ニュース

バカリズム「原作」×「脚本」×「主演」
『架空OL日記』
OL姿の夏帆×臼田あさ美×佐藤玲×山田真歩×バカリズム!?
全女性の背中を押す?特別スポット映像3本同時解禁!

バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマが遂に実写映画化!!2020年2月28(金)に全国公開となる。

ドラマ版でバカリズムのOL仲間を演じていたキャスト陣(夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子)に加えて、シム・ウンギョン、坂井真紀、志田未来、石橋菜津美の4人も出演。バカリズム演じる“私”とどのような化学反応を起こすのか。

さらに、「架空OL日記」には欠かせない存在である吉澤嘉代子が歌う「月曜日戦争」がドラマ版に引き続き主題歌に決定。週の始まりである憂鬱な月曜日と戦う等身大のOLの姿を歌い上げる「月曜日戦争」は映画版としてアコースティカルに再録されていてドラマ版との違いにも注目が集まる。

特別スポット映像「OLの朝編」、「更衣室編」、「化粧室編」 3本同時解禁!!
バカリズム本人が「劇場版だからといって引き続き何もおこりません。 引き続き地味なOLの日常で、僕が演じている事だけが引き続き狂気です。」とコメントしているように、解禁となった映像では、バカリズム演じる“私”や同僚たちの日常の様子を描いており、ドラマ版からのファンにとってはお馴染みのシーンとなり、まだドラマを見たことのない方にとってはバカリズムが当たり前のようにOLとして存在することに狂気を感じざるを得ない。

「OLの朝編」では、「女の朝はやることが多い」というナレーションとともに険しい表情をしながら布団から起きた“私”が眠気と戦いながら化粧をしたり朝食をとったりする様子を、
「更衣室編」では会社の更衣室にあるハロゲンヒーターが急に故障してしまい彼女たちに緊張が走る瞬間を、
「化粧室編」では昼休憩中にトイレで歯を磨きながら上司のグチをこぼす彼女たちを切り取っている。ハロゲンヒーターが壊れる件はドラマ版で主要キャラクターである臼田演じる小峰“様”誕生のシーンでも行われており、ファンとしては “小峰ダンス”が再び見れるのか気になるところ!銀行に勤める彼女たちにとって上司のグチをこぼすのが日課でもあり、至福の時間でもある。映画では一体誰の、どんなグチが出てくるのか期待が高まるのと同時に、常日頃からグチをこぼしている世の女性たちの背中を押してくれるようなシーンとなっている。

特別スポット映像「OLの朝編」映像

特別スポット映像「更衣室編」映像

特別スポット映像「化粧室編」映像

作品情報

出演:バカリズム 夏帆 臼田あさ美 佐藤玲 山田真歩
三浦透子 / シム・ウンギョン / 石橋菜津美 志田未来 / 坂井真紀
原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫) 
監督:住田 崇  
脚本:バカリズム  
配給:ポニーキャニオン/読売テレビ   
ⓒ2020「架空OL日記」製作委員会  
映画公式サイト:https://www.kaku-ol.jp/

【ストーリー】
憂鬱な月曜日の朝。銀行員OLの“私”(バカリズム)の1週間が始まった。携帯のアラームを6時にセットするも、実際に起きるのは6時半。眠気に耐えながらもきっちりメイクして家を出る。ストレスフルな満員電車に揺られ、職場の最寄り駅で合流するのは社内で一番仲良しの同期=マキ(夏帆)。私と価値観の近いマキとの会話は、時に激しく不毛ながらも不思議に盛り上がる。会社の更衣室で後輩のサエ(佐藤玲)と入社8年目の小峰(臼田あさ美)、10年目の酒木(山田真歩)が加わり、いつものように就業前のおしゃべりに華が咲く…。

2017年にバカリズムが原作・脚本・主演を務め話題となった連続ドラマ「架空OL日記」…
原作は、バカリズムが2006年から3年の月日をかけ、銀行勤めのOLのフリをしてネット上にこっそり綴っていたブログを書籍化した、「架空OL日記」(小学館文庫 全2巻)。その唯一無二のOL観察力に、ブログを読んでいた誰もが「本物のOL」だと騙されました。「女心が分かりすぎている」「いや、頭おかしい」と話題を巻き起こしたこの怪作が、バカリズム本人主演で2017年に連続ドラマ化。「仕事して、飲んで、恋して、悪口言って…」銀行を舞台に世の中のOL達が思わず「分かる~!」と唸るOL達の日常生活を描き、放送が始まるやいなや多くの女性の支持を獲得しました。バカリズムが本人そのままの姿でOLに扮していることも話題になり、優秀番組・個人・団体を顕彰する賞「第55回ギャラクシー賞」にて奨励賞を受賞するなど高い評価を得ました。脚本を担当したバカリズムは、「同ギャラクシー賞」特別賞を受賞。さらに、優れた脚本家に贈られる「第36回向田邦子賞」を受賞しました。バカリズムは脚本家として他にも、ドラマ「素敵な選TAXI」(2014)では「第3回市川森一脚本賞」奨励賞を、日本テレビ初の朝ドラマとして話題をよんだ「生田家の朝」(2018)では「ギャラクシー賞」月間賞を受賞するなど、脚本を務めた作品が次々と賞を受賞。脚本家としての地位を確固たるものとしました。

2月28日(金) 全国ロードショー
 友だち追加

コメント

注目映画

  1. ブータン 山の教室,画像
    世界で最も幸せな国から本当の”幸せ”や”豊かさ”を問いかける ハートフルな人間ドラマ誕生! ブー…
  2. 映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかり
    社会不適合者な“元女子高生”殺し屋コンビが頑張って社会に馴染もうと頑張る異色の青春映画誕生! 阪元…
  3. マスカレード・ナイト
    ようこそ「仮面舞踏会」へ 数々の傑作ミステリーを世に送り出してきたベストセラー作家:東野圭吾が描く…
  4. 中国映画『春江水暖~しゅんこうすいだん』,画像
    中国新世代の才能が描く驚嘆の傑作 2021年大注目作品誕生!! 長編第一作でありながら、2019…
  5. 黄龍の村,画像
    これ、村の決まりやから 山あいを迷った若者たちがたどり着いた見知らぬ村。 かってない驚愕の体験が…
  6. 画像,君は永遠にそいつらより若い
    芥川賞受賞作家、津村記久子のデビュー作で第21 回太宰治賞受賞作品である『君は永遠にそいつらより若い…

“音楽は私の居場所”

シンガーソングライター 西山小雨さん 動画インタビュー

映画『無限ファンデーション』主題歌「未来へ」曲集

ページ上部へ戻る