落合モトキ、板橋駿谷、佐藤快磨監督がトークイベントに登壇! 映画『歩けない僕らは』

ニュース

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭 観客賞受賞
“回復期リハビリ病院”が舞台の映画『歩けない僕らは』 
落合モトキ、板橋駿谷、佐藤快磨監督がトークイベントに登壇!

本年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭で観客賞を受賞した、回復期リハビリテーション病院の新人理学療法士と彼女を取り巻く人々を描く『歩けない僕らは』が11月23日より公開され、11月27日(水)に、「おっさんずラブ(2016)」など人気作に出演が続く落合モトキ(29)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」の番長役でブレイクした板橋駿谷(35)及び佐藤快磨(たくま)監督(30)がトークイベントに登壇した。

日時:2019年11月27日(水) 
トーク:10:00〜10:15頃
フォトセッション:10:15頃〜10:20頃
登壇者:落合モトキ、板橋駿谷、佐藤快磨監督
会場:新宿K’s cinema

佐藤監督は脚本執筆前に、理学療法士さんだけでなく、元患者さん2人にも取材した。「取材する前は、”理学療法士さんが患者さんを見る”というベクトルでリハビリが進んでいくのかと思っていたら、取材をしたら、患者さんも意外と理学療法士さんの表情とかを見ていて、お互い見合っているという状況が面白いと思い、脚本に書いた」とのこと。

脳卒中の後遺症で半身麻痺となった患者・柘植(つげ)役の落合は、舞台となる回復期リハビリテーション病院にクランクイン前に見学に行った。「行ってみたら、リハビリをされている方たちは前向きというか笑顔で、『回復して何何をしたい』という意思・エネルギーを感じました」と話した。

板橋は、理学療法士の役のオファーが来た時の感想を聞かれ、「2年前に靭帯を切っていて、患者として1年リハビリテーションに通っていたので、この役はぴったりだなと思いました。リハビリは、なんでもない日常会話から始まるんですよね。自分は先輩役で、新人とベテランがいるという構図が、俺が行っていたリハビリ施設でも全く同じだったので、やりやすかったです」とのこと。リハビリの費用を聞かれ、「手術込みで両膝合わせて100万(円)いってます。たまったもんじゃないです。みなさん気をつけてください」と注意を促し、理学療法士役が来たことで、「ちょっとでも回収できたのでは」と笑いを誘った。

板橋は、2年前の撮影当時は舞台の仕事が多く、映像の仕事は少なかったそう。「年に3-4本ある内の1本だった。舞台は、稽古期間があってから本番なので、映像の現場は大変だった」と撮影時を振り返った。板橋は、最近は「なつぞら」の番長役が記憶に新しいが、いつもあたふたしているイメージがある「なつぞら」の番長役と、落ち着いた今回のリーダー役と、どちらがご自身に近いか聞かれ、「番長じゃないっすか?」と即答し、番長役しか知らない方が観ると、頼れる先輩役にびっくりされるという話を聞き、「なってんのかなー。俺も35だし、そうなっててほしいです」と話した。

落合は今回の柘植役は自分と近い部分はあったか聞かれると、「もし自分も半身麻痺になって、リハビリテーションに通うとなったら、不明確なところがでてきたりして、八つ当たりをしたりだとか、ああいう感じなメンタルになるかもしれない」と答えた。

お客さんからのQ&Aでは、「私のおばあちゃんが、脳梗塞で左半身麻痺なんですけれど、見終わってから、おばあちゃんとの向き合い方や家族との向き合い方が私の中で変わりました。みなさんは、映画を撮る前と撮ったあとで、変化はありましたか?」という質問があり、落合は、「お僕の身近にも半身麻痺の人がいるんですけれど、接し方が変わったなというところがあります。最初は全てをやってあげようと思ったんですけれど、1から10までやってしまうとその人のためにはならないと思って、1周して、突き放すじゃないですけれど、『自分でできるところはやってみましょうよ』というところも考えてもらえたらなと思いました」と回答。佐藤監督は、「映画の準備中にうちの祖父も脳卒中で倒れてしまって、祖父は一言も話せない状態になってしまったんですけれど、話さないと祖父が何を考えているのかが全然わからないというところで、父親とも『こういうことを考えているのではないか』と話したりする経験がありました。今回の映画で柘植は話せるんですけれど、話せるからいいかと言ったらそうじゃなく、話せるからこそコミュニケーションを取ることの難しさが理学療法士さんにあるのではないかと思い、そこを描きました」と話した。

