ニュース

★第 92 回アカデミー賞2部門 ノミネート★
<国際長編映画賞・主演男優賞/アントニオ・バンデラス>

スペインの巨匠、ペドロ・アルモドバル監督待望の新作!
アルモドバル版『ニュー・シネマパラダイス』!
『ペイン・アンド・グローリー』
初夏、公開決定&特報が解禁!

昨年の第72回カンヌ国際映画祭で<主演男優賞>初受賞したアントニオ・バンデラス。カンヌでの受賞を筆頭に、先日発表となりました第92回アカデミー賞<主演男優賞>にノミネート入りを果たし、ゴールデン・グローブほか数々の映画賞や映画祭で高評価を受け、席巻している!スペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督待望の最新作”Pain and Glory“(英題)が邦題『ペイン・アンド・グローリー』として初夏より、TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて全国公開が決定いたしました。

過去の悲しみも輝きも抱きしめて。
人生の最終章まで楽しもうと、再び前を向く男の人生賛歌。

監督自身のキャリアにおける葛藤も含め自伝的なところも描かれている本作。主演のアントニオ・バンデラスが映画監督役を演じ、キャリア最高の演技と称され、今までにない、繊細な演技で新境地を開拓している。さらにアルモドバルのミューズ、ペネロペ・クルスも出演。スペインの日差しの下で献身的に息子を育て、家族を明るく支える母親役を演じている。全盛期の作品から、さらに深みが加わり円熟の域に達したアルモドバルのキャリア最高峰との声に期待が高まる。

【海外評】
「自らを素材にアルモドバルが生み出した芸術作品」…Headline

「このキャリアの晩年の勝利―『ボルベール<帰郷>』あるいは『トゥーク・トゥ・ハー』以来のアルモドバルの最高傑作」…ロサンゼルスタイムズ

「巨匠監督の心の奥が初めてむき出しにされた作品だ」…VARIETY

「バンデラスが素晴らしい。かつてこのような親密で、緻密、感情が伴い、繊細で、敏感な反応のある演技を披露したことはなかった」…INDIEWIRE

「深く親密な体験であり、見る者の心を突き刺すだろう」…TIME OUT

★Rotten tomatoes:TOMATOMETER 97%/AUDIENCE 92%

このたび、30 秒特報映像が解禁。心も体も疲れ果て諦めの人生を送る世界的映画監督、サルバドール(アントニオ・バンデラス)の元に 32 年前に撮った作品の上映依頼が届く。意図せぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には・・・。巨匠アルモドバルの赤や原色を基調とする色彩美やインテリアに目を奪われる。また、自身を重ね合わせたかのような主人公をアントニオ・バンデラスが演じる。デビュー当時から長年タッグを組み、作品の方向性の違いから暫く距離を置いていた時期もあったが、今回は特別な信頼を置くアントニオ・バンデラスがどのように演じるのか、見逃せない!!

特報映像

<STORY>
脊椎の痛みから生きがいを見出せなくなった世界的映画監督サルバドール(アントニオ・バンデラス)は、心身ともに疲れ、引退同然の生活を余儀なくされていた。そんななか、昔の自分をよく回想するようになる。子供時代と母親、その頃移り住んだバレンシアの村での出来事、マドリッドでの恋と破局。その痛みは今も消えることなく残っていた。そんなと 32 年前に撮った作品の上映依頼が届く。思わぬ再会が心を閉ざしていた彼を過去へと翻らせる。そして記憶のたどり着いた先には・・・。

作品情報

脚本・監督:ペドロ・アルモドバル
出演:アントニオ・バンデラス/アシエル・エチェアンディア レオナルド・スバラーニャ ノラ・ナバス フリエタ・セラーノ/ペネロペ・クロス
2019/スペイン/スペイン語/113 分/5.1ch/カラー/アメリカンビスタ
原題:Dolor y Gloria
字幕翻訳:松浦美奈
配給:キノフィルムズ/木下グループ R15+
©El Deseo.
公式サイト:pain-and-glory.jp

初夏、TOHO シネマズ シャンテ、Bunkamura ル・シネマ他全国ロードショー
友だち追加

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

   

CAPTCHA


SNSでも多数の大満足口コミ!

週末動員ランキング堂々第1位!

映画「一度死んでみた」
オリジナル・サウンドトラック

注目映画

  1. ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方
    映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 希望で魂を満たす奇跡の感動! 息を吞む…
  2. 画像,攻殻機動隊
    2020年4月全世界独占配信! 新たな「攻殻機動隊」 シリーズ始動! Netflixオリジナル…
  3. 画像,一度死んでみた
    ■ストーリー 父親のことが大嫌い、いまだ反抗期を引きずっている女子大生の七瀬(広瀬すず)。売れない…
  4. 画像,ひとくず
    ■イントロダクション 映画『ひとくず』は、3歳まで戸籍がなく、実の父親が母親に日常的に手をあげてい…
  5. 画像,もみの家
    ■イントロダクション 本作は、昨年ブルーリボン賞、報知映画賞などで新人賞を多数受賞した注目の若手実…
  6. 映画『ジュディ 虹の彼方に』JUDY
    伝説のミュージカル女優・ジュディ・ガーランド、最後の奇跡! レネー・ゼルウィガー主演で贈る感動の実…
  7. 画像,いざなぎ暮れた。
    ■イントロダクション 2019年4月に開催された「第11回沖縄国際映画祭」で上映するため製作された…

Facebook

ページ上部へ戻る