カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

Shall we ダンス?」や「それでもボクはやってない」など数々の名作を世に送り出してきた周防正行監督の最新作『カツベン!』は、映画れい明期の大正時代を舞台に、活動弁士を夢見る青年・染谷俊太郎(成田凌)が、小さな町の映画館に流れ着いたことから始まる“アクション×恋×笑い”の要素を織り交ぜた極上のエンタテインメント作品。

10月~11月に開催された第32回東京国際映画祭のGALAスクリーニング作品として上映され、ワールドプレミアイベントには周防監督をはじめ、成田凌黒島結菜永瀬正敏高良健吾音尾琢真渡辺えり小日向文世竹野内豊など日本を代表する豪華キャストが集結した。

―――― 極上のエンタテインメント作品に仕上がっています。この作品は皆さんにとってどのような作品になりましたか。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

成田凌さん
カツベン!』にかけた半年間、準備期間と撮影期間を含めて、このキャスト、監督はじめとするスタッフの皆さんと本当に時間を丁寧に扱った僕の宝物のような作品になりました。(観客の)皆さんにとっても宝物のような作品になればと思うので、是非、12月13日公開の『カツベン!』をよろしくお願いします。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

黒島結菜さん
現場に入った時に、初めてお芝居をした時の感情を思い出して、みんなが良い作品を撮るんだという想いで大事に創り上げた作品なので、私にとっても大事な作品になりました。

永瀬正敏さん
極上の体験でした!
毎日楽しくて、楽しくて、楽しかったです。次は皆さんに楽しんでいただければと願っています。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

高良健吾さん
一生に一度、出会えるか出会えないかという役、活動弁士を演じることが出来て嬉しかったです。僕が演じた茂木のキャスト紹介には“スター気取りの活動弁士”と書いてあり、スターだと思って演じていました。

音尾琢真さん
カツベン!』という映画は僕にとってご褒美だなと思っています。昔から周防監督の大ファンでしたので、周防監督の作品に、しかも良い形で出演させていただきました。本当にご褒美でした!周防監督の映画といえば、竹中直人さんを連想されると思いますので、もしかしたら会場に皆さんが僕のことを竹中直人さんだと思っていないか心配ですけど、私は音尾と申します(笑)

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

渡辺えりさん
本当に楽しい現場でした。
舞妓はレディ』の時はカットが多くて、着物も7着用意していただいたのに、1着しかなかったんです。今回はほぼカットされずに、無事出演出来て良かったです。役者一人一人の個性が出ていて、悪役を演じている何人かも楽しんで悪役を演じています。私も観客として何度も観たいと思っています。
長いですか?オチまで言わせてください!
撮影中、女性が少なかったのですが、衣装さんが私に言ったんです。「今日は初めて女優さんが、井上真央さんのこと、女優さんが現場に来ると華やかになっていいですね」と言ったの。私はずっといたんだ!って。これがオチでございます。

(会場から拍手!)

小日向文世さん
一世紀も前に、活動写真に関わった人々の情熱やエネルギー、それからお客さんの高揚感をこの作品から触発されて、自分もこれから出来る限り、呼んでいただける限り、映画に関わっていきたいなとしみじみ感じました。ですから、周防監督、またお願いします!

竹野内豊さん
役者を続けてきて、いつかは周防監督の作品に出演出来たらいいなというのが一つの目標でもあったので、とても特別な作品の一つになりました。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

周防正行監督
初めての時代劇であり、それも“日本映画の第一歩”を描くということで、今までとは違う緊張感がありました。撮影現場は非常に楽しい現場で、もしかすると今まで撮った作品の中で一番楽しい現場だったのではないかなと思います。
大事な発見もありました。映画が音を持っていない時代も映画館は実に音に溢れていた、ライブパフォーマンスの会場だった。そういう発見が出来たことが、僕にとって凄く大きなものとなりました。是非、日本映画が始まった最初の30年間、無声映画時代を支えた活動弁士の存在を知っていただきたいと思います。

―――― 皆さんがリスペクトしてやまない周防監督作品の主演となりました。改めて成田さんいかがでしょうか。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

成田凌さん
オーデイションだったのですが、オーデイション最中からこの方々の真ん中に立っていることが本当に想像出来なかったので、今日を迎えて凄く実感として、事実ここにいることが不思議で仕方ないです。

―――― そして、豪華キャストの皆さんとの撮影はいかがでしたか。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

成田凌さん
皆さんが楽しかったと仰ってくれていることが、本当に嬉しいです。

―――― 周防監督、豪華メンバーが揃っています。撮影を振り返っていただけますか。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

周防正行監督
今日ここに立っていない多くの役者さんにも出演していただいて、本当に自分がサイレント映画の監督になったような気分も味わえました。劇中のサイレント映画を全部自分で撮ったので、それは凄く良い経験になりました。
一つ忘れてた。いつも映画の編集で先ほどえりさんが言っていたように、どうしてもカットしなければいけない人まで出てしまいます。だけど、この映画は出演してくださった方が一人も消えていません。

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

キャストや監督スタッフにとっても「大事な作品」となった本作をアピールするべく、成田さんらは会場に集まったファン500人に対しサインや写真撮影に快く応じ、本作をアピールし、会場は大いに盛り上がりました。
映画『カツベン!』は、ついに本日12月13日から全国公開!

ギャラリー

カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭 カツベン! TIFF 第32回東京国際映画祭

映画「カツベン!」周防正行監督 TIFF2019 第32回東京国際映画祭 映画「カツベン!」周防正行監督 TIFF2019 第32回東京国際映画祭

作品情報

公式サイト:https://www.katsuben.jp/
監督:周防正行
【キャスト】
成田凌 黒島結菜
永瀬正敏 高良健吾 音尾琢真 竹中直人 渡辺えり 井上真央 小日向文世 竹野内豊
配給:東映
©2019「カツベン!」製作委員会

画像,カツベン!,成田凌,黒島結菜,周防正行

友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


SNSでも多数の大満足口コミ!

週末動員ランキング堂々第1位!

映画「一度死んでみた」
オリジナル・サウンドトラック

注目映画

  1. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…
  2. 映画『ジュディ 虹の彼方に』JUDY
    伝説のミュージカル女優・ジュディ・ガーランド、最後の奇跡! レネー・ゼルウィガー主演で贈る感動の実…
  3. ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 希望で魂を満たす奇跡の感動! 息を吞む…
  4. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  5. 画像,攻殻機動隊
    2020年4月全世界独占配信! 新たな「攻殻機動隊」 シリーズ始動! Netflixオリジナル…
  6. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…
  7. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…

Facebook

ページ上部へ戻る