板橋は、「理学療法士役のオファーだったので、『気楽に声をかけていこう』と思いました。痛いという人に対して、重くなったり、『どう声をかけよう』と思っちゃいますが、『大丈夫、大丈夫』というようなテンションでやりました」と話し、落合は、板橋にリハビリをしてもらうシーンについて、「(新人理学療法士役の)宇野(愛海)ちゃんには、そんなに寄っかかれなかったけれど、板橋さんには100%寄っかかれました」と話し、会場は笑いの渦に。落合が板橋について「『右出してください、左出してください』と汗をかきながら俺のことをリハビリしてくれました」と話すと、板橋も、「汗だくなんですよね。理学療法士の方たちは、相当な体力を使って体の一部一部を補正しています」と尊敬の念を語った。

「タイトルが『歩けない僕は』でなく『歩けない僕らは』である理由は?」という質問に監督は、「落合さん演じる柘植が突然歩けなくなる役なんですけれど、リハビリを担当する理学療法士の遥も、『歩けない僕』なのではないかと考え始めると、登場人物全員や自分自身も『歩けない僕』に含まれている、と行き着きました。この映画を見ている人にも跳ね返ってくればいいなという想いを込めて、このタイトルにしました」と答えた。

最後に佐藤監督が、「『ガンバレとかうるせぇ』は6年前に、『歩けない僕らは』は2年前に撮ったんですけれど、撮る時は公開が決まっていない状況だったので、今日こうして公開して観ていただけるということが当たり前じゃなく、特別なことで、とても嬉しいです。完成までにクラウドファンディングなどでご協力いただき、映画祭にも選んでいただいて、今日の日があると思うので、楽しんでいただけたら嬉しいです」と熱いメッセージを送り、トークイベントは終了した。

予告編映像

作品情報

【STORY】
宮下遥(宇野愛海)は、回復期リハビリテーション病院1年目の理学療法士。まだ慣れない仕事に戸惑いつつも、同期の幸子(堀春菜)に、彼氏・翔(細川岳)の愚痴などを聞いてもらっては、共に励まし合い頑張っている。担当していたタエ(佐々木すみ江)が退院し、新しい患者が入院してくる。仕事からの帰宅途中に脳卒中を発症し、左半身が不随になった柘植(落合モトキ)。遥は初めて入院から退院までを担当することになる。「元の人生には戻れますかね?」と聞く柘植に、何も答えられない遥。日野課長(山中聡)と田口リーダー(板橋駿谷)の指導の元、現実と向き合う日々が始まる。

宇野愛海 落合モトキ
板橋駿谷 堀春菜 細川岳 門田宗大
山中聡 佐々木すみ江

監督・脚本・編集:佐藤快磨
©映画『歩けない僕らは』
公式サイト: www.aruboku.net

新宿K’s cinemaにて公開中他全国順次
友だち追加

コメント

注目映画

  1. 画像,映画,風の電話,第70回ベルリン国際映画祭,モトーラ世理奈,諏訪敦彦,西島秀俊,西田敏行,三浦友和
    最新情報 ・クラウドファンディング 映画『風の電話』応援プロジェクト(11月28日 23:59まで…
  2. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  3. ミッドナイトスワン,画像
    片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる 切なき疑似母子(おやこ)のラブ…
  4. ヤクザと家族 The Family,画像
    日本アカデミー賞6冠『新聞記者』のスタッフが再び集結して挑むテーマは「ヤクザ」 変わりゆく時代の中…
  5. 列島制覇-非道のうさぎ-,画像
    内田英治監督最新作 極道か?!合唱道か?! 服役を終えた伝説のヤクザが 二つの狭間で揺れ動く!…
  6. ヴァイオレット・エヴァーガーデン,画像
    心を揺さぶる物語、 心に響く音楽、 心に残るアニメーション。 映画『劇場版 ヴァイオレット・エ…
  7. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る