江野沢愛美「杉野くんにメチャクチャ笑われました」映画『羊とオオカミの恋と殺人』トークイベント

ニュース

漫画アプリ「マンガボックス」で連載されるやいなや話題を呼び、閲覧数1位を独走した人気漫画「穴殺人」を映画化した『羊とオオカミの恋と殺人』。本作の試写会が11月13日(水)、東京・飯田橋の神楽座にて開催され、主人公の黒須(杉野遥亮)と宮市(福原遥)と同じアパートに住む川崎(笠松将)の妹・春子を演じた江野沢愛美と朝倉加葉子監督によるトークイベントが開催された。

江野沢さんに完成した映画を見ての感想を尋ねると「ひとこと、率直に言うと『福原遥、かわいい!』ですね。見ながらずっと『かわいい』と言っちゃってました」とニッコリ。福原さん演じる宮市は一見、ごく普通の女性のようで実は殺人鬼という過激な設定だが「ありえないけどリアリティがあって、ありえないのにありうるんじゃないか? という不思議な感覚に陥りました」と熱く語る。

江野沢さんが演じた春子は姿を消した兄を心配するかわいらしい女子大生。朝倉監督曰く、普段の江野沢さんは「どっちかというと、さばさば系でスッキリしている」とのことで、江野沢さんも「どうしたらキャピキャピできるかな? と考えて、普段よりもトーンを上げました」と役作りを振り返る。さらに「私は長女で、弟がいるんですが、お兄ちゃんに憧れていたので、(劇中で)『お兄ちゃん』と言えてよかったです!」と嬉しそうに明かした。

朝倉監督は春子役について「(宮市が犯す殺人について)事情を知らない人なんですが、ここぞというところで黒須くんにも宮市さんにもカウンターパンチを浴びせる人」と説明。「(黒須と宮市の)タイプに合ったカウンターパンチをしっかりと見せてくれた」と江野沢さんを称賛する。とはいえ、難易度の高い役柄とあって、テイクを重ねたシーンもいくつかあったよう。朝倉監督は「愛美ちゃんは普段から元気でチャキチャキしてるから動きが速いんです。春子が睡眠薬を盛られて、ムニャムニャと起きるシーンは、かわいいポイントを作りたいと思ってたんですが、愛美ちゃんはスパーン!と起きちゃって…」と苦笑まじりに述懐。

江野沢さんは「モデルなので…(笑)」とキレのありすぎる動きを釈明しつつ「監督から『酔っぱらった感じで』とも言われたんですが、あまりお酒を飲まないので…苦戦しました」と振り返った。また、春子のセリフで「警察沙汰」というワードがなかなか言えずに苦しんだこともあったそうで「(負のループに)ハマっちゃって本当に困りました。杉野くんにメチャクチャ笑われました…」と苦笑していた。

江野沢さんと福原さんは、同じ雑誌のモデルをしていた縁で長い付き合いだが、江野沢さんによると普段の福原さんは「妹っぽくてキャラ的にはかわいい感じ」とのこと。今回の現場でも「縄跳びにハマってて、ずっと縄跳びをしていました」と明るくかわいらしい人柄をうかがわせる。

一方で、役としてスイッチが入った際の福原さんについては「すごいな…と。それだけです。女優さんってすごいな、カッコいいなと思いました。いつもの遥とは違う、強い感じで…」と昔から知っているからこそ、その変貌ぶりに驚かされたようだった。

朝倉監督は人気漫画「穴殺人」の映像化について「殺人とかショッキングなシーンを超えた、その“先”に描かれている物語があるように感じました。殺人とかホラーのハラハラドキドキと、恋愛やラブコメのドキドキ・キュンキュンを織り交ぜて1個の映画にしたら楽しくなると思った」と意図を語る。

すでに映画を見た周囲の人たちからは「殺人」と「恋愛」をミックスさせた本作について「すごいものとすごいものを掛け合わせて新しいものができたね」「新しい感覚だね」といった感想が寄せられているという。この、いままでにないタイプの作品を朝倉監督は「血しぶきラブコメ」と命名! 「普段、ホラーをご覧にならない方も楽しんで見てもらえる作品を目指しました」と語った。

また、劇中の宮市の姿を見て「泣けた」という感想も届いているという。朝倉監督は「恋愛をしっかりとされてきた方の感想だと思います。他人から『こうした方がいいよ』などと強めのアドバイスをされることって多いけど、それはどこまでその人のことを見て言ってくれてるのか? ただ世間を見て、なんとなく『それはダメ』と話を進められてしまうフラストレーションってあると思います。宮市は、そこをきれいサッパリ斬り落としていく」と語り、恋愛や人間関係といった部分に関しても、人々の心に響く確かなメッセージを持った映画であることを力強くアピールし、江野沢さんも深くうなずいていた。

『羊とオオカミの恋と殺人』は11月29日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他、全国ロードショー。

予告

作品情報

■ストーリー・あらすじ
大学受験に失敗し予備校もやめ引きこもり、ライフラインを絶たれ絶望した黒須(杉野遥亮)は、壁につけたフックで首吊り自殺を図るもあえなく失敗。
その弾みで偶然にも、壁に穴が空いてしまう。穴を覗くと、美人で清楚な隣人・宮市さん(福原遥)の生活が丸見えで・・・。
その日から穴を覗くことが生き甲斐になり、どんどん宮市の虜になっていく黒須。
しかし、ある日彼女が部屋で行っている凄惨な殺人行為を目撃してしまい、声をあげてしまう。
目撃行為が見つかってしまった黒須はつい宮市に愛を告白。
殺されるかと思いきや、結果彼女と付き合うことに!
アルバイトも始め、デートをし、部屋では宮市の手料理を食べ、幸せ絶頂の黒須。
しかし宮市は、黒須とのデート中も構わず殺人を犯し…。
次は自分が殺されるのか?黒須の運命はいかに!?

■ 監督
朝倉加葉子

■ キャスト
杉野遥亮 福原遥 江野沢愛美 笠松将 清水尚弥 一ノ瀬ワタル/江口のりこ

■ 公式ホームページ
http://hitsujitookami.com/

■ コピーライト
©2019『羊とオオカミの恋と殺人』製作委員会
©裸村/講談社

11月29日(金) TOHOシネマズ日比谷他 全国ロードショー

※映画ログ会員の評価・感想・ネタバレ※

この映画の星の数と感想を映画ログでチェック

友だち追加

コメント

注目映画

  1. アジア系女性初の快挙!映画『ノマドランド』第78回ゴールデングローブ賞4部門ノミネート!
    フランシス・マクドーマンド主演 賞レース大注目作品! 賞レースを席捲する数多くの名作を世に送り出…
  2. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  3. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  4. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  5. 37セカンズ
    第69 回ベルリン国際映画祭 史上初の2冠! 映画『37セカンズ』 ■イントロダクション ベル…
  6. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  7. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る