあの世界のひとつになれることに、つくり手としての喜びを感じました。

Q2:「月曜日戦争」 は、初のドラマ主題歌として「架空OL日記」のために書き下ろされた作品とのことですが、どのようなお気持ちでこの歌は作られたものでしょうか?
日々を生き抜く社会人の心象風景として、月=月曜日と戦うOLの宇宙戦争を題材にしました。物語に登場するモチーフを散りばめて、ドラマの最終回に向かって歌詞の意味が明らかになってゆく仕掛けを意識しました。

Q3:今回、劇場版の主題歌となるにあたって、何かアレンジを加えた点などはありますか?
住田監督との打ち合せを重ねて、映画に寄りそえるようアコースティカルに再録することにしました。編曲・演奏は君島大空さんに手掛けていただきました。試写で初めて拝見したときに、映画の一部になれた嬉しい実感がありました。

Q4:吉澤さんにとって「架空OL日記」はどのような作品でしょうか?
自分の歌が何かの一部になれる喜び、人やひらめきとの出会いを与えて貰いました。バカリズムさんの畏怖の念すら抱くほどの完璧なパワーワードに刺激されました。

Q5:楽しみにしているファンの皆様へ、見どころなど一言お願いいたします。
いつまでも見ていたい花園の続きがついに公開されます。秀逸です。反芻してしまいます。ぜひ、エンドロールまでお楽しみください。

バカリズムコメント
Q1:ドラマ版と同じく、吉澤嘉代子さんの「月曜日戦争」が劇場版の主題歌に決定しましたが、 この決定を聞いた時のお気持ちをお聞かせください。
映画化が決まって脚本を書いている時から、主題歌は「月曜日戦争」のイメージだったので、決定した時も「そりゃそうだよね」という感じでした。

Q2:吉澤嘉代子さんの「月曜日戦争」について、どんな印象をお持ちでしょうか?
もはや「架空OL日記」になくてはならない曲で、「月曜日戦争」も含めて「架空OL日記」というイメージです。

■ 監督
住田崇

■ 脚本・主演
バカリズム

■ 公式ホームページ
http://www.kaku-ol.jp/

■ コピーライト
©2020『架空OL日記』製作委員会

2020年2月28日(金) 全国ロードショー

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. 僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46
    叶えた夢、そして決断… 欅坂46、彼らの5年間の軌跡 『僕たちの嘘と真実 Documentary…
  2. 宇宙でいちばんあかるい屋根,画像
    懐かしくて愛おしい、大切な心を探す奇跡と愛の物語 一番短くて大切だった夏― 映画『宇宙でいちばん…
  3. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  4. 僕の名はパリエルム・ペルマール,PARIYERUM PERUMAL
    ダリット(不可触民)出身監督が描く インド社会の暗部に迫る社会派ドラマ! 9月11日(金)よりキ…
  5. スペシャルズ
    『最強のふたり』の監督が贈る〈最強を超えた〉実話に基づく感動作! 政府が潰そうとした自閉症ケア施設…
  6. 画像,Daughters, 三吉彩花, 大塚寧々, 大方斐紗子, 津田肇, 阿部純子, 鶴見辰吾, 黒谷友香
    同じ速度で歩んでいくと思っていた友人同士。 ひとりの妊娠によって訪れる、ふたりの人生の変化を、『一…
  7. 事故物件,画像
    「恐すぎて部屋に入れない」読者が続出した ある芸人の実話を中田秀夫監督が衝撃の映画化 映画『事故…

DedachiKenta MV完成!

ページ上部へ戻